物価急上昇の冬にナンカンAW-1! 国産タイヤの半額なのに実力、安心感が感動モノだった【PR】

台湾のタイヤメーカー、ナンカンが技術の粋を集め、北海道で何度もテストを重ねたスタッドレスタイヤAW-1を氷上ドライブのメッカ、長野県女神湖でテストドライブ。気になる走る、曲がる、止まるの氷上性能は、はたしてどうなのか?

文/ベストカー編集部、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】物価高騰の冬にナンカンAW-1!国産タイヤの半額ながらその実力、安心感も〇(11枚)画像ギャラリー
レヴォーグに合わせてVerthandi(ヴェルザンディ)のYH‒M7V M/G(メタリックグレイ)18×7・5Jのアルミホイールを装着。ナンカンのAW-1とセットでオートウェイのHPから購入できる。価格は11万2760円とお買い得

氷上ドライブの聖地、女神湖でAW-1をテスト!

 11月になり、北海道の山間部では雪が積もりはじめた。そろそろスタッドレスが気になる季節になった。夏タイヤ選びはコスパを最優先にする方も、「スタッドレスタイヤはやっぱり、ブランドだよなと考えるユーザーは少なくないはず。

 というのも、日本は雪が降り積もるだけではなく、路面凍結に出くわすことが珍しくないからだ。この凍結した路面でも安心して運転できるのが最新のスタッドレスタイヤ。クルマに詳しい人なら誰しも「スタッドレスはケチるな」と教えてくれる。確かに国産の最新スタッドレスを装着しておけば、大きな安心感につながることは間違いない。ただし、その「保険代」はバカにならない。

オンロードでは乗り心地のよさと静粛性の高さが光る。この快適性を持つならロングドライブやウインタースポーツを楽しむ人にお勧めだ

 例えば弊社が社員の安全を最優先に背伸びして買った社有車レヴォーグGT-HEXの場合、サイズは225/45R18となり、最新の国産スタッドレスでは1本3万円以上、4本で12万円以上というプライスが付くことも珍しくない。ビールも牛丼も値上げされ、1世帯で年間約8万円の負担増という試算がある今、12万円は痛い、痛すぎる。

 しかし、降雪地では夏タイヤのまま冬を越せるはずもなく、スタッドレスは必需品。コスパの高いアジアンタイヤのスタッドレスという選択もあるが、雪の降らない国々で開発されているイメージがあり、性能は未知数。確かにそうであろう。

 ベストカー編集部もナンカンの最新のスタッドレスタイヤAW-1を装着するまでは、そう思っていた。ナンカンAW-1は国産スタッドレスタイヤ同様、氷上(アイス)性能の高さをアピールしている。アジアンタイヤのスタッドレスが劣るとされるポイントだ。ならば試してみようと、2022年2月、氷上ドライブの聖地、長野県の女神湖でレヴォーグにAW-1を装着し、テストドライブを行った。

次ページは : ナンカンタイヤって?AW-1って?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ