さらばG-BOOK!! 先進的カーナビの終焉は呆気ないものだった

G-BOOKサービス終了!! せっかくの高額オプション付きの愛車の価値が急落!!

 IoTにおける進化の早さは当然のことながらクルマで活用される「テレマティクスサービス」へも大きな影響をもたらす。その進化には驚くばかりだが、その一方で静かに終了したサービスも存在する。

 その中でもひそかに大打撃となっているのが「G-BOOK」サービスの終了だ。20年間先進的なテレマティックスサービスをけん引してきたが、設備の老朽化によりサービスが終了となった。

 これによって愛車の機能の一部が使えなくなってしまった筆者の実体験と悲哀、そして中古車への影響も考えてみた。

文/高山正寛、写真/高山正寛、トヨタ、ホンダ

【画像ギャラリー】サヨナラなんて言えないよ……G-BOOKがサービス終了!! 搭載車の機能はどうなる!?(6枚)画像ギャラリー

■それは1枚のハガキから始まった

自宅に届いたハガキ。トータルで3回送られてきた。この辺の手厚いフォローはさすがトヨタだ

 筆者の愛車はトヨタ・プリウスPHVの旧型(ZVW35型)である。購入からこれまで約3万キロを走り、EVモードも併用することで生涯燃費は29.2km/Lと非常に満足している。

 そして満足度を上げたもうひとつの理由は(購入の決め手になった)トヨタのテレマティクスサービスである「G-BOOK」を搭載した純正カーナビが搭載されていたからだ。

 使える機能に関しては後述するが、出先からでも車両へのアクセスが可能など、2013年式の車両としては先進性の部分でも満足できるものだった。

 長く乗りたい、と思っていた2021年2月のことだった。自宅に1枚のハガキが届いた。

 表面に「重要」と書かれた文字を見て嫌な予感はした。もちろんその脇にも書かれてはいたが、それは的中した。

 「2022年3月31日をもちましてG-BOOKサービスは終了となります」

 ああ、やはり来たか……。いつかは来ることだけど、もう少し頑張ってサービス継続して欲しかったな、そんな事を考えながら最後の日までサービスを使い倒そうと思った。

■終了の理由は老朽化によるもの

購入した頃のG-BOOK対応純正HDDナビゲーションシステム。現在でも通信さえ繋がれば十分現役だ

 送られてきたハガキにも書かれていたが、サービス終了の理由は、

 ・システムの老朽化
 ・サービスの施設管理が困難になった

 この2つがメインのようだ。

 上記の理由はかなりざっくりとしたものだが、大きな原因は通信をつかさどる通信モジュール「DCM」にある。

 G-BOOK自体は2002年からサービスを開始しているが「DCM」は基本au(KDDI)の通信網を使っている。

 ただこの通信網、当時の“3G”を使っており、KDDI(沖縄セルラーも含む)がサービスを終了することで、G-BOOKやレクサスの「G-Link」の一部車種(2016年以前のモデル)もサービスを終えることになったことが大きな理由だ。

 それでも実際使っていた身としては通信速度の遅さで不便を感じたことはないし、よく20年近くサービスを継続してくれたな、という感謝の部分もある。

 そして運命の日はやってきた……。

■正直ダメージがデカすぎる(泣)

 3月31日の夜に最後の別れ(通信接続)を行い一度就寝。そして翌日の午後にカーナビ(G-BOOK)にアクセスしてみた。

 最初に言っておくとカーナビ自体はこれまで同様に使える。ただ厳しい言い方をすれば「ただのカーナビ」である。

 G-BOOKサービスは終了したことで使えなくなった機能は以下の通り(全てではない)。

 ・プローブ情報を活用して渋滞回避も含めより緻密なルートを計算できる「Gルート探索」
 ・地図(部分)更新が行える「マップオンデマンド」
 ・オペレーターサービス
 ・充電ステーション探索
 ・ヘルプネット

 この他にも写真にあるように「G」マークのあるサービスは基本すべて使えなくなってしまった。

 ただ「マップオンデマンド」に関しては通信では更新できなくなったが、ネット経由(ディーラーでも可能)で地図更新DVDを注文すれば可能だ(2000円:税込/送料/メディア代含む/代引き)。

 ちなみに筆者はG-BOOKサービス終了が確定した後、わざわざディーラーで「地図更新サービス」を申し込んだ。ゆえにサービス期間は2023年6月まで残っているのだ。だからこそカーナビの命とも言える「地図更新」にはこだわっている。

 この他にも情報サービスとして「高速道路の渋滞情報と予測」機能やCDからHDDに音楽をリッピング(保存)したあと、楽曲データを記録できる「Gracenote(グレースノート)」も元々HDDにデータが入っていない新譜などには対応しなくなっている。

 ここまでであれば正直「耐えて使ってもいい」と思っていた。しかし最後の最後に「これは厳しい~」と思わせる事象が発生したのである(大げさ)。

次ページは : ■PHVだからこその機能が使えなくなった

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ