本命トヨタのEV 本気がついに見えた! 4社で包囲網 スバル版はどうなる???


 トヨタは、2021年4月19日、上海モーターショーにおいて、トヨタとスバルのEVの共同開発車、トヨタbZ4Xを発表した。いよいよ、巨人トヨタが新EVシリーズを立ち上げ、本格的にEVに本腰を入れる先駆けが今回発表されたbZ4Xということになる。

 すでにトヨタは2019年6月、スバルは2020年1月にそれぞれEVのコンセプトモデルを発表。トヨタはミドルクラスのSUVをスバルと共同開発し、スズキ、ダイハツとも協業で小型EVを開発すると発表している。

 今回発表されたbZ4Xは、コンセプトモデルと発表されているがほぼ市販型に近い完成度を持つ。今後、トヨタはどんなEVを発表していくのだろうか? またbZシリーズはトヨタにおける新車計画にどんな影響をおよぼすのか?

 そして、bZ4Xのスバル版はどうなるのか考察していく。

文/大音安弘
写真/トヨタ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】上海モーターショーで初披露! 新型EVクロスオーバー「TOYOTA bZ4X」コンセプトの全貌が明らかに!!


電動化へ加速するトヨタのEV専用新シリーズ、bZの第一弾

2021年4月19日、上海モーターショーにて世界初披露されたTOYOTA bZ4Xコンセプト。ハリアーとRAV4の「いいとこどり」をしたようなデザインだ
スバルと共同で開発したEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用し、2022年までのグローバル投入を目指す

 トヨタは、2021年4月19日、同日開幕を迎えた中国・上海モーターショーにて、新型EVのコンセプトカー「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」を世界初披露した。

 コンセプトモデル、bZ4Xは、トヨタが新たに展開するEVシリーズ「TOYOTA bZ」の第一弾モデルとなるクロスオーバーSUVだ。コンセプトと言いながらも、そのデザインは完成されており、市販型といえるほどの完成度だ。

 そのディテールには、RAV4やハリアー、C-HRといったスポーティ&クールなデザインを持つトヨタの人気SUVたちのエッセンスが感じられ、トヨタ車らしさもある。

 その一方で、LED薄型ヘッドライトに象徴されるグリルレスのハンマーヘッドデザインのフロントマスクは、従来のトヨタ車ともイメージが異なり、トヨタの新EVモデルラインへの強い想いと拘りを感じさせるところだ。

 この斬新なエクステリアの市販時の変更は、恐らく法規対応など最小限に留められるだろう。CセグメントSUVと思われるボディの構造は、EVのメリットを最大限活かすべく、ショートデッキ&ロングホイールベースに仕立てられている。これがDセグメントセダン並みの室内空間を実現するという。

 現実的なデザインに仕立てられているのは、インテリアも同様。広々した5人乗りのキャビンを備え、コクピットデザインやシートレイアウトも市販車に近い作り込みが図られている。

 特徴的なのが、「ステアリングバイワイヤ」技術を象徴する異形ステアリングホイールだ。すでにレクサスEVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」でも採用される機構で、ハンドルと操舵機構を切り離し、電子制御することで、スムーズかつ心地よいステアリング操作を可能とするもの。これもコンセプトに終わらず、最初の市場となる中国で実装することを明言している。

市販モデルはどうなるのか? 価格は500万円台!?

電子制御システム「ステアリングバイワイヤ」を採用した異形ステアリングホイール。操舵時に持ち替える必要がないうえ、デジタルメーターの視認性も向上する
インテリアは極めて市販車に近いデザインに作りこまれている

 気になるサイズや性能などのスペックは現時点では一切非公表。その開発コンセプトは「Activity Hub」とし、家族や友人と過ごすときやコミュニケーションを図る時の「絆」の役割を果たすとする。

 そこから、ロングドライブやSUVに求められる高い走破性、快適な移動空間が実現されていることが伺える。メカニズムについては、トヨタとSUBARUが共同開発した「e-TNGA」EV専用プラットフォームを採用。

 さらに駆動システムには、スバルと共同開発した新AWDシステムが搭載されるのも大きな特徴だ。先にレクサスで発表された「LF-Zエレクトリファイド」までの高性能車ではないだろうが、いろいろと想像を刺激する高い基本性能を備えていそうだ。また環境性能の向上を狙い、回生エネルギーの活用に加え、停車中の充電可能とするソーラー充電システムも用意されるようだ。

 ボディサイズは、現在、販売されているレクサスUX300e/C-HR EVの上、CセグメントのRAV4クラスと予想される。このクラスのライバルといえば、2021年6月に発売予定の日産アリア。アリアのボディサイズは全長4595×全幅1850×全高1655mmとされ、既存のSUVならマツダCX-5の全長4545×全幅1840×全高1690mmに近い。

 日産アリアはEV専用AWDシステム「e-4ORCE」を開発し、65kWh仕様の2WDは160kW(217ps)/300Nm(30.6kgm)、もっともハイパワーな90kWh仕様の4WDは290kW(394ps)/600Nm(61.2kgm)を用意する。

 日産アリアの価格は500万円台とされるが、2022年年央に発売予定のトヨタbZ4Xも同じくらいの価格になるのではないかと思われる。

2021年中盤に発売予定の日産アリア

次ページは : スバル車のEVはどうなるのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ