【最大の敵は己にあり!?】 鳴り物入りで登場したけど、最近冴えないクルマたち

 各メーカーが鳴り物入りで登場させたクルマたち。しかし、そんなクルマのなかで最近売れ行きが冴えないクルマが……。発表当時は、多くの自動車媒体に取り上げられたし、現在も知名度は低くはずなのに、いったいどうしたものか!?

 注目度が高かっただけに、そんな冴えない状況が目立ってしまうもの。今回は、そんな冴えないクルマから4台をピックアップ。渡辺陽一郎氏にその要因について迫ってもらった。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部


【画像ギャラリー】最近冴えないクルマたちの詳細写真

■個性派ならではの悩みに直面|トヨタ C-HR

価格帯:229万~279万9600円。1.8Lハイブリッド(FF)、1.2Lターボ(FF/4WD)

 C-HRの1カ月の登録台数は、平均して5000台少々で推移している。ヴェゼルやアルファードと同等で、今の日本車のなかでは堅調に売れている部類だが、最近は冴えないと感じさせる。

 その理由は、発売直後の2017年が絶好調に売れたからだ。2017年1~6月の登録台数は、1カ月平均で1万3200台に達した。小型/普通車市場の販売ランキング順位も、プリウスとノートに次ぐ3位であった。

 ところが今の売れ行きは2年前の約40%で、小型/普通車市場の販売ランキング順位も2019年1~6月は15位だから、冴えないと感じさせるのだ。

 C-HRの売れ行きが急落した原因は、クルマの性格によるところが大きい。外観に特徴があり、ユーザーの購買意欲を強く刺激する。こういったタイプは、クルマ好きが多く購入するから、愛車の車検期間が長く残っていても構わずに乗り替える。

 その結果、発売直後に売れ行きが急増して、この後は反動もあって対前年比が大きく下がるのだ。2019年に入ると、同じトヨタからRAV4も発売されたから、C-HRはユーザーをさらに奪われた。

 C-HRは外観が際立っていたから話題性も高く、いわゆる鳴物入りで発売された。こういったクルマの人気は、熱しやすく冷めやすい。どの車種でも、発売から時間が経過すると売れ行きを下げるが、C-HRは特に顕著だ。

(編集部注…C-HR苦戦の裏にはRAV4躍進がある、という記事はこちら

■ディーゼルにこだわりすぎた|マツダ CX-3

価格帯:212万7600~309万4480円。2Lガソリン(FF/4WD)、1.8Lディーゼルターボ(FF/4WD)

 CX-3は2015年に発売され、同年の登録台数は1カ月平均で約3000台だった。CX-5は約2300台だからCX-3が上まわったが、2016年に入ると、設計の古いCX-5を下まわるようになった。

 CX-3の売れ行きが伸び悩んだ理由は、割高な価格設定だ。発売当初のCX-3は1.5Lクリーンディーゼルターボのみを搭載したが、価格は当時販売されていた先代CX-5の2.2Lクリーンディーゼルターボと比べて、30万円少々しか安くない。排気量の違いも踏まえると、実質的な価格差は20万円程度だった。

 しかもCX-5は新型のCX-3に比べて値引きが多かったから、購入時の出費にはほとんど差が付かなくなってしまう。後席と荷室はCX-5が圧倒的に広く、動力性能も高いため、車内と荷室が狭くエンジン排気量の小さなCX-3は明らかに割高だった。

 このあと、CX-3は2Lのガソリンエンジンを割安な価格で投入したが、遅きに失した印象が強く、今の1カ月の登録台数は1000台前後だ。CX-5は新型になったとはいえ、3000台前後を登録しているから、CX-3はコンパクトSUVの割に販売が低迷している。

■販売力がもう少し欲しい|三菱 エクリプスクロス

価格帯:253万9080~340万3080円。1.5Lガソリンターボ(FF/4WD)、2.2Lディーゼルターボ(4WD)

 エクリプスクロスは2018年に発売され、2019年1~6月の登録台数は、1カ月平均で約770台であった。共通のプラットフォームを使うアウトランダーが1カ月平均で620台、RVRも84台登録されており、売れ行きがSUV同士で分散された事情もある。

 また三菱の店舗数は今では600箇所弱まで減っており、スバルの次に少ない。トヨタの4900店舗に比べると12%だ。エクリプスクロスの商品力は相応に高いが、販売ネットワークが乏しいこともあって売れ行きも伸び悩んでいる。

 今はSUVが人気のカテゴリーになっているので、三菱はもう少しSUVメーカーとしてのイメージアップを図りたい。そうすればデリカD:5なども含めて、三菱車全般の売れ行きが好転するだろう。

■スポーツカーの典型的な例|トヨタ 86

価格帯:262万3320~496万8000円。2L自然吸気(FR)

 昔からスポーツカーは、人気動向が熱しやすく冷めやすかった。クルマ好きが購入するカテゴリーの代表だから「欲しい!」と思えば即座に買う。売れ行きが一気に伸びて、その後は大幅に下がるのだ。

 この傾向は前述のC-HRにも見られるが、スポーツカーはさらにハッキリしている。

 最近はスポーツカーの車種数が減ったが、例えば86は、2012年に発売された直後の半年間ほどは、1カ月に3000台前後を登録していた。当時のヴェルファイアなどと同等だ。

 2012年頃は、スポーツカーの市場はすでに縮小してされ、3代目の先代ロードスターは1カ月平均の登録台数が70~100台だった。これに比べると86の売れ行きは驚異的であった。

 姉妹車のBRZは500台前後だから86の17%だったが、一概に低調ともいえない。86はトヨタ系販売店の全店が扱うから、全国の販売網は4900店舗に達したが、スバルは全国で500店舗以下だ。販売網は10%だから、登録台数が86の17%なら、1店舗当たりの平均登録台数はBRZのほうが多かった。

 86の売れ行きは、熱しやすく冷めやすいスポーツカーの典型で、2013年には800~1000台前後に下がった。BRZは300台前後だから、依然として1店舗当たりの登録台数は86を上まわった。

 そして2019年の86は400~500台、BRZは100~150台だ。登録台数は少ないが、下げ止まりの状態になり、発売から7年以上を経過しながら堅実に売れている。

 トヨタの販売店では「発売当初に比べると新規のお客様は減ったが、86を何台も乗り替える方が多い」という。こういったユーザーは点検も確実に行ってパーツを装着することも多いため、登録台数が減っても販売店のメリットは多い。86はまだスポーツカーとしては成功した部類に入るだろう。

【画像ギャラリー】最近冴えないクルマたちの詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ