日産新型ルークス発表!! 早くも受注2万台突破!? 車名一新で王者N-BOXに挑む!!

 日産の新型軽自動車「新型ルークス」が2月25日に発表。3月19日の発売を控え、早くも受注台数は2万台を突破!?

 目下、“日本一売れている”ホンダ N-BOXやダイハツ タント、スズキ スペーシアといった競合ひしめく超激戦のスーパーハイトワゴンジャンルに、日産が新型ルークスを投入。

 共同開発車の三菱 eKスペースから遅れること20日後に正式発表され、先代モデルの「デイズルークス」から車名を改めた新型ルークスは、早くも初期受注2万台を突破するなど好調な出足を切ったようだ。

 販売動向など最新情報を流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。

文:遠藤徹
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】デザインも車名も大刷新!! 日産 新型ルークスを写真で詳しく見る!!


新型ルークスの受注は推定2万台越え!! 納期は6月初めに

新型ルークス X/全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm、WLTCモード:20.8km/L、価格:154万6600円

 新型ルークスは今のところ絶好調の滑り出しで、多数のバックオーダーを抱えている。3月上旬現在の推定受注台数は全国で2万台を突破した模様で、納期は3か月待ちの6月初めにずれ込んでいる。

 兄弟車である三菱のeK クロススペース/eKスペースと明確なコンセプト分けをし、新型ルークスの標準タイプと上級&スポーツバージョンの「ハイウェイスター」ともフロントマスクを中心にデザインを変え、印象の違いを持たせている。

 グレード構成は、受注台数の60%を占めるハイウェイスターが、「Gターボ プロパイロット」、「X プロパイロット」、「X」、標準タイプは「X」、「S」の合わせて5グレードのラインナップ。それぞれ駆動方式は2WD/4WDを設定し、いずれもエクストニックCVTとの組み合わせになっている。

新型ルークスはハイウェイスターが3割強!! 注目の価格や販売動向は?

新型ルークス ハイウェイスター/主なスペックは標準モデルと同様。ターボ車のWLTCモード燃費は18.8km/Lとなる

 車両本体価格は、「S」(2WD車)の141万5700から「ハイウェイスター Gターボプロパイロットエディション」(4WD車)の206万6900円まで。

 このほかカスタマイズバージョンの「オーテック」が174万7900~188万2100円。売れ筋は「ハイウェイスター X」で全体の35%、プロパイロット装着は40%を占める。

 ボディカラーはモノトーン12色、2トーン5色、合計17色のワイドバリエーション。人気カラーはモノトーンのホワイトパール、スターリングシルバー、ブラックで2トーンは20%程度を占める。

 ハイトワゴンでヒンジドアのデイズでは未設定で特徴的な装備は、「挟み込み防止機構付きハンズフリーオートスライドドア」で、ハイウェイスター Gターボプロパイロットエディションは両側に、ハイウェイスターXは助手席側のみの装備となっている。

新型はなぜ「デイズルークス」から「ルークス」に?

デイズがヒンジドアを採用するのに対し、スライドドアを採用する新型ルークス。ハイウェイスターでは上級グレードにハンズフリーオートスライドドア機構も装備

 従来のデイズルークスは、デイズと販売台数を同一のシリーズとしてカウントしていたが、新シリーズでは「新型ルークス」として切り離して独立モデルとして仕立てたことで、他メーカーとのライバル関係が明確になる。

 この分野ではホンダ N-BOXを筆頭に、ダイハツ タント、スズキ スペーシアが軽自動車トップセラーを目指し激しくシェア争いを演じている。

月販規模だと1万~1万5000台の攻防である。滑り出しでは新型ルークスはこれらの強豪に参入しトップシェアを目指すことになる。最も新しいモデルだけに優位に戦いを進めるはずである。

 現在の受注規模からすると4月以降は1万3000台以上に増え、場合によってはトップに浮上する可能性もある。

軽自動車トップ級の予防安全性能を手に入れた新型ルークス。渋滞時にハンドル・アクセル・ブレーキ操作を支援する「プロパイロット」も一部で標準装備に

 販売店では3月19日の発売であるから、3月上旬現在では現物はなく、カタログのみの受注活動になっている。

 各店舗に試乗車や展示車が本格的にデリバリーされるのは発売日(3月19日)以降になる見通し。したがって本格的な販売活動に入るのは3月21~22日の週末フェア当たりからとなる。

 発売に当たってのサービス企画は現段階ではほとんどない。ナビ、ETC、ドライブレコーダーなどをセットにした割引の「買い得パック」を売り出しているくらい。残価設定クレジットも4.9%の実質金利で他の扱い車と同じ条件。

 値引き額も渋くナビ、ETC付きで初回回答は5万円程度に引き締めている。

“姉妹車”三菱 eKスペースの最新動向は?

ひと足早く発表された三菱 eKクロス スペース。デザインや車種構成でも日産は差別化を行った形だ

 兄弟車の三菱eKクロススペース/eKスペースは2月5日発売、3月19日発売で発売日はルークスと同じだが、発表日と先行予約の受付開始を約3週間早く立ち上げている。

 eKワゴン同様にルークスにないSUVテイストの「eKクロススペース」を設定している。こちらの人気もまずまずで納期は2.5か月待ちの5月上旬となっている。受注の大部分はeKクロススペースで占められる。

 値引き額も初回回答は5万円程度としている。ただ残価設定クレジットの実質金利は3.5%と比較的低い設定の店舗が多い傾向にある。

【証言1:首都圏日産店営業担当者】

 1年前に発売した「新型デイズ」よりもお客さんの反応は強い。

 従来モデルの「デイズルークス」、前モデルのデイズからの代替えが多いが、ライバルのN-BOX、タント、スペーシアの下取り車も目立つ。登録車のノート、マーチ、キューブなどもあり幅広い層に渡っている。

 約70%はハイウェイスターでターボは全体の40%を占める。プロパイロット、ハンズフリー、安全対策の充実、クオリティアップなどで価格は大幅に上がり、値引き余力もあまりないが、これに対する不満の声はあまり聞かない。

 購入者の60%以上が5年60回払いの残価設定クレジットだから、毎月の支払額が少なく、これでカバーしているせいかも知れない。

発表会で披露された新型ルークス「ハイウェイスター」と星野朝子 執行役副社長

【証言2:首都圏日産プリンス店営業担当者】

 現車がなくカタログのみの状態なのにこれだけ多く受注できているのであるから、現車が来て、試乗できるようになればもっと売れ行きに加速がつくようになるに違いない。

 新型コロナウイルスの猛威の影響で絶対的な来店者は少なくなっているが、その割にマイナスの影響は少ない印象がある。

 デイズよりもナビ、ETC、ドライブレコーダー、コーティングその他の付属品の装着希望者が多く、販売台数も上乗せされているので助かっている。

※4WD車は各13万4200円高。最上級グレードの4WDは車両本体価格だけで200万円を超えることに。軽もずいぶん高くなりました……

【画像ギャラリー】デザインも車名も大刷新!! 日産 新型ルークスを写真で詳しく見る!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ