新型フィット 発売5か月の「人気度」 多彩なバリエーションは吉と出た!?


 今は軽自動車と並んでコンパクトカーの人気が高い。運転しやすいサイズで燃費も優れ、今は安全装備の水準も高まった。価格も以前より上昇して、ノーマルエンジンを搭載する売れ筋グレードが160~180万円に達するが、それ以上に安全装備や環境技術が充実した。

 価格上昇には、消費増税も影響を与えている。2004年まで消費税を別途表示していた時代に160万円だったクルマも、総額表示で消費税率が10%であれば176万円になる。こういった事情を考慮すると、コンパクトカーは今でも割安だ。

 そこで発売から5カ月を経過したフィットの人気を改めて考えてみたい。

文:渡辺陽一郎/写真:HONDA、平野学、池之平昌信

【画像ギャラリー】5つのタイプがそれぞれ個性を主張!! 一番人気はホームだがどれを選ぶ?


新型フィットは売れているのか?

 2020年6月におけるフィットの国内販売ランキングは、軽自動車/小型車/普通車をすべて合計した総合順位で7位だった。

 1位は2017年(暦年)以来、国内販売のトップを独走するN-BOXだ。2位はライズ、3位はスペーシア、4位はヤリス、5位はルークス、6位はカローラシリーズと続いて、7位がフィットになる。

新型フィットは2019年10月の東京モーターショー2019で世界初公開され、その約4か月後の2020年2月14日から販売を開始

 フィットは新型車の割に順位が低い印象も受けるが、6月には9000台以上を登録して販売は好調だ。

 またコロナ禍の影響もあり、6月も国内販売台数は、昨年に比べて23%減少した。ホンダは28%のマイナスだ。その意味で6月の販売ランキング順位は、本来の人気を反映しているとは限らない。

フィットのパワーユニット、駆動方式比率

 フィットの各バリエーションの販売構成比はどうだろうか。現時点(2020年7月)までの集計によると、フィットの国内登録台数の内、1.3Lのノーマルエンジンは31%で、1.5Lのe:HEV(ハイブリッド)は69%であった。

 発売直後は28%:72%だったから、今はノーマルエンジンの比率が少し多い。発売直後にハイブリッドなどの高価格車が中心に売れて、その後にノーマルエンジンが増えるのは一般的な傾向だ。

 駆動方式の比率は、現時点では2WD(前輪駆動)が85%で、4WDは15%になる。販売店では「4WDは納期が長い」と言うから、生産の遅れによって一時的に4WDの比率が下がっていることも考えられる。

旧型フィットはモーターにDCTを組み込んだスポーツハイブリッドi-DCDだったが、新型では新開発の2モーターハイブリッドのe:HEVに変更

次ページは : 5タイプの販売比率

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ