新型Z650RSが登場!? 令和版ザッパーがZシリーズ50周年に出そうな理由とは?

令和版ザッパー・新型Z650RSが、Zシリーズ50周年に出そうな理由とは?

 カワサキが欧州のYouTubeチャンネルで新型ネオクラシックモデルのティザー動画を配信している。正式発表は9月27日とされ、本誌は新型Z650RSがデビューすると予想している。

 まさに2018年に登場したZ900RSの弟分で、排気量が650ccと予想されることから往年のZ650、通称「ザッパー」の再来と言えそうだ。ここでは、新ザッパーの詳細や50周年を迎えるZシリーズの動向をお伝えしたい。

文/市本行平、CG/SRD、写真/KAWASAKI

【画像ギャラリー】新型Z650RSのティザーで丸目&砲弾メーターのシルエットも確認


RETRO+EVORUTION=レトロボリューションの実体はどんな姿か?

 ティザー動画でカワサキが明確にしているのは、その新型が「RETRO(懐古的)」で「EVOLUTION(進化的)」なモデルであるということ。これを「RETROVOLUTION(レトロボリューション)」という造語で表している。

 つまり表現を変えて「ネオクラシック」モデルの登場を予告しているのだが、これはクラシックスタイルで中身が最新型のカテゴリー。ネオクラを得意とするカワサキがニューモデルを9月27日に欧州や北米で発表するのだ。

 本誌はこれをZ650RS(車名は仮)と予想。情報を元に再現したのがこのCGとなる。現車は、ぱっと見はZ900RSのようでよく見るとスリムでコンパクトな印象になるはず。というのもZ900RSの並列4気筒に対して並列2気筒エンジンを搭載しているからだ。

2022年に新登場すると本誌が予想するカワサキZ650RSはこのような姿に!? カラーはグリーンという情報だ。もちろん日本でも発売されるだろう(CGイラストは編集部が制作したもの)

 ベース車と目されるのは、ネイキッドスポーツモデルのZ650。水冷648ccの大型入門機で、扱いやすいパワーや素直なハンドリング、優れた足着き性で評判のモデルだ。一方でスタイルはカワサキ独自の「凄み」デザインがコンセプトになっており、対照的にかなり先鋭的。

 これをベースに、レジェンド「Z1」スタイルを再現したのがZ650RSとなる。ちなみに2018年にデビューした兄貴分のZ900RSもネイキッドのZ900をベースにネオクラ化しており、Z650RSも同じパターンを踏襲することになりそうだ。

Z650RSのベースと目されるZ650。水冷並列2気筒649ccエンジンを搭載したネイキッドモデルだ。出力は68PSに留まるが189kgと中型モデル並みに軽量だ

ネオクラZの第二弾はなぜ650なのか? 歴史をトレースするZ-RSシリーズ

 カワサキZといえばZ1が有名だが、その次に第2世代の空冷4気筒を搭載したZ650が存在していた。排気量は652ccとZ1の903ccよりも一回り小さく、その分軽快なハンドリングで親しまれたモデルだ。カワサキがZ900RSの次にZ650RSを登場させるのは、Zの歴史をトレースする意味もあるだろう。

 ブランドイメージ確立に歴史は欠かせないもの。カワサキはこれを戦略的に展開しており、最近ではメグロK3復活時のプロモーションが記憶に新しい。カワサキが吸収した目黒製作所を前面に押し出し、アジア最古のビッグバイクブランドの出自も印象づけていた。

 今回は、Z650=ザッパーの歴史を掘り起こし、Z650RSのリリースとともにライダーにアピールすることを狙っているはずだ。単にネオクラモデルをリリースするのではなく、歴史という付加価値を乗せることがセールスに直結することは、Z900RSの実績からも明らかだ。

 Z650RSの場合は、強くアピールできるポイントは「ザッパー」になるだろう。これはZ650の通称で、往事のカワサキマンによると風圧で服がパタパタ鳴る擬音「Zap」を変化させて「Zapper」にしたという。Zapには俊敏に動くという意味もあり、Z650の通称にはぴったりだった。

こちらが1976年に発売されたZ650。エンジンは空冷並列4気筒652ccで64PSを発揮していた。車重はZ1よりも20kgほど軽量だったことからザッパーと呼ばれた
カワサキのティザー動画第2弾にはさりげなくZ650の姿が映りこんでいる。その後第3弾の動画ではうっすらとシルエットを見せている(ギャラリー参照)

 さらに、ザッパーは単にZ650の通称だけではなところがミソ。カワサキがザッパーを通して強く訴えるのは、カワサキZシリーズの原点だろう。実はザッパーは、カワサキがZ1を開発する際のコンセプトとして一番最初に使ったキーワードだったのだ。

 1968年4月付けアメリカカワサキによるN-600の提案書にはこのように記されている。

 「The big displacement market is divided into two types of machines: “Zappers” and Touring Cycles. “Zappers” is a word not in a Japanese – American dictionary, but means a type of cycle that is light, powerful, and will go from one stop light to another quickly – like ZAP!」

 「アメリカの大型バイク市場で販売されているモデルは、ザッパーズとツアラーの2つに分けられる。ザッパーズは和英辞典を調べても見つからない言葉で、意味はシグナルダッシュで速い軽くてパワフルなバイクのこと。ZAPのように!」

 N-600とは後のZ1のことで、ザッパーズとは大排気量4ストロークマシンのことを指していた。そして、カワサキは4気筒750~850ccのザッパーを開発すべしと締めくくっている。この提案書を受け、明石の開発陣が1972年秋にZ1をアメリカに送り出したのだ。

 何故ザッパーがZ1の通称にならなかったかというと、開発途上でCB750フォアに対抗するために排気量が大きくなったためだ。当初のN-600のイメージに近いのは、軽量のZ650だったことからこれがザッパーと呼ばれるようになったという。

1972年秋に出荷が始まったZ1は、開発コードN-600からT-103に設計変更されたモデルの完成形。打倒ホンダCBを掲げ、ゼロヨン加速から世界最速へと軸足が移っている

次ページは : 2022年はZシリーズ生誕50周年を祝う1年になる?