おお…カッコいいぞ…! 最強スポーツSUV発表!! レクサス初のEV専用車「レクサスRZ」登場!!

おお…カッコいいぞ…! 最強スポーツSUV発表!! レクサス初のEV専用車「レクサスRZ」登場!!

 2022年4月20日、LEXUSはバッテリーEV(以下、BEV)専用モデルとなる新型SUV「RZ」の詳細を発表した。覚えている方も多いとは思うが、今回の新型RZは、2021年12月にトヨタが開発中のバッテリーEV 16車種を一挙公開した際にも登場していたモデルだ。

 レクサスには、既に「UX300e」というBEVがあるが、ハイブリッドモデルとボディを共用していたため、BEV専用車としては今回の新型RZが初。つまりいよいよ、レクサスBEVの大本命が登場したというわけだ。

 はたして、レクサス渾身のBEVの実力はいかほどか。新型「RZ」の詳細をご紹介するとともに、ライバルBEVに対する立ち位置を考えていこう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】遂にレクサスの本命BEVが登場!! レクサス新型「RZ」の詳細を写真で詳しく!!(41枚)画像ギャラリー

「レクサス」として恥じないスペック

 レクサスは、2035年までにグローバル販売でBEV100%を目指すと宣言しており、その達成のため、2030年までにBEVのフルラインアップを実現するという。あと13年ほどで現状のラインアップがALL BEVへと刷新されるなんて不可能だと思っていたが、2021年末に開発中のバッテリーEV 16車種を一挙公開した際の豊田章男社長のプレゼンは、我々の甘い想像を超えた「覚悟」を見せつけられた。

 ボディサイズは、全長4804×全幅1895×全高1635mm、ホイールベースは2850mm。全長は欧州Cセグメント並みだが、ホイールベースはDセグメントほどもあり、日産「アリア」よりも75mmも長い。トヨタ「bZ4X」も採用するBEV専用プラットフォーム「e-TNGA」は、ホイールベースの間に大容量の駆動用バッテリーを仕込むことができ、その恩恵として、広大な後席スペースを得ることができているようだ。

 今回の新型RZのホットポイントのひとつは、bZ4XではFFと4WDモデルが存在するが、RZは全車4WDとなる点。「DIRECT4」と呼ぶ4輪駆動力システムは、ステアバイワイヤと高度なステアリング制御で、人とクルマがより一体感となった気持ち良いドライブフィールが得られるという。ステアバイワイヤシステムとセットとなる非円形のステアリングホイールはロックトゥロック300度(片側150度)までと極端にクイックだが、高速走行時、低速走行時などで、ギア比が可変したように制御するため、違和感なく操縦できるという。

 そしてもうひとつが、フロントの「スピンドルボディ」だ。エンジン冷却のためのラジエーターが必要だったガソリン・ハイブリッド車用のスピンドルグリルとは異なる意匠を採用し、空気抵抗低減も狙っている。(カッコ良いか悪いかは別として)このフロントフェイスが、今後のBEVシリーズのコモンフェイスとなっていくのだろう。インテリアではSDGsやサステナブルを考えた素材を選び、装飾を工夫しているという。

 「トヨタbZ4Xのレクサス版」として恥じないスペック、デザインとなっているものと考えられる新型RZ。以降でその詳細をご紹介しよう。

レクサスRZのモーター最高出力は230kW(150kW+80kW)。bZ4Xの4WD(160kW)に比べると大きいが、アリアB6 e-4ORCE(250kW)と比べるとやや少ない

低重心なプロポーションと、ゆったりとした室内空間が魅力

 エクステリアデザインの特長は、リアタイヤをワイド化した前後異形タイヤの採用で実現した、低重心なプロポーションだ。これによって、クロスオーバーSUVではあるが、もっと背が低い印象を受けるほど、どっしりと構えている。BEVならではの低いノーズや、フロントフェンダーからボディサイドを流れるキャラクターラインも特徴的。リアタイヤの手前でキックアップするラインも躍動感がある。

 リアはシンプルな水平基調のデザインによって、リアタイヤの存在感が増しており、ワイドなスタンスを表現。一文字リアコンビネーションランプと、NXから続く新しい「LEXUS」ロゴも採用されており、センター部を段落としした赤色レンズ部が、非常にシャープだ。

 インテリアは、低く配置したインパネと異形ステアリング、シンプルなドアトリムなどが特徴的だ。ドアの開閉時には、ドアトリムオーナメントに光の陰影が投影されるオシャレな演出付き(世界初の陰影イルミネーション)。

 また、ウルトラスエードを採用したドアトリムオーナメントやシート、木目調のコンソールアッパーパネルなど、レクサスが得意とするラグジュアリーな雰囲気に仕上がっている。ロングホイールベースのお陰で、カップルディスタンスは1000mmもあり、後席空間はゆったり。パノラマルーフ仕様では前後の抜けがさらに強調され、解放感が増した。

 コックピットは、「Tazuna Concept」というデザインの考え方に基づいた設計がなされている。人が馬を操る手綱にヒントを得て、ステアリングスイッチと、ヘッドアップディスプレイを連携し、目線を前から外さずにコントロールできるそう。大型のタッチディスプレイや、ダイヤル式のシフトノブなど、操作感も磨かれている。

 また、ロードノイズの低減と共に、「車内音」のつくり込みにも取り組んだそうだ。「無音の車内」を目指すのではなく、ドライバーが嫌みに感じない範囲で、加速や減速、周囲の安全状況など、クルマの状況が伝わるよう考えたという。

次ページは : パワートレインは、スペック的にはアリアと同等

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ