超人気ヤリスクロスがヴェゼルを上まわるポイントと残念なポイント

超人気ヤリスクロスがヴェゼルを上まわるポイントと残念なポイント

 2021年の国内車名別販売ランキングでは、ヤリスが1位になった。1ヵ月平均登録台数は1万7744台で、この台数には、コンパクトカーのヤリス、SUVのヤリスクロス、スポーツモデルのGRヤリスが含まれる。

 ヤリスクロスに限ると、1ヵ月平均登録台数が約8700台であった。ヤリス全体の約半数をヤリスクロスが占めており、SUVの販売1位になった。

 今は2021年9月に登場したカローラクロスも人気を集め、ライズもハイブリッドを加えて売れ行きを伸ばした。そこで改めて直近となる2022年4月の登録台数を見ると、ライズが6343台、ヤリスクロスは4100台、カローラクロスは3200台だ。

 ここでは長期間にわたって根強い人気を保つヤリスクロスについて、なぜこれほど人気なのか、ライバルであるヴェゼルと比較しながら考察してみよう。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】キング・オブ・コンパクトSUV!! 根強い人気を保つトヨタ ヤリスクロス(12枚)画像ギャラリー

■ヤリスクロスを選ぶならどのグレード?

トヨタ ヤリスクロス(ハイブリッドG)。全長×全幅×全高=4180×1765×1590mm 価格:239万4000円

 ヤリスクロスのパワーユニットは、直列3気筒1.5Lノーマルエンジンと、ハイブリッドになる。最近の販売構成比は、ハイブリッドが81%を占める。

 グレードはハイブリッド、ノーマルエンジンともに、ベーシックなX、中級のG、上級のZを用意する。ノーマルエンジンには、Xよりもさらに価格の安いX・Bパッケージもあるが、衝突被害軽減ブレーキをオプションでも装着できない。レンタカーや法人の用途を想定したグレードだが、安全装備を省いたから推奨できない。

 ヤリスクロスを購入するならGかZだ。Gには16インチアルミホイールが標準装着され、オプションにより18インチに上級化できる。シート生地も上質なファブリックで、8インチのディスプレイオーディオも標準装着した。

 Zにグレードアップすると、フルLEDヘッドランプ、18インチアルミホイール、運転席の電動調節機能などが標準装着され、シート生地も合成皮革を使う上級仕様になる。

 そしてヤリスクロスは、残価設定ローンを利用すると、月々の返済額をほかの車種以上に安く抑えられる。

トヨタ ヤリスクロス(ハイブリッドZ)。全長×全幅×全高=4180×1765×1590mm 価格:258万4000円

 例えばヤリスクロスハイブリッドZ・2WDの価格は258万4000円だ。コンパクトカーのヤリスハイブリッドZ・2WDは232万4000円だが、アルミホイールは、ヤリスクロスハイブリッドZと違ってメーカーオプションになる。

 そこでヤリスハイブリッドZに、16インチアルミホイールを加えると、合計額は240万6500円だ。つまりヤリスハイブリッドZにアルミホイールをオプションで加えても、その価格はヤリスクロスハイブリッドZの258万4000円に比べて17万7500円安い。

 ところが3年間の残価設定ローンを均等払いで組むと、月々の返済額は、ヤリスクロスハイブリッドZが4万6900円なのに、ヤリスハイブリッドZは5万1400円と高くなってしまう。

 言い換えればヤリスクロスハイブリッドZは、価格がヤリスハイブリッドZよりも17万7500円高いのに、月々の返済額は、逆に4500円安くなるのだ。

 この逆転現象が生じた理由は、ヤリスクロスハイブリッドZの3年後の残価(残存価値)が、新車価格の52%に達するからだ。逆にヤリスハイブリッドZは、アルミホイールを加えると、3年後の残価が新車価格の40%に留まってしまう。

 残価設定ローンでは、数年後の残価を除いた金額をローンで返済するため、残価が52%のヤリスクロスハイブリッドZは、単純にいえば3年間で48%を返済すれば良い。対するヤリスハイブリッドZは残価が40%だから、3年間で60%を返済せねばならない。そこで月々の返済額がヤリスクロスを上まわった。

 最終的に残価を支払って車両を買い取る場合は、ヤリスクロスZでは52%、ヤリスは40%を支払うことになるから、両車の損得の違いは単純にいえば解消する。

 しかし車両を返却するなら残価は支払わない。月々の返済額だけなので、ヤリスクロスハイブリッドZを選ぶと、ヤリスハイブリッドZよりも高いクルマに乗りながら、出費を安く抑えられる。

 販売店によると「今は約50%のお客様が残価設定ローンを利用する」というから、残価設定ローンの返済額を安く抑えられるヤリスクロスは、ユーザーにとって魅力が強い。

 しかもヤリスクロスは、ヤリスに比べると外観の見栄えが立派で後席も若干広いから、実用性も優れている。そのヤリスクロスをヤリスよりも安く使えるのだから、残価設定ローンは販売促進の効果も大きい。

 そしてヤリスクロスの残価が高まり、月々の返済額を抑えられる理由は、人気のコンパクトSUVとあって中古車も高値で売却できるからだ。コンパクトカーのヤリスに比べて価値が下がりにくいため、残価も増えて、返済額が安くなった。

次ページは : ■ライバルのホンダ ヴェゼルと比較する