実は価格も初代並み!? 新型アルトの進化度と「最も安い四輪車」の矜持

新型アルトの価格は初代モデルとほぼ同じ? 9代目モデルの進化度と軽老舗の意地

 2021年12月22日、スズキ新型アルトが発売された。1979年に初代アルトが発売してから約42年経過し、先代モデルから7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。新たなフロントデザイン、内外装が新しくなったほか、新たにマイルドハイブリッドを搭載し、安全装備も充実させた。

 そこで、本稿では、新型アルトがどう進化したのか? お買い得グレードはどれになるのか? さらに初代アルトから継続してきた「購入しやすい価格」は維持することができたのかなどを解説していく。

文/渡辺陽一郎、写真/西尾タクト

【画像ギャラリー】愛着のわくデザインを採用し、内外装を一新!! 新型アルトを写真で見る(21枚)画像ギャラリー

アルトがフルモデルチェンジするきっかけとその進化度は?

2021年12月22日から発売が開始された新型アルト。ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1525mm

 今の軽自動車では、スペーシアやN-BOXなど、全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた車種が売れ筋だ。このタイプは、新車として売られる軽乗用車の50%以上を占める。

 しかしそのいっぽうで、100万~110万円の価格帯が売れ筋になる「低燃費と低価格」を追求した車種も、根強い人気を得ている。その代表がアルトで、初代モデルの発売は1979年だから、40年以上の伝統がある。このアルトが2021年12月にフルモデルチェンジを行って、9代目に発展した。

 全国軽自動車協会連合会が公表する軽自動車の届け出台数では、アルトにはアルトラパンも含まれる。このうち、ベーシックなアルトの割合は約55%だから、2021年における先代アルトの届け出台数は、1か月平均で約2800台だ。

 スペーシアは1万台少々を販売しており、ライバル車のミライースも4900台前後に達するから(ミラトコットを除く)、ほかの車種に比べてアルトは伸び悩んでいた。そこで新型アルトは、力の入ったフルモデルチェンジを行った。

 新型アルトの外観は、限られた軽自動車サイズのなかで、先代型に比べるとフロントマスクやドアパネルにボリュームを持たせた。水平基調のボディは、フロントピラー(柱)の角度とウインドーを立てて、ボンネットとルーフパネルの寸法的な比率も整えている。そのために視覚的なバランスも向上した。

インパネとドアトリムにネイビーカラーを採用し、質感を高めた新型アルトのインテリア

 車内に入ると、先代型に比べて内装が上質になっている。低価格車だからインパネの素材は樹脂が中心だが、助手席の前側をソフトパッド風に見せている。先代型のカップホルダーは前席中央の床に装着されたが、新型ではインパネの左右に配置して使いやすくなった。

 新型では全高を50mm高めて1525mmとしたから、立体駐車場の利用性を悪化させない範囲で、頭上の空間も広げている。後席の足元空間は先代型と同じだが、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシが2つ半収まる。後席の座り心地は硬めで、改善の余地を残すが、前後方向の足元の広さはハリアーやCR-Vと同等だ。長距離の移動でなければ、ファミリーカーとしても使える。

 新型は先代型に比べて視界も良くなった。フロントピラーの角度を立てて、少し室内側へ引き寄せたから、斜め前側の視界を遮りにくい。ボンネットが視野に入り、車幅やボディの先端位置も分かりやすくなった。

 サイドウィンドウの下端は先代型に比べて35mm下げられ、側方視界も向上した。後席のサイドウィンドウは面積を広げたから、斜め後ろも先代型に比べて見やすい。前後左右ともに視界を改善させている。

次ページは : 走行性能、燃費、さらに安全装備を充実しつつも低価格を維持!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ