海外専売なのに!? なぜか日本由来のネーミングを持つ不思議な限定車5選

海外専売なのに!? なぜか日本由来のネーミングを持つ不思議な限定車5選

 レクサスヨーロッパは2022年3月14日、フラッグシップスポーツのLCに、限定車「北海道エディション」を設定することを発表した。日本でも有数の観光地である北海道は、海外でも人気が高いのは皆さんもご存じのとおりだ。

 その北海道の魅力と同地を重要な開発拠点のひとつとするレクサスの想いをデザインで表現した1台となっている。このほかにも、海外で販売される日本車のなかには、日本由来の名称を持つユニークな限定車たちが存在する。その一部を紹介していこう。

文/大音安弘写真/トヨタ、スバル、スズキ、編集部

【画像ギャラリー】「北海道」「箱根」「雷雨」「刀」日本語のネーミングを持つ海外のクルマを写真でチェック!!(30枚)画像ギャラリー

■Lexus LC Hokkaido Edition(LEXUS EUROPE)

2022年3月14日にレクサスヨーロッパから発表されたレクサスLC北海道エディション。クーペとコンバーチブルのボディ形状をそれぞれ40台限定で発売する
2022年3月14日にレクサスヨーロッパから発表されたレクサスLC北海道エディション。クーペとコンバーチブルのボディ形状をそれぞれ40台限定で発売する

 レクサスのフラッグシップスポーツ「LC」に設定された特別仕様車「HOKKAIDO EDITION」は、その名のとおり、「北海道」がテーマ。プレスリリースによると、火山島である北海道は豊かな山林と温泉を有する高級リゾート地であるとともに、多くの素晴らしいドライビングコースに恵まれた地として紹介している。近年ではインバウンド需要で盛り上がっていたのは、皆さんもご存じのとおりだ。

 レクサスは、その地に重要な開発拠点「士別試験場」を所有しており、レクサスの「匠」と呼ばれるプロフェッショナルたちが、新型車に入念なファインチューニングを施している場所でもある。その豊かな自然とレクサスを生む人々の情熱を北海道の火山に集約し、表現したデザインが施されているのだ。

 このLCの仕様は、クーペとオープンの「コンバーチブル」がベースで、ボディカラーには、フレアレッド、ソニックプラチナ、エフホワイト、グラファイドの4色を用意。ブラックシグネチャーグリルとオーナメント、LEDヘッドライト、アフターバーナー式テールライト、21インチアルミホイールなどを特別装備。もちろん、シリアルナンバーのエンブレムも装備される。

 コンバーチブルのルーフは、レッドもしくはブラックの選択が可能だ。インテリアは、ブラックとダークローズのコンビネーションとなり、これが火山を彷彿させるという。クーペは、3.5LV6ハイブリッドのLC500hと5LV8自然吸気のLC500の選択が可能。コンバーチブルは、エンジン車の「LC500」のみとなる。2022年4月より40台限定で販売されている。

次ページは : ■先代型86 Hakone Edition(TOYOTA USA)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ