公道初試乗! トヨタ新型MIRAIに「日本の誇り」と「ものづくりの真髄」を見た!


 2代目に進化したトヨタ MIRAIを公道で初試乗。「リアルワールド」で一体どんな走りを見せてくれるのか?

 そこでわかったのは、トヨタの恐るべき技術力と電動車に対する哲学。そして思い浮かんだのは、「日本の誇り」という言葉だった。

※本稿は2021年2月のものです。1月23日試乗。試乗車はZ“エグゼクティブパッケージ”。
文/鈴木直也 写真/ベストカー編集部 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』 2021年3月10日号

【画像ギャラリー】雨天結構! トヨタ新型MIRAI試乗の様子をギャラリーでチェック!!!


■前輪駆動から後輪駆動に変わった2代目 のびのびとしたプロポーションを手に入れた

 新型ミライに初めて試乗したのは、昨年10月の富士スピードウェイショートコース。

 きわめて高度なテクノロジーが高い完成度でまとめられているのに驚愕した。

 今度はそれを初めて公道に持ち出しての試乗。FSWでの好印象が一般道ではどう変わるか。個人的にも大変楽しみな取材だった。

 ところが、試乗当日は朝から冷たい雨。できれば晴れた日に試乗したかったというのが本音だ。

試乗日はあいにくの雨だったが、ジェントルでありながら運転の楽しさも感じさせてくれる走りに、気持ちは昂るばかり

 冷たい雨に濡れた身体を温めるため、とっととドライバーシートに避難。ダッシュボードの起動スイッチをオンにしてシステムを起動する。

 ありがたいことに、お任せモードの暖房を選択すると自動的にシートヒーターとステアリングヒーターが作動するらしい。

 ひと心地ついたところで、セレクターをDレンジに入れて走り出してみよう。

 バッテリーから電気をもらうか、水素を使って自分で発電するかの違いはあれど、FCVもEVも走行はモーターによる。

 EVが珍しい存在ではなくなった今日、予備知識なしにミライに乗ったら、ほとんどの人は「EVらしく静かでスムーズですね」と言いそう。

 また、起動ボタンやシフトはプリウスなどとほぼ同様だから、これもほとんどの人がまごつくことなくなじめそうだ。

伊能忠敬記念館のある千葉県香取市。江戸時代の面影を残す「佐原の町並み」に、最新技術の塊であるミライがよく似合う。自らの足で測量して日本地図を完成させた伊能忠敬が、もし今生きていたら、地図作りの相棒に新型ミライを選んだかもね

 市街地でクルマの流れに乗って走るドライブフィールは、ゆったり上質な乗り心地と穏やかなトルク感が印象的だ。

 もちろん、右足をガツンと踏み込めばそれなりにグッと力強く加速するが、そんな状態でもエレガントさを失わないのが持ち味。

 首都高の合流などで全開加速を試しても加速感はそれほどエキサイティングではなく、必要十分という評価が妥当だろう。

思い切ったデザインながら、フォーマルさも残る。次世代車ではトヨタの安心感がありがたい

■ミライに感じる電動車の哲学

 FCスタックは、体積マイナス21%、重量マイナス43%と大幅にスリム化しながら出力を12%アップしているが、最高出力は128kW (174ps)。1.9トン台の車重に対してほどほどといった水準だ。

 モーター最大トルクは300Nmで、スペック上はリーフよりトルクは小さい。パフォーマンスより、効率と航続距離を狙った諸元設定であることがうかがわれる。

 このあたりが、トヨタがFCVを真面目に作っている象徴だとボクは思っている。

 クルマを電動化する目的はCO2削減。

 大量の電池と大出力モーターを搭載してびっくりするような高性能をアピールするのは、マーケティング的にアリかもしれないが電動車の本来の使い方としては邪道。ミライにはそういう哲学を感じるのだ。

 そのかわり新型ミライは航続距離には大いにこだわっていて、水素タンクを3本に増やして充填できる水素量を5.6kgに増量。

 WLTCモード航続距離で850km、最低でも東京~大阪は水素無補給で走りきれる実用性を確保している。

小型、高出力化したFCスタックをフロントフード下に置き、モーターと駆動用バッテリーをリアに配置して後輪を駆動する。T字型に3本置かれた水素タンクは5.6kgの容量を持ち、飛躍的に航続距離を延ばした

 首都高から東関道を経由して成田方面に向かう道すがら、ACCを100km/hに設定して電費計をチェックしてみたのだが、暖房にエネルギーを食われているため電費計の数字はだいたい90km/kgあたりを推移する。

 開発責任者の田中義和CEによると、エアコン使用でも夏場はコンスタントに100km/kgを超えるそうで、実用上はこれが下限値という感触。

 であれば、これでも計算上はなんとか大阪まで到達可能というわけだ。

 バッテリーEVで同等の実用航続距離を得るには、安全マージンを考えると80~100kWh程度の電池容量が必要。

 こういうコスト/重量面でFCVの優位性をアピールしてゆく戦略なのだろう。

今回のドライブではずっと暖房をつけていたため平均燃費は88~90km/kgといったところ。5.6kgの水素タンクが満タンの状態で航続距離は約500kmとなる計算で、水素充填直後の航続可能距離は492kmを示していた。これが下限だと思っていいだろう

次ページは : ■走りを楽しめるドライバーズカー

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ