果たしてどっちが正解なの? オールシーズンタイヤで得する人、損する人

果たしてどっちが正解なの? オールシーズンタイヤで得する人、損する人

 毎年冬になると迷うのが、スタッドレスタイヤの購入や交換をどうするか。マンション住まいだとタイヤの保管場所にも困ってしまう。

 ワンシーズンに10日も雪が降らない地域に住んでいればなおさら悩んでしまう。しかし、どうしてもクルマで移動が必要な日に雪なんて降ってしまうと、交換しなかったことを悔やんでもあとの祭り。突然の雪予報でもまたしかりである。

 そこで最近注目されているのがオールシーズンタイヤ。その名のとおり夏冬通して一年中使用できるというふれこみの便利なタイヤである。

 しかし、過信は禁物。その性質上どうしても夏タイヤと冬タイヤの中間的な性能になってしまうのは否めない。

 そこで、各タイヤの特徴と違い、特にスタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤの違いを解説し、最近注目のオールシーズンタイヤがどこまで使えるかを考察する。

文/斎藤 聡、写真/グッドイヤー、ミシュラン、ヨコハマ、ダンロップ、クムホ、ピレリ、BFグッドリッチ、トーヨータイヤ、AdobeStock(トビラ:Coloures-Pic@AdobeStock)

【画像ギャラリー】一年を通して使用できるオールシーズンタイヤにはどんなものがあるのか写真でチェック!!(10枚)画像ギャラリー

■国産乗用車が新車装着しているタイヤはほぼすべてがサマータイヤ

 ここ数年、オールシーズンタイヤが注目を集めている。オールシーズンタイヤはその名前のとおり、一年を通して使えるタイヤだ。

グッドイヤー Vector 4Seasons Hybrid(ベクターフォーシーズンズ ハイブリッド)オールシーズンタイヤの路面適合表

 タイヤには大別してサマータイヤとウインタータイヤがあるが、オールシーズンタイヤはその中間、サマータイヤの性能とウインタータイヤの性能を併せ持ったタイヤ。分類の仕方はメーカーそれぞれで、オールシーズンタイヤとして1カテゴリーを設けたり、サマータイヤに組み入れたりしている。興味深いのはウインタータイヤにカテゴライズしているメーカーがないことだ。

 一般的に新車装着されている乗用車用タイヤは、国産乗用車の場合はほぼすべてがサマータイヤとなる。新車用タイヤの開発に当たっては、冬季にチェーンを装着することを前提に開発されており、冬になったからといって純正装着しているタイヤがまったく使い物にならない、というわけではない。ただ、気温が低くなるとゴムが硬くなり、グリップ性能が低下していく。

 乾燥した舗装路であれば、気温が0度付近になっても危険を感じることなく走ることができるが、冬の冷たい雨が降って路面が濡れていると制動距離が伸びたり、カーブで踏ん張りがきかず、足元をすくわれたようにツーッと横滑りしてしまうこともある。

 雪が降るともっと顕著で、普段はまったく意識していなかった緩やかなスロープさえ登らなくなったりする。もちろんブレーキの効きも極端に悪くなってしまう。

■タイヤにとって世界で最も過酷な環境にある日本の冬

 これに対して冬用タイヤをウインタータイヤと呼ぶ。日本ではスタッドレスタイヤがよく知られているが、ウインタータイヤの1カテゴリーで、かつて売られていたスパイクタイヤに代って登場したタイヤだ。1980年代にスパイクタイヤの粉塵問題でスパイクタイヤの製造と使用が禁止され、これに代わって作られたのがスパイク(=スタッド)を持たないスタッドレスタイヤだった。

 なぜ日本でスタッドレスタイヤが進化したのかというと、日本の冬はタイヤにとって世界で最も過酷だから。気温が低いほうが厳しく思えるが、タイヤにとっては氷に水分がなければグリップはそれなりに発揮できる。

日本の冬の峠道は、圧雪、わだち、アイスバーン、ぬかるみとその日の天候と時間により様々に変化する(naka@AdobeStock)

 問題は氷に水幕が張った状態で、冷凍庫から出したばかりの氷は指に張り付くのに水につけるといきなりつかみづらくなる、まさにあの状態だ。

 日本の冬は0度付近の状態にあることが多く、特に日中は氷が解けて滑りやすい路面が多く出現する。そのため、かつては氷のグリップに優れたスパイクタイヤが多く使われていたのだが、使用が禁止されたことで、それに代わるタイヤとしてスタッドレスタイヤが作られるようになり、いまだに進化しながら性能が高められている。

次ページは : ■雪が降らない地域でもスタッドレスタイヤは必要か?