マツダ、スバルはなぜ年次改良が早いのか??クルマ業界の謎に迫る

 毎年1回、1年ごとに行う一部改良のことを年次改良と呼ばれている。いったい、年次改良はなぜ行われるのか?

 年次改良前に購入したオーナーはメーカーに文句を言わないのか?ほんとに地球人ってわからないことだらけだ。


 宇宙人が不思議に思うのはわかる。○(担)もスバル車は年次改良しているのはわかっていたものの、昨年のレヴォーグにはびっくらこいた。

 だって’14年6月に発売開始してから約10カ月後の’15年4月16日に年次改良を行ったからだ。GTグレードに試乗してみると足回りの印象が激変。GTグレードはKYB製ダンパーが装着されているがフリクションが最適化されて微少なストロークでもよく動き、路面の凸凹を乗り越えた時の振動が抑えられていて乗り心地がよくなっていたのだ。

 スバル以外で年次改良を行っているメーカー&車種は、レクサス全車、マツダ、日産のGT-R、フェアレディZ、ノート、エクストレイルとNMKVのデイズ&ルークスなどだが、それ以外のメーカーは年次改良という1年ごとに決まって改良を行うということではなく、適切な時期を判断して改良するという。

 CX-5、アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3と毎年改良を加えているマツダ。なかでもCX-3は、発売約10カ月後の昨年12月に一部改良を行った。この一部改良では、初期操舵のコントロール性がよくなり、アクセルレスポンスもダイレクトに反応、乗り心地まで改善されていたから、これまたビックリ。

 なぜこんなに早く改良するのか?年次改良はどのような考えで行っているのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ