次期型の噂も聞こえてきた大人気ミニバン!! モデル末期でアルファードの値引きは拡大するのか?

次期型の噂も出てきたぞ! モデル末期でアルファードの値引きは拡大していくのか

 2021年の乗用車ブランド通称名順位で、年間販売台数が第4位と非常に好調だったアルファード。2022年も勢いは健在で、1月~2月と4,500台以上を販売し、年度末の3月には、9,587台(前年比68.5%)を達成した。

 2015年1月に登場し、既に丸7年が経過した3代目は、モデルライフが末期に近づいている。フルモデルチェンジの話題も出る中で、値引き拡大などはあるのだろうか。最新の、アルファード販売事情を取材した。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】モデル末期でも販売好調!! 特別仕様車 S“TYPE GOLD III”が加わったトヨタ アルファード(8枚)画像ギャラリー

■4月27日に小規模改良! まだまだ売る気は満々の様子

2022年4月に登場したアルファード特別仕様車 S“TYPE GOLD III”

 3月末から、約1か月間のオーダーストップがかかっていたアルファード。理由は、一部改良を行うためだ。

 4月27日に行われた一部改良では、騒音法規への対応に加えて、特別仕様車SタイプゴールドIIIを設定。ブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートの標準装備化と、メーターリング加飾の追加、シート表皮が改められている。

 価格は約5万円程度のアップだが、装備内容を考えると、ほぼ据え置きに近い。購入ユーザーにとっては、予算はそのままで、装備の充実を図ることができ、嬉しい改良と言えるだろう。

 モデルライフの中で1度マイナーチェンジを行い、複数回にわたる一部改良を受けてきたアルファード。今回の一部改良がフルモデルチェンジ前、最後の改良となる模様だが、隙なしと見られた商品力をさらに強化し、販売に弾みをつけていくようだ。

■長い納期は相変わらず、それでも年内納車ができるだけマシ

 新型モデルが軒並み1年以上の納期となる中、アルファードの納期は約4~5か月と、幾分か短い。改良後の新型モデルは5月9日から生産開始となり、今注文すると9月~10月頃にクルマが届く状況だ。

 ここ数年、安定した販売実績を誇り、その生産台数も高いレベルで安定しているため、人気の割には長納期とならないのがアルファードの良いところ。

 さらに市場の人気も未だ高く、中古車市場でもアルファードがフル回転している様子だ。供給過多による値崩れを起こす気配は、今のところなく、中古車価格も安定している。

 中古車価格の安定が幸いし、各トヨタ販売店が力を入れる残価設定ローンで適用される残価率が、アルファードは極めて高いのだ。

 3年後の残存価値は車両本体価格の65%、5年残価は55%となる。この数字は新型ノア・ヴォクシーよりも高く、ランドクルーザーに匹敵するものだ。(残価率は販売店ごとに設定されるもので、本稿で示したものと販売店が提示する値は異なる場合がある点に注意いただきたい。残価率の数字は筆者調べ)

 新車納期が比較的短く、また残価設定ローンを使って売りやすいアルファードは、現在のトヨタ販売店を大きく支える車種だ。営業マンの販売活動にも力が入る。

■モデル末期で値引き拡大中? カギは用品にあり

アルファードは長いモデルライフのどの時期でも堅調に売れ続けているため、値引きも比較的控えめとなっている

 アルファードは、モデルライフが7年とはいえ、堅調に売れ続けているクルマである。販売店にとっては、無理に値引かなくても自然に売れるクルマという認識が強く、現状、大幅値引きが常態化しているという話は聞いたことがない。

 店舗にもよるが、基本的な値引き幅は、アルファードの場合ハイブリッドモデルで車両本体金額の3%程度、ガソリンモデルでも4%程度にとどまる。

 人気の特別仕様車Sタイプゴールド(ガソリン)では、車両本体値引きとしては17万円程度が第一目標となる金額だ。概ね20万円程度が車両本体から引かれれば、十分御の字と言える。(値引き額は筆者調べ。金額は販売店により異なる。)

 また、トヨタ販売店同士で競合が発生するケースが多いアルファードでは、車両本体価格からの値引きよりも、用品(特にディーラーオプション)での値引きを拡大している傾向が見える。下取り車がある場合には、査定額の上乗せも期待できるだろう。

 しかしながら、在庫車がそれほどダボつく状況ではなく、赤字近くまで値引きを拡大して無理に売る必要もないのがアルファード販売の本音の部分となる。まだまだ、モデル末期の値引き拡大期には入っていないのが現状だ。

 それでも、納期が年単位で利益確定が出来ない新型車種を契約するよりも、確実に年内の登録・納車が出来るアルファードは、販売店にとって積極的に契約を進めたいクルマの一つだ。

 2022年の新型車が次々と出てくる夏から秋以降よりも、契約数が低迷する今の時期の方が、販売店側も手厚く対応してくれる可能性は高い。現行型アルファードを手に入れるなら、5月~6月が、お得に買える最適な期間といえるだろう。

 2022年中のフルモデルチェンジは無く、来年以降へ持ち越しとなったアルファード。もうしばし現行型が販売される。成熟された最終型のアルファードを、満足できる価格で入手するチャンスは、あと数か月間だ。

 比較的、販売店が閑散とする梅雨前までが、アルファードの買い時である。この機会を上手く使ってほしい。

【画像ギャラリー】モデル末期でも販売好調!! 特別仕様車 S“TYPE GOLD III”が加わったトヨタ アルファード(8枚)画像ギャラリー