【無茶振りで燃費過当競争勃発!??】迫る新基準で軽自動車が危機に


 2019年6月3日、経済産業省と国土交通省が共同で設置した乗用車の燃費基準に関する審議会において、2030年度の新燃費基準を示した。

 なんと乗用車の平均燃費はWLTCモードで、2016年度に比べ約3割向上となる平均25.4Km/Lという。

 これは1.8Lハイブリッド車のカローラスポーツハイブリッドG・ZのWLTC燃費、25.6Km/Lに非常に近い数値だ。ということは現時点では少なくともハイブリッドじゃないと、クリアできないことになる。

 はたして、この新燃費基準は達成できるのか?  ちなみに燃費基準はメーカーは個別の車種ではなく、出荷した台数の平均で達成する必要がある。もし達成できない場合は、100万円以下の罰金が科せられることもある。

 新燃費基準が提示されたことで、終わりのない各社間の燃費競争がいっそう激しさを増すのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部 国土交通省 経済産業省


2030年度の新燃費基準は32.4%の改善、WLTCモードで平均25.4Km/L

出典/経済産業省、国土交通省

 2019年6月3日、経済産業省と国土交通省が共同で設置した「乗用車の燃費基準に関する審議会※注1」が、新たな燃費基準を示した。その内容は下記の表の通りだが、乗用車の平均燃費をWLTCモードで25.4km/Lとするものだ。

 2016年度の実績に比べると32.4%の改善になる具体例も示され、車両重量が1000Kgのコンパクトカーは、WLTCモード燃費が27.3km/L。1400Kgのセダンは24.6km/L。1800Kgのミニバンは21.1km/Lだという。

■新たな燃費基準値の概要
〇新たな燃費基準値:平均 25.4 km/L(2016年度実績比で32.4%の燃費改善)※注2

例)コンパクトカー(車両重量1000KGの場合):27.3Km/L
    セダン(車両重量1400KGの場合)    :24.6Km/L
    ミニバン(車両重量1800KGの場合)   :21.1Km/L
〇目標年度:2030年度
〇対象範囲:ガソリン自動車、ディーゼル自動車、LPG自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車(下線部は新たに対象とする種別)
〇エネルギー消費効率(燃費値)の算定方法:

 電気自動車およびプラグインハイブリッド自動車について、ガソリン自動車等と比較可能にするため、ガソリンや電力等が車両に供給されるよりも上流側のエネルギー消費効率を考慮したWell-to-Wheel(WtW)の考え方を用いて評価。

※注1:「総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会省エネルギー小委員会自動車判断基準ワーキンググループ」および「交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会自動車燃費基準小委員会」合同会議
※注2:2016年度の販売実績を踏まえて基準値を加重調和平均した値
※注3:「井戸から車輪まで」の意味。タンクに入っているガソリン等の消費だけではなくガソリン等が車両に供給される前の製造過程における消費も含めて評価すること

コンパクトカー、セダン、ミニバン各カテゴリーの新燃費基準は達成可能?

1400kgのセダンがWLTCモード燃費24.6km/L(JC08モードなら約29km/L) というのは、インサイトが25.6Km/Lということを考えると、かなりハードルが高そうだ

 現時点でWLTCモード燃費を表示している車種は少ないが、例えばデミオの場合、車両重量が1050kgの1.5Lガソリンエンジンを積んだ15CはWLTCモード燃費が19Km/Lにとどまる。

 WLTCモード燃費の数値がJC08モードの85%前後になることから考えると、コンパクトカーの場合、JC08モード燃費に換算して、約32Km/Lの燃費数値が求められるだろう。

 フィットのノーマルエンジン車ではこの燃費数値をクリアできず、JC08モード燃費が31.8~37.2km/Lとなるハイブリッドの領域に踏み込む。

 1400kgのセダンが24.6km/L(JC08モードなら約29km/L)というのも、ハードルがかなり高そうだ。ハイブリッドセダンのインサイトは、車両重量が1390kgで、WLTCモード燃費は25.6km/Lになる。

 セダンではなく5ドアハッチバックだが、カローラスポーツハイブリッドG・Zも、車両重量が1400Kgで、WLTCモード燃費は25.6km/Lだ。

 つまり車両重量1400kgのセダンが、基準基準値の24.6km/Lをクリアするには、ハイブリッドやクリーンディーゼルターボであることが求められる。

 車両重量1800kgのミニバンが21.1km/Lというのはどうか。ステップワゴンハイブリッドにはWLTCモード燃費が表記され、スパーダハイブリッドGホンダセンシングの車両重量は1790kgで、WLTCモード燃費は20km/Lだ。

 ミニバンのなかでも特に燃費効率の優れたステップワゴンハイブリッドが、求められている21.1km/Lに達していない。これも相当にハードルが高い。

 この新しい燃費基準値は、2030年度を目標年度としており、今後は電気自動車や充電可能なプラグインハイブリッドも燃費基準の規制対象に加えるという。

次ページは : EV、PHVの新車販売の比率を2030年に20~30%に引き上げる計画は無謀?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ