GT-Rだけじゃない!! 超フツーのマークIIですら急騰!? 爆上がり中古車5選


 アメリカの25年ルール、そしてネオクラシックカーブームのおかげで、80~90年代の日本車がバカ高くなっている。多くはGT-Rやスープラなど当時から憧れのモデルだらけなのだが、じつは超フツーのセダンやミニバンですら値上がり傾向にあるのだ。

 しかも当時人気のなかったレグナムですら新車価格並みに……そこで徐々に上がりつつあるモデル3台をご紹介! 欲しいなら今すぐ中古車屋さんへ急げ!!

文:永田恵一/写真:トヨタ・三菱・マツダ・スバル・ホンダ

【画像ギャラリー】マークIIのフツーグレードも!? マジか…すげー高値がついている90年代のクルマたちをイッキ見!!(10枚)画像ギャラリー

■中古車急騰の最大の理由「25年ルール」とは?

 アメリカは本来右ハンドル車は登録できないルールとなっている。だが製造から25年経過したクルマ、俗に「25年ルール」と言われる制度があるため1990年代の国産スポーツモデルの価格が高騰している。

 最近、この流れはスポーツモデルに限ったものではなくなっているのだ。今回は意外に価格が高騰している90年代後半の日本車をスポーツモデル以外からジャンルごとにピックアップしてみた。
 ※中古車価格などは2022年5月上旬のものです。

■ツアラーVなら納得だが……フツーのマークⅡが150万円!?

 1996年登場の100系マークII三兄弟は機能面のリファインはもちろん、三兄弟間の機能面は共通ながら「オーソドックスなマークII、スポーティなチェイサー、セダンボディでフォーマルなクレスタ」とキャラクター分けをより進めたことも特徴だった。

 100系マークII三兄弟では、90系マークII三兄弟から設定された2.5リッター直6ターボを搭載し、MT設定もあったツアラーVが当時から人気だった。中古車になってもその流れは変わらず、特に近年はドリフト競技での活躍もありツアラーV人気は高まる一方だ。

 さらに驚くのがツアラーV以外の三兄弟、つまりマークIIグランデ、チェイサーアバンテ、クレスタスーパールーセントといった普通のモデルの価格も高騰していることだ。

 具体的には、100系マークII三兄弟の中古車は230台ほど流通しており、その3分の2はツアラーVである。残り3分の1となる“フツー”のマークII三兄弟の中古車価格は30万円~150万円、70万円以上が中心というイメージで、新車価格が250万円程度。しかも20年は使用された中古車のセダンと考えれば高い。

100系マークⅡ三兄弟の中古車は230台ほど流通しており、その3分の2はツアラーVである

 これはヘビーなドリフトユーザーが普通の100系マークIIの中身をツアラーV化するためのベース車、「カスタマイズも含め内外装だけでもツアラーVの雰囲気を味わいたい」といった需要にもあるのだろう。

 なかでもマニアックな魅力があるのが2リッターNAの5速MT車で、このモデルは「それほどパワーはないけど、気持ちいい直6エンジンをMTで味わえる」と面白さがある。買うならVVT-i(可変バルブタイミング機構)が付いた後期モデルがオススメだ。

■セドグロステーションワゴンが200万円越え!? ベンコラ仕様がとくに人気

 セドリック&グロリア自体は1995年にVQ型V6エンジンを搭載したY33型が販売されていたが、ステーションワゴンは1983年登場のY30型が1999年まで継続販売されていた。

 Y30型セドリック&グロリア自体は日本初のV6エンジンとなるVG型の搭載と、当時のクラウン同様に5ナンバーサイズで高級車を成立させていたという点くらいしか大きな特徴はない。

 しかし、Y30型セドリック&グロリアワゴンステーションワゴンの現役時代終盤でもある種の個性となっており、今になると「旧車のジャンルに近い割には年式が新しい」という強みにもなっている可能性も。

 Y30型セドリック&グロリアステーションワゴンの中古車価格は1995年式以降で見ると、20台程度が流通しており、価格は40万円~230万円、中心となるのは100万円前後という具合だ。

Y30型セドリック&グロリアステーションワゴンの中古車価格は、40万円~230万円、中心となるのは100万円前後である

 そのなかでも高値なのは今やセダンボディのタクシーでも見なくなったベンコラ(コラムシフトAT+前席三人掛けのベンチシート)の後ろ向き3列目シート付きである。この仕様だと是非はともかくとして3-3-2の8人乗車も可能だ。

 なお、クラウンのステーションワゴンも1999年にクラウンエステートに移行するまで1987年登場の130系が継続販売されたが、こちらも中古車価格はY30型セドリック&グロリアステーションワゴンに近い傾向がある。

次ページは : ■アウトドアブームが後押し!? ボンゴフレンディも200万円するゾ