510psのハイパワーSUV爆誕!! 新開発ハリケーンエンジン搭載のJEEPグランドワゴニアLの魅力

510psのハイパワーSUV爆誕!! 新開発ハリケーンエンジン搭載のJEEPグランドワゴニアLの魅力

 今年4月のニューヨークモーターショーでステランティス社よりお披露目されたのが、同車のSUVブランドであるジープの「グランドワゴニアL」だ。先に登場しているグランドワゴニアをさらにストレッチしたボディは5.7mを超えるし、電動化もされていない。下手をすれば時代に逆行? とも言える超巨大なSUVが登場するアメリカンSUVの文化と魅力に今回は迫っていきたい。

文/九島辰也写真/ステランティス

【画像ギャラリー】「アメリカン」でも超絶濃いめなのはSUV! 新型グランドワゴニアの魅力に迫る  (10枚)画像ギャラリー

■ジープがグランドワゴニアLを追加してきたワケ

先に発売されているグランドワゴニアに対してもさらに300mm以上大型化し、全長5759mmに達するグランドワゴニアL。この大きさで7~8人乗りなのだ。エンジンは直6、3Lで510psを発生するハリケーンエンジンを搭載
先に発売されているグランドワゴニアに対してもさらに300mm以上大型化し、全長5759mmに達するグランドワゴニアL。この大きさで7~8人乗りなのだ。エンジンは直6、3Lで510psを発生するハリケーンエンジンを搭載

 4月中旬に行われたニューヨークモーターショー2022で新たなジープの仲間が正式に発表された。グランドワゴニアLである。「正式に」と記したのは、すでに昨年3月にデジタルワールドプレミアさせているからだ。要するにカタチはお披露目ずみ。その意味では、この超フルサイズSUVのデザインに惚れ、販売を待っていた方には、お待ちどうさま! となる。

 グランドワゴニアLの追加はグランドチェロキーに次ぐラインナップの拡大である。あまり興味がないと「どこが違うの?」となるが、サイズ以上にも大きく異なるところがある。それはアイデンティティ。ジープヒストリーでそれぞれが礎となったモデルだ。

 そもそもグランドワゴニアの誕生は1960年代初頭にさかのぼる。1962年にピックアップトラックのグラディエーターをベースに63年型とリリースしたのが始まりだ。コードネームはSJ型だった。

■グランドワゴニアはかつてジープブランドの最高級SUVとして君臨

そもそもの起源となるワゴニアシリーズが登場したのが1974年、そこからほぼ変わらないスタイルで1991年まで生産された
そもそもの起源となるワゴニアシリーズが登場したのが1974年、そこからほぼ変わらないスタイルで1991年まで生産された

 当初はワゴニアと呼ばれた。1983年にリリースされたXJ型チェロキーの最上級モデルをワゴニアと称したことで、それまでのワゴニアに「グランド」の名がついたのだ。つまり、「グランド」はそのままサイズの大きさを表している。チェロキーというネーミングもそう。1974年にワゴニアの廉価版をチェロキーとして登場されていたが、XJ型チェロキーが出るとこちらをビッグチェロキーと呼んだ。

 グランドチェロキーも同様で、1993年にリリースされたZJ型はXJ型チェロキーのネガティブポイントである室内の狭さをこのクルマで解決するという意図でグランドがつけられた。アメリカ人にとって「グランド」は食いつきやすいワードなのかもしれない。

 それじゃ当時のグランドワゴニアのコンセプトはというと、高級SUVである。その頃はSUVという言葉はまだなく、ジープのステーションワゴンというカテゴリーだったが、高級さがウリだった。それを表現しているのがウッドパネル。実際の樹皮ではなく、プリントしたウッド柄だが、それは上級グレードを意味していた。背の低いステーションワゴンも同様だ。このウッド柄デカールやボディカラーをツートンに塗り分けるのが1960年代高級車の証だったのである。

 という背景を鑑みると、このクルマの立ち位置がおわかりいただけると思う。ここ数年フラッグシップの座をグランドチェロキーに明け渡していたが、1991年の生産終了以降およそ30年ぶりにジープの頂点に返り咲いたのである。

次ページは : ■約30年ぶりに復活したグランドワゴニアに追加された「L」はとにかくデカい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ