伝統のスバルか、最新のマツダか 悪路で頼れる4WDが凄いのはどっち!?


 独自の車作りで他メーカーと一線を画すスバルとマツダ。ともに、いま最も勢いがあり、その“独自路線”によって、多くのファンを惹きつけているメーカーだ。

【関連記事】スバルとマツダにしかできない『今まで通りの車作り』

 共通点も多い両社だが、4WDといえばスバルのイメージが強い。いっぽうで、マツダは新世代4WD『i-ACTIV AWD』を投入し、これがなかなかの高評価を得ている。

 やはり4WDが優れるのはスバルなのか、それともマツダか。両社の4WDシステムの考え方は超対照的なのだった。

文:斎藤聡/写真:編集部、SUBARU、MAZDA
ベストカー2017年8月10日号


スバルの4WDは『アナログ的な作り込み』で世界トップ級

 スバルのAWD(All Whell Drive=四駆)の完成度は世界的なレベルで優れているといっていい。乗用車用AWDに対するノウハウや車とのマッチング、完成度という点でスバルとアウディが世界の乗用車AWDの双璧といっていいのではないかと思う。

 スバルのAWDの強みは愚直といいたくなるくらいユーザーを向いて車作りを取り組んでいるところだろう。

 多彩なバリエーションを持つAWDもその表われといっていい。マルチモードDCCD、ビスカスLSD付きセンターデフ、VTD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)、ACT-4(アクティブトルクスプリットAWD)、X-MODE付きACT-4の5種類を用意。

 しかも、この多彩なAWDは、例えば氷盤路でドリフトの定常旋回をさせると、どのAWDシステムも(全車試したわけではないが)軽くハンドルを内側に切った状態でドリフトの定常旋回がバランスする。たぶん意図的にそうなるようにセッティングされているのだ。

 AWDのハンドリングはこうあるべきという思想がちゃんとスバルにはあるのだ。システムによってハンドルを内側に切り込む度合いは多少違うが、まずカウンターステアは当たらない。

 電子制御をまったく使っていないわけでないが、電子制御で操縦性を何とかしようとするのではなく、AWDのレイアウトと機械的なシステムによって基本性能を作っている。ある意味アナログ的な作り込みがなされているのがスバルのAWDだ。

WRX STI

スバルとは対照的!? 『電子制御を駆使した』マツダの新世代4WD

 マツダはi-ACTIV AWDという、リアデフ直前に電子制御クラッチユニットを用いたAWDシステムを採用している。

 システムとしてはFF車をベースにAWD化するのによく用いられているが、マツダのユニークな点は、さまざまなセンサーとDSC(横滑り防止装置)のブレーキ制御を組み合わせ、100対0から50対50までのトルク配分やブレーキによる車輪速制御を駆使して最適なトラクション、操縦性、燃費などを考慮しているところ。

 例えば、坂道の具合やワイパーのオン/オフといった情報までセンシングしてAWD制御をしている。わりとポピュラーな4WDシステムの電子制御を積極的に使って性能を高めているのが、マツダの4WDに対するアプローチなのだ。

次ページは : アナログなスバルとデジタルのマツダ 実力差は僅か