アナタはこのワード知っていますか? それ死語かも!? カーマニアっぽいクルマ用語

アナタはこのワード知っていますか? それ死語かも!? カーマニアっぽいクルマ用語

 クルマ業界には、普段の生活のなかでは使わないような言葉がものすごくたくさん存在する。

 ベストカーをはじめとした自動車専門メディアでは当たり前に使われている言葉で、カーマニアにとってはすっかりお馴染みの言葉でも、一般の方々にとっては理解しづらいもの。今回はそんなカーマニアっぽいクルマ用語にスポットを当ててみた。

文/フォッケウルフ
写真/フォッケウルフ

【画像ギャラリー】カーマニアなら知ってて当たり前(?)のクルマ用語を写真で見る!(6枚)画像ギャラリー

■この用語の意味すべてわかりますか?

 昨今の自動車メディアは「マニア向け」と揶揄されることがしばしばある。

 時代がクルマに対して寛容ではなくなったこともあるが、そもそも、クルマに関わる情報の伝達を一手に担っている「専門」メディアであるから、少々マニアックな内容に終止してしまうのは至極当然のことである。

 実際にクルマの試乗記事などを見ていると、普段の生活では使わないような言葉が散見される。たとえば、

「直線番長と思いきやコーナーに向けてステアリングを切ると、路面のアンジュレーションをたくみにいなすサスペンションのおかげで、滑らかにラインがトレースできる。リアにもスタビライザーが備わっているのでロールが小さく、ステアリングにも手応えがあり、素直にノーズの向きが変わっていく。不快なアンダーステアやオーバーステアもなく、俊敏に小気味よく走れる。2L 直噴ターボエンジンはパンチがあり、アクセルを踏み込んだときの3L NAのようなリニアなトルク感が味わえる。シャープで力感に溢れたエンジンフィーリングを堪能できる。」

 といった感じだろうか。

マニアックな言葉とともに、ダイナミックな写真もクルマの試乗記事ならでは。制作側としては、楽しんでいただけていれば幸いだ!
マニアックな言葉とともに、ダイナミックな写真もクルマの試乗記事ならでは。制作側としては、楽しんでいただけていれば幸いだ!

 自動車メディアに慣れ親しんだ「通」なアナタなら、この文を解説する必要はなく、「なるほど、このクルマはそんな特性を持っていて、そういう走りをするのか」と想像できると思うが、クルマに興味を持ち始めたビギナーにとっては、少々難解と言わざるを得ない。

 クルマはちょっと詳しくてもファッションにうとい筆者が、ファッション誌を読んで「こなれ感をプラスする~」とか、「ヌケ感を意識したスタイル~」などと言われて「どういうこと?」となるのと同じことで、さっぱり見当もつかないのではないだろうか。

次ページは : ■クルマにまつわるマニアック用語を解説する!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!