GM子会社が無人タクシーの一般乗車試験を開始! クルマ界近未来ニュース3選

廃バッテリーが莫大な「富」に!!? GM子会社が無人タクシーの一般乗車試験を開始 ほか クルマ界近未来ニュース3選

 本誌『ベストカー』にて、毎号テック系の最新情報や気になる話題をお届けしている「近未来新聞」。

 今回は、EVの廃電池から資源を採取し再利用するアメリカのベンチャー企業「レッドウッド・マテリアルズ」、GM子会社による無人タクシーの一般乗車試験開始、岐路に立つ、東南アジア・タイにおける日本車の立場…などの話題をお届けします!

※本稿は2022年2月のものです
文/角田伸幸、写真/AdobeStock、ベストカー編集部 ほか(トップ画像=salita2010@AdobeStock)
初出:『ベストカー』2022年3月26日号『近未来新聞』より

【画像ギャラリー】EVバッテリーのリサイクル 無人運転タクシー… 各トピックをギャラリーでクイックチェック!(6枚)画像ギャラリー

■廃電池から資源を採取! 新興勢力の「錬金術」

トヨタbZ4Xのバッテリー。長寿命であるほか、極材や電解質、ケースなどの再利用にも配慮が

 EVが普及すれば当然電池が必要になるわけだが、その電池を「どう作ってどう処理するか」という問題が各社の頭を悩ませている。

 原料となるリチウムやコバルトの安定調達には不安があるし、使い終わった電池も厳格な処分が求められるためだ。

 そんななか注目を集めているのが、使い終わった電池から原料を取り出す技術。

 すでにトヨタなどは、プリウスの電池の一部から水酸化ニッケルやコバルトを取り出しているが、最近その作業を大規模に引き受ける新興勢力が現われているのだ。

 その代表格がアメリカのレッドウッド・マテリアルズ。

 テスラのバッテリー技術を確立した重要人物、J・B・ストローベル氏が立ち上げたベンチャー企業だ。

 まだ上場も果たしていない同社だが、すでにテスラの電池を手掛けるパナソニックや日産リーフのバッテリーを作るエンビジョンAESC、さらにはアマゾンといった企業から廃電池を受け入れ、希少な鉱物資源をリサイクルしている。

 昨年秋にはフォードとも手を組み、将来のフォード製EVにリサイクル電池を納品する仕組みづくりも始めたようだ。

 同社の強みはコスト競争力にある。レッドウッドは受け入れた廃電池に残る電力を吸い上げて、加工プロセスに用いる技術を持っており、これがコスト低減に貢献しているのだ。

 同社は数年以内に自然採掘よりも安いコストで廃電池からの資源採取を可能にすると話しているから、ライバルにとっては手ごわい存在になるだろう。

 日本には2億7000万台の使われない携帯電話があり、その資源価値は3兆円にもなるという。EVに使われる電池容量はスマホの数万倍だから、その資源価値は途方もない。

 近い将来、電池は「都市鉱山」から作られるのが当たり前になるかもしれない。

■GMの自動運転子会社が無人タクシーの一般乗車試験を開始

 2月1日、ホンダも提携するGMの自動運転子会社「クルーズ」が、米サンフランシスコで無人タクシーの一般乗車試験を開始した。

 サンフランシスコでは昨年夏、ウェイモが一足先に無人タクシーの実験を始めたが、あちらは運転席に人が座る「半無人」状態なうえ、乗車経験を他言できないといった制限があった。

 いっぽうクルーズは、運転席にドライバーがいない完全無人運転であり、乗車したことをSNSなどに公開してもよい。

 すでに同社のYouTubeには、乗車した人たちの様子がアップされており、リアシートから無人の運転席を興奮気味に撮影するなど、体験者の驚く様子をうかがい知ることができる。

 クルーズは公式サイトから乗車の申し込みを受け付けていて、今のところ料金は無料。日中の混雑はまだ処理が難しいのか、運行時間が午後11時から午前5時という深夜に限られるうえ、サービスエリアもリッチモンドやチャイナタウンなど一部地域に限定されるという不便もある。

 とはいえクルーズは乗客に料金を請求できる営業許可も申請中といわれ、ひょっとしたらウェイモより先に、サンフランシスコでの営業運転をスタートさせるかもしれない。

 無人サービス開始と同時にクルーズは、ソフトバンクから新たな1500億円の資金も得た。今後のさらなる技術開発が加速しそうだ。

次ページは : ■「日本車王国」が危ない! 大きな転換期に入った東南アジアのEV生産

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ