ホンダ シビックe:HEVのライバルはひとクラス上!? 400万円近い価格は割高か、否か?

ホンダ シビックe:HEVのライバルはひとクラス上!? 400万円近い価格は割高か、否か?

 2022年7月1日から発売を開始したホンダシビックのハイブリッドモデル「シビックe:HEV」。ほぼ同じボディサイズのe:HEV専用車「インサイト」が廃止となり、その後継車種に位置付けられるモデルである。

 シビックe:HEVは、ハイブリッドでもスポーティな走りを楽しめるモデルとして注目されているが、価格は394万200円と強気の価格設定になっている。

 そこで本稿では、シビックe:HEVとインサイトの違いをチェック。さらに、シビックe:HEVの装備、価格面から見てライバル車はどのモデルになるのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が考察していく。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、平野学

【画像ギャラリー】シビックe:HEVはやっぱり割高!? ライバルであるカムリと写真で見比べる!(19枚)画像ギャラリー

■シビックにe:HEVモデルが追加!!

2022年7月に登場したシビックe:HEV。グレードは装備の充実した上級仕様のみの設定で、価格は394万200円
2022年7月に登場したシビックe:HEV。グレードは装備の充実した上級仕様のみの設定で、価格は394万200円

 最近のホンダは、日本国内の取り扱い車種を整理している。S660、グレイス、レジェンド、ジェイド、オデッセイなどが廃止された。

 直近では、ハイブリッドのe:HEVのみを搭載したインサイトも生産を終えた。その代わりに追加されたのがシビックe:HEVだ。インサイトの後継車種に位置付けられる。

 インサイトのエンジンは直列4気筒1.5Lだったが、シビックe:HEVは、直列4気筒2Lに拡大した。e:HEVでは、基本的にはエンジンが発電を行ってモーターがホイールを駆動する。それでも効率の優れている高速巡航時には、エンジンがホイールを直接駆動することもある。この直接駆動時には、エンジンが2Lであれば、実用回転域の駆動力に余裕が生じる。登坂路などに差し掛かっても、直接駆動の状態を保ちやすい。エンジンの排気量を拡大したことで、効率を高められる面もあるわけだ。

 またエンジンが2Lになると、発電能力も向上するから、モーターの出力も1.5L以上に高められる。シビックe:HEVの動力性能は、ノーマルエンジン車に当てはめると2.8〜3Lに匹敵する。

 シビックe:HEVで注意したいのはWLTCモード燃費だ。インサイトは29.6〜34.2km/Lだったが、シビックe:HEVは24.2km/Lに悪化した。1.5Lエンジンを使うインサイトに比べると、少なくとも18%は燃費数値が下まわる。

 価格も高く394万200円だ。インサイトで最上級グレードだったEXブラックスタイルが372万9000円だったから、シビックe:HEVに変わり、約21万円値上げされた。

 このようにシビックe:HEVには割高感が伴うが、装備も充実する。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能に加えて、カーナビ、通信機能のホンダコネクト、プライムスムースとウルトラスエードによるコンビシート、運転席と助手席の電動調節機能、アルミホイールなどがすべて標準装着される。

 シビックに1.5Lターボを搭載するEXは、シビックe:HEVと同様の装備を採用して、価格は353万9800円だ。e:HEVは1.5Lターボと比べて約40万円の価格アップだから、妥当な範囲に収まる。ステップワゴンのターボとe:HEVの価格差も、約38万円だから、シビックのe:HEVも大差はない。

 そうなると1.5Lターボを含めて、シビック自体の価格が高いと判断される。シビックの全長は4550mmだが、1.5Lターボの価格は、4865mmのマツダ6並みだ。シビックEXが前述の353万9800円で、同等の動力性能を発揮する2.5Lエンジンのマツダ6・25S・Lパッケージは363万5500円になる。

次ページは : ■割高感のあるシビックe:HEVのライバルは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ