EV界の野獣解放!! ツインモーターAWD 日産リーフNISMO RCの驚愕度

 2018年11月30日、東京・銀座にあるブランド発進拠点「NISSAN CROSSING」にて電撃的に発表された新型EVレーシングカー、「リーフNISMO RC」。

 その発表会翌日、まさにNISMOフェスティバルの開催を翌日に控えた12月1日、富士スピードウェイにてメディア向けのリーフNISMO RCの試乗会が行われるというので、ベストカーWeb小野が喜び勇んで参加してきた。

 はたして、リーフNISMO RCはどんなクルマだったのか? 市販されるのか? 直撃レポートをお届けしよう!

文/ベストカーWeb編集部・小野正樹
写真/佐藤正勝


■市販車リーフと似ているが中身はまったくの別モノ!

リーフを2ドアクーペのスポーツカーにしたような流麗なフォルム。全長4546×全幅1942×全高1212mm、ホイールベースは2750mm。タイヤサイズは前後235/40ZR18

 このNISMO RCは初代リーフをベースに作られた初代NISMOリーフRCに続く2代目で、現行リーフをイメージさせるスタイリングだ。

 実際に見ると、現行リーフよりもアグレッシブな流線型のフォルムになっており、量産リーフよりも数段カッコいい。

 ボディサイズは全長4546×全幅1942×全高1212mmと、先代NISMO RCに比べ、全長が100mm、ホイールベースが150mm延長され、ワイドかつ低重心なスタイリングが特徴。

先代リーフNISMO RCは全長4446×全幅1942×全高1212mm、ホイールベース:2600mm。車重は920kg 。1モーターで 最高出力は100kW(136ps)、最大トルクは280Nm(28.6kgm)

■ツインモーターAWDで0→100km/hはわずか3.4秒!

 パワートレインは先代から大幅に変更。先代リーフNISMO RCはモーター、バッテリー、インバーターといったパワートレインの主要要素をキャビン後方に配置して後輪を駆動するMRレイアウトを採用していたが、新型リーフNISMO RCは最高出力120kW(163ps)/320Nm(32.6kgm)を発生するモーターをキャビン前方にも追加し、計2つのモーターを搭載している点が大きなポイント。

 バッテリー容量は今回明らかにされなかったが、先代リーフNISMO RC(24kW)の約2.5倍の容量だという。

 前後輪の駆動力配分はVCM(Vehicle Control Module)で可変制御する。現状で選択可能な前後駆動力配分は、SPEC1の240kW、前後駆動力配分50:50(120kW+120kW)の加速重視型と、SPEC2の220KWで前後駆動力配分45:55(100kW+120kW)のコーナリング重視型の2つだが、もちろん自在に制御を変えることが可能だ。

 やはり、なんといっても驚くのは車体構造だ。カーボンファイバー製(CFRP製)のモノコックボディにCFRPで補強したスチール製ロールケージを装着し、先代リーフNISMO RCに比べ約25%軽量化され、車重はわずか1220kg。

フルカーボン製モノコックボディの3ピース構造。車重は1220kg

 サスペンション&ダンバーは、F1をはじめとする多くのレーシングカーが採用するプッシュロッド式ダブルウィッシュボーンを前後に採用。

 まさに作りは本物のレーシングカーだが、公表されているデータを見るとその実力を裏付けるデータが出ている。0→100km/h加速は、先代リーフNISMO RCの6.9秒から3.4秒に短縮。最高速度は150km/hから220km/hと、段違いのパフォーマンスをみせる。

 袖ヶ浦フォレストレースウェイのラップタイムは、先代NISMO RC(BS製スポーツタイヤ)が1分15秒86、新型リーフNISMO RC(ミシュラン製スポーツタイヤ)が1分10秒34と、5秒以上タイムアップしたというから驚き。ちなみにスリックタイヤでの同サーキットのラップタイムは1分08秒18で、同サーキットのコースレコードを達成したという。

フロントカウルを外した状態。東レ・カーボンマジックのロゴが見える

F1と同じ前後プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン

■リーフNISMO RCの走りはまさに電動カート!

 リーフNISMO RCのマシン解説はこのあたりにして、試乗した印象をお伝えしよう。

 試乗したのは、富士スピードウェイのドリフトコース。パイロンで仕切られた1周1kmほどのコースだった。

 ようやく目の前に現れた新型リーフNISMO RCのコクピットに座ろうと、カーボン製のサイドシルを跨ぎ、バケットシートにお尻をいれようとするが、きつくて狭い! やっとのことで乗り込むことができた。

 すでにモーターが起動していたので、ステアリング左側にあるR−N−Dというギアボックスを選択するダイヤルをNからDに切り替えてから、いざスタート。

緊張しながら乗りこむ担当。だが乗り込むと思いのほかシートがきつかった……

 アクセルの反応を確かめようと、おそるおそる踏み込んでみる。そっと踏み込んだだけでもダイレクトに反応。

 感触を確かめながら、今度は強く踏み込んでみた。ウィーンという大きな音をさせながら背中を押されるような加速フィールだ。室内ではそれほど音が大きく聞こえないが、外で聞くと市販車よりも5倍くらい大きいインバーターとモーターの音を響かせながら加速していく姿はいかにもレーシングカーらしい。

 100mほどの直線でフル加速した時には、思わず「おおおっ〜」という声を挙げてしまった。さすが、レーシングカー、前後のピッチが乱れることはなく挙動は安定していた。ステアリングは遊びがほとんどない状態で、ダイレクトでクィックに反応。もちろんパワステなので、普通のクルマと同じように軽い。

回生ブレーキはほとんど効いていないように感じた

 回生ブレーキはフル加速状態からアクセルを離しても、あまり回生が効いているとは感じられなかった。ちょっとヒヤヒヤだったのは、装着されているタイヤがスリックタイヤではなく、ミシュラン・パイロットスポーツだったので、ちょっと気を抜くと滑りそうになること。

 実際、前走者がスピンしたのを見ていたので、控え目に走っていたのだが、それでも充分おもしろかった。とにかく軽くて速い! 0→100km/hは3.4秒だから、スリックタイヤで富士スピードウェイの本コースで走らせれば、相当速いだろう。

リアのカウルを開けた状態、奥にバッテリーを搭載し、手前にインバーター、モーターがあり、その下にギアボックスがある

ステアリングとディスプレイ、ダッシュボード中央にタブレットを配置

左下のギアボックスのステアリングスイッチ、N-R-DをDにすると走行可能。ほかのスイッチは切り替えることはできなかった

レーシングカーのわりにはキャビンは広く窮屈な感じはしなかった

 リーフNISMO RCはレーシングドライバーから見て、凄いクルマなのか? 開発テストドライバーを務めた松田次生選手にリーフNISMO RCについて聞いてみた。

開発テストドライバーを務めた松田次生選手

「新型リーフNISMO RCはハンドルやアクセル、挙動はレーシングカーとまったく同じですね。回生は何段階にも調整できますが、レーシングカーなのでギクシャク感がでないようにマイルドにセットアップしています。現状はあまり回生が効いていない状態です。

 回生は凄く効く状態から、弱い状態のものまでいろいろ試しましたが、ある程度転がってくれないとコーナリング性能がよくならないので、やはりタイムを出すために乗りやすい状態にしています。

 加速も何段階に調整できます。スリックタイヤを履くと、フロントとリアが同時にホイールスピンするくらいおもしろいクルマです。

 リーフNISMO RCをほかのクルマに例えるとすれば、クイックな電動カートに近いかもしれませんね。自分用のクルマとしてぜひ欲しいです」とのこと。

■リーフNISMO RCの発売予定はなし!

 ではこのリーフNISMO RCはいつ市販されるのだろうか? NISMO代表取締役兼最高執行責任者( COO)を務める松村基宏氏に直撃した。

NISMO代表取締役兼最高執行責任者( COO)を務める松村基宏氏

「リーフNISMO RCの市販化の予定はいまのところありません。フォーミュラE選手権のほか、世界各国で行われる主要モーターショーやイベントで展示する予定です。6台作りましたが、2台は日本、2台は北米、2台は欧州に置いて世界各国で活用していきます」

 実にもったいない! ではレースに出る予定もないのか、さらに聞いてみた。

「電気自動車のカテゴリーはいまフォーミュラEしかありません。このリーフNISMO RCを出して、プロモーション活動をして、お客様からの反響が大きければ、ワンメイクレースにしろ、新しいカテゴリーのレースにしろ、JAFに働きかけてカテゴリーを作るという動きになれば、将来的には市販されるかもしれません。充分、その可能性はあると思います。やっておかないとダメなんで、いまやっています」。

 EVは、わからないことだらけなんですが、回生を含めて、エンジン車よりも細かくセッティングできるのではないかと思ってしまうのですが、リーフNISMO RCを一番速く走らせるには?

リア寄りにセッティングもでき、モーターをもう1つ搭載することも可能だという

「コーナリングの限界まで回生して、そのドライバーのスキルとハンドル操作を計算すると、ベストタイムが出るように作れてしまう。その操作をしないとフロントにアンダーが出ていくことになるじゃないですか。ブレーキを追加でかけるとロックしてしまうことになります。それじゃあつまらないですよね。

 FFベースの4WDだとフロントの重量が重いので、旋回性能をよくしたい場合、フロントの駆動力を抜いていかないとダメなんですが、このクルマの場合、リアが重いので有利なんですね。

 実はもう1つ大きいモーターを付けられるように設計していますので、極端にリアの駆動を上げることも、やろうと思えばできます。でもバッテリーはあまり積まないほうがいいですね。重くなると運動性能にとっていいことはないですから。

 将来的にどうなるか、現状ではなんともいえません。もしかしたら発売されるかもしれませんので期待していてください。このリーフNISMO RCに、松田選手、千代選手、高星選手が乗っていますが、みなさんに、ちょっとテクニカルだけどおもしろい、自分用に1台欲しい、とおっしゃっていただきました。レーシングドライバーにそう言っていただけるのは大変光栄です」

 う〜む、これだけ完成度が高くおもしろいクルマなのに市販はおろか、ワンメイクレースもないとは、ほんとに残念だ。

 最後にNISMO代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の片桐隆夫氏にリーフNISMO RCや今後のNISMOはどうなっていくのか、お話を伺った。

日産自動車副社長から2016年にNISMO代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した片桐隆夫氏。オーテックジャパンの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)も兼任している

「今後のNISMOの商品戦略については、細かく話すことはあまりできませんが、とにかくこれからますます力を入れていきます。2017年4月から、オーテックジャパンのなかにNISMO事業部を作り、グループのなかから、得意な人を60人ほど集めました。

 おかげさまでNISMOブランドは日本では認知していただいているのですが、グローバルではまだまだです。グローバルの認知度をさらに広めたいと思っています。

 もちろん、日本でも力を入れていきます。夢だったのが現実的にできる、紙の段階で終わっていたものが、今、技術的にいけるところまで来ています。

 通っていないモノもたくさんあります。詳しくはお話しできませんが、ハイパワーなものとか、電動化のものとか……。

 現在、予定通りに進んでいて、計画に変更はありません。今後、オーテックは国内のプレミアムスポーツとして、NISMOはピュアスポーツとして力を入れていきますので期待していてください」。

 力強いお言葉! 今後NISMOが作るクルマを期待して待ちたい!

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ