日産リーフNISMO RCの驚愕度!? EV界の野獣解放! ツインモーターAWD!


2018年11月30日、東京・銀座にあるブランド発進拠点「NISSAN CROSSING」にて電撃的に発表された新型EVレーシングカー、「リーフNISMO RC」。

その発表会翌日、まさにNISMOフェスティバルの開催を翌日に控えた12月1日、富士スピードウェイにてメディア向けのリーフNISMO RCの試乗会が行われるというので、ベストカーWeb小野が喜び勇んで参加してきた。

はたして、リーフNISMO RCはどんなクルマだったのか? 市販されるのか? 直撃レポートをお届けしよう!

文/ベストカーWeb編集部・小野正樹
写真/佐藤正勝


■市販車リーフと似ているが中身はまったくの別モノ!

リーフを2ドアクーペのスポーツカーにしたような流麗なフォルム。全長4546×全幅1942×全高1212mm、ホイールベースは2750mm。タイヤサイズは前後235/40ZR18

このNISMO RCは初代リーフをベースに作られた初代NISMOリーフRCに続く2代目で、現行リーフをイメージさせるスタイリングだ。

実際に見ると、現行リーフよりもアグレッシブな流線型のフォルムになっており、量産リーフよりも数段カッコいい。

ボディサイズは全長4546×全幅1942×全高1212mmと、先代NISMO RCに比べ、全長が100mm、ホイールベースが150mm延長され、ワイドかつ低重心なスタイリングが特徴。

先代リーフNISMO RCは全長4446×全幅1942×全高1212mm、ホイールベース:2600mm。車重は920kg 。1モーターで 最高出力は100kW(136ps)、最大トルクは280Nm(28.6kgm)

■ツインモーターAWDで0→100km/hはわずか3.4秒!

パワートレインは先代から大幅に変更。先代リーフNISMO RCはモーター、バッテリー、インバーターといったパワートレインの主要要素をキャビン後方に配置して後輪を駆動するMRレイアウトを採用していたが、新型リーフNISMO RCは最高出力120kW(163ps)/320Nm(32.6kgm)を発生するモーターをキャビン前方にも追加し、計2つのモーターを搭載している点が大きなポイント。

バッテリー容量は今回明らかにされなかったが、先代リーフNISMO RC(24kW)の約2.5倍の容量だという。

前後輪の駆動力配分はVCM(Vehicle Control Module)で可変制御する。現状で選択可能な前後駆動力配分は、SPEC1の240kW、前後駆動力配分50:50(120kW+120kW)の加速重視型と、SPEC2の220KWで前後駆動力配分45:55(100kW+120kW)のコーナリング重視型の2つだが、もちろん自在に制御を変えることが可能だ。

やはり、なんといっても驚くのは車体構造だ。カーボンファイバー製(CFRP製)のモノコックボディにCFRPで補強したスチール製ロールケージを装着し、先代リーフNISMO RCに比べ約25%軽量化され、車重はわずか1220kg。

フルカーボン製モノコックボディの3ピース構造。車重は1220kg

サスペンション&ダンバーは、F1をはじめとする多くのレーシングカーが採用するプッシュロッド式ダブルウィッシュボーンを前後に採用。

まさに作りは本物のレーシングカーだが、公表されているデータを見るとその実力を裏付けるデータが出ている。0→100km/h加速は、先代リーフNISMO RCの6.9秒から3.4秒に短縮。最高速度は150km/hから220km/hと、段違いのパフォーマンスをみせる。

袖ヶ浦フォレストレースウェイのラップタイムは、先代NISMO RC(BS製スポーツタイヤ)が1分15秒86、新型リーフNISMO RC(ミシュラン製スポーツタイヤ)が1分10秒34と、5秒以上タイムアップしたというから驚き。ちなみにスリックタイヤでの同サーキットのラップタイムは1分08秒18で、同サーキットのコースレコードを達成したという。

フロントカウルを外した状態。東レ・カーボンマジックのロゴが見える

F1と同じ前後プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン

次ページは : ■リーフNISMO RCの走りはまさに電動カート!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ