かつてのトヨタの大看板 若者向けの代表車 今は忘れ去られつつある…セリカの偉大な軌跡


 日本の元祖スペシャルティカーのトヨタセリカは2006年に消滅し、36年にわたる歴史にピリオドを打った。早いもので消滅から15年が経とうとしている。

 かつて日本のクルマ好き、若者を魅了し続けたセリカも、今の若い世代の人は名前も知らない存在になってしまったかもしれない。

 セリカの上級車種として登場したスープラ(日本ではセリカXX)も一度は消滅しながらも、2019年に17年ぶりの復活を遂げたこともあり、セリカブランドが今後復活する可能性はゼロではない。

 復活の淡い期待を抱きながら、セリカの偉大なる歴史を振り返っていく。

文/片岡英明、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】惜しまれつつ消滅して15年 秘蔵写真&貴重写真満載で綴る日本の名車セリカの歴史


初代は元祖日本のスペシャルティカー

初代セリカ(クーペ):1970~1977年 全長4165×全幅1600×全高1310mm、価格/87万5000円(1600GT)、だるまセリカの愛称で呼ばれた

 ボトムのクルマまで高性能になった21世紀、人々のデザインに対する好みは大きく変わってきている。20世紀後半まで、クルマ好きの憧れの存在だったのが、ファッショナブルなデザインのクーペモデルだ。

 1960年代から日本に定着したが、とりわけセンセーショナルだったのが、1970年12月に鮮烈なデビューを飾ったトヨタの「CELICA(セリカ)」である。

 その1年前の東京モーターショーにトヨタは「EX-1」を参考出品したが、このショーカーのデザインを落とし込んだ流麗なスポーツクーペがセリカだ。

 新しいジャンルのパーソナルカーであることを主張するために「クーペでもハードトップでもない、スペシャルティカー!!」のキャッチフレーズを用いた。

 メカニカルコンポーネンツは同時期に発表されたカリーナと共通だが、スポーティ度を高めている。フラッグシップの1600GTが搭載するのは、ソレックスの高性能キャブレターに5速MTを組み合わせた2T-G型直列4気筒DOHCだ。

 この1600GT以外は特定のグレードを持たず、ユーザー好みのクルマに仕立てられるフルチョイスシステムを採用している。これは自動車業界初の試みだった。

初代セリカ(リフトバック):1973~1977年 全長4215×全幅1620×全高1280mm、価格/112万円(2000GT)、ダックテールが大人気

 1973年春、セリカは新しい仲間を加えている。ファストバックデザインにリアゲートを組み合わせた伸びやかなフォルムのリフトバック(LB)だ。これを機に2Lシリーズも設定した。

 2000GTが搭載するのはマークII2000GSSから譲り受けた18R-G型DOHCである。この直後から強化された排ガス規制に取り組み、1974年には最先端の電子制御燃料噴射装置、EFIを送り出した。

 スポーツモデルの新しいトレンドと価値を提案し、デートカーとしても持てはやされたセリカは1977年夏まで第一線で活躍を続け、2代目にバトンを託している。

主役の座を奪われた2代目と走りを進化させた3代目

2代目セリカ(クーペ):1977~1981年 全長4410×全幅1640×全高1305mm、価格/157万7000円(2000GT)、リフトバックも設定

 第2世代のセリカは北米市場を意識した力強いデザインだ。1978年にはスカイライン2000GTに対抗してLBのノーズを伸ばし、直列6気筒エンジンを押し込んだセリカXX(ダブルエックス)を仲間に加えている。

 だが、軽快感の薄いデザインは日本のファンに不評で、ライバルのシルビア/ガゼールやコスモAPにスペシャルティカーの主役の座を奪われた。

 そこで1981年7月に、ウエッジシェイプにポップアップ式の変形ヘッドライトを採用した3代目セリカを投入している。

3代目セリカ(クーペ)前期:1981~1983年 全長4435×全幅1665×全高1320mm、価格/175万4000円(2000GT)、ポップアップ式ヘッドライトが特徴
3代目セリカ(クーペ)後期:1983~1985年 全長4435×全幅1665×全高1320mm、価格/173万8000円(1600GT-R)、ライトが格納式となった通称ブラックマスク

 走りの楽しさに不満が出ていたから、4輪ディスクブレーキやラック&ピニオン式のステアリングギアなどを採用し、走りのポテンシャルを大幅に高めた。

 また、上級のセリカXXもモデルチェンジし、リトラクタブルヘッドライトやデジタルメーターなど、話題の装備を採用するとともに2800GTには当時最強を誇った2.8Lの5M-GEU型直列6気筒DOHCエンジンを積んでいる。

 途中で日本初のDOHCターボを加え、1600GTのパワーユニットも新世代の4A-GEU型直列4気筒DOHC4バルブに換装した。A60と呼ばれる2代目のセリカXXも2LのDOHC4バルブエンジンを加えるなど、高性能化を図っている。

 スペシャルティカーの魅力を、新しいテクノロジーによって強くアピールし、ファン層を大きく広げたのが、この時代のセリカだ。

初代セリカXX:1978~1981年 全長4600×全幅1650×全高1310mm、価格/183万9000円(2600G)、北米では初代スープラとして販売

次ページは : 4代目の流面形デザインは今も色褪せない

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ