日産の値上げ戦略がスゲー! 100万円アップのリーフを買う意味は果たしてあるのか!?

日産の値上げ戦略がスゲー! 100万円アップのリーフを買う意味は果たしてあるのか!?

 リーフの大幅値上げを実施した日産。特に大きな改良などはアナウンスされていないのだが、果たしてこの日産の価格戦略はどうなのか? 国沢光宏氏がバッサリと斬る!

文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部

■ARIYA最廉価グレードとの価格差がほぼなくなる?

リーフe+。最廉価グレードのXは、従来よりも102万8500円アップの525万3600円に値上げされている
リーフe+。最廉価グレードのXは、従来よりも102万8500円アップの525万3600円に値上げされている

 すでにご存じだと思うけれど、2022年12月22日に日産はリーフの大幅値上げを発表した。40kWhの電池を積むグレードで37万1800円。421万5100円だった60kWhの電池を積むリーフe+のベースグレードの『X』は102万8500円も値上げし、525万3600円になっている。

 ひとクラス上の電気自動車であるテスラの『モデル3』が値下げして536万9000円になったことを考えたら割高感が強い。

 もっといえば、同じ日産車であり、リーフe+より大きな電池(66kWh)を搭載し、乗り心地や質感で圧倒するARIYAはすべての点でリーフより新しく、コストもかかっている。5年後の下取りだって有利。

 なのに、価格は539万円スタート。ARIYAとリーフが同じ価格なら(正確に書くと電池容量10%多い分だけ割安だと思う)、誰だって迷うことなくARIYAを選ぶんじゃなかろうか。

■まさかの充電ケーブルオプション化!

リーフ、リーフe+では充電ケーブルがオプション設定化された。オプション価格は7万4800円という設定だ
リーフ、リーフe+では充電ケーブルがオプション設定化された。オプション価格は7万4800円という設定だ

 しかも大幅な値上げをしているにもかかわらず、電気自動車を買ったら必ず使う「充電ケーブル」がオプション設定になってしまった!

 携帯電話を買って充電ケーブルがなかったら怒ると思う。というか、電気自動車で充電ケーブルが標準装備じゃないのは、同じ日産のSAKURAのみ(SAKURAの兄弟車となる三菱eKクロスEVは標準装備)。日産、いったいどうなってるんだろうか?

 一番戸惑っているのがディーラーだったりする。いくつかのディーラーに聞いてみたところ、皆さん口を揃えて「商談中だった顧客はすべて話が進まなくなりました」。それはそうだ。クルマの内容やスペックは変わらず(充電器は標準装備じゃなくなり劣化)、102万円も値上がりしたら魅力を失う。むしろ発売以来5年経っているリーフなら、値下げしてもいいくらい。

 実際、アメリカでは大幅な値下げを行っている。リーフで使われている電池、日本製だから大幅な値上げする理由などないと思う。日産、いったい何を考えているんだろうか?

次ページは : ■SAKURAで充電ケーブルをオプションにしたことが発端か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ