後悔先に立たず 新車購入時にケチらずに付けときゃよかったメーカーオプション


 新車を購入する時、なるべく出費を抑えようと思うあまり、本来付けたかったメーカーオプションをケチって付けず、後々になって、やっぱり付ければよかったと、後悔したことはないだろうか?

 そこで、メーカーオプションはどんなものがあるのか? 人気車の人気のメーカーオプションとともに、後悔しないための新車購入時に付けるべきお薦めメーカーオプションを紹介しよう。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】人気モデル7車の人気のメーカーオプションTOP3


メーカーオプションとディーラーオプションの違い

ルーフレールはフィットクロスターやスバルXV、フォレスターなどのクロスオーバーSUVでもメーカーオプションになっている。シャークフィンアンテナも含め、付けておけばよかったと思っても後のまつり

 本題に入る前に、メーカーオプションとディーラーオプションとの違いについて説明しておきたい。

 メーカーオプションというのは、メーカーの生産過程で取り付けるオプションのこと。

 つまり、新車が完成し、ディーラーに届いた状態では取り付けることのできないオプションだ。代表的なものに、サンルーフやルーフレール、本革シート、そして衝突軽減ブレーキなどの先進安全装備などがある。

 こうしたメーカーオプションに対して、販売店で取り付けるオプションがディーラーオプションだ。

 メーカーオプションとは違い、後からいくらでも取り付けられる。代表的なものとしてはフロアマットやドアバイザー、コーナーポールなどがある。

 ちなみにナビゲーションシステムに関してはメーカーオプションのほかにも、ディーラーオプションでも選べるものがあるが、Tコネクトやホンダコネクトなど通信系ナビとして使いたいならメーカーオプションのナビがお薦めだ。

ケチらずに付けておきたいお薦めメーカーオプション

 さて、ここからは新車をオーダーする際に、ケチらずに付けておきたいメーカーオプションを挙げてみたい。新車が手元に来てから、「付けておけばよかった」と後悔しないためにも、慎重に検討してほしい。

 なお、別項の画像ギャラリーに、人気7モデルの人気のメーカーオプションTOP3を紹介しているので見てほしい。

【画像ギャラリー】人気モデル7車の人気のメーカーオプションTOP3

次ページは : LEDヘッドライト

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ