電動アシスト付きベビーカーは歩道を走るべき? 車道を走るべき? 【クルマの達人になる】

 ベストカーの国沢光宏氏の連載『クルマの達人になる』。保育園などが採用する多人数乗車型の電動アシスト付きベビーカーが軽車両になる、という発表が経済産業省からなされた。

 軽車両となれば原則として車道を通行する義務が発生するが……。国沢氏の徹底分析をお届けしよう。

文:国沢光宏/写真:Shutter stock
ベストカー2017年10月26日号『クルマの達人になる』


■電動アシスト付きベビーカーは人力車と同じ!?

 経産省は「大型の電動アシスト付きベビーカーを輸入した場合、人力車と同じ軽車両になるため歩道でなく車道を通行のこと」というお触れを出した。乳幼児を預かる保育所は激務である。坂の多い地域で多人数乗車のベビーカーを押すのって辛い。電動アシストが付いていれば、どんなに便利なことだろう。そいつを「販売するなら車道だぞ」とブッタ切ったワケ。

 ちなみに日本にも電動補助付きの大型ベビーカーは存在していたが、現在販売を取りやめてしまった。なぜか? 平成27年に経産省が見解を出し「歩道を通行できる電動アシスト付きベビーカーのサイズは、それぞれ長さ120cm、幅70cm、高さ109cm以内に限る。このサイズを超えたら軽車両」としたのだ。当時販売していた日本製の電動アシスト付き大型ベビーカーは幅が78cmあり、軽車両になってしまうから絶版としたそう。

 ちなみにこのメーカーの電動アシスト付きベビーカーは現在も稼働中。経産省の発表により、車道を通行しなければならない。

 本来、ベビーカーであればサイズに拘わらず歩道を通行できるハズ。今回の経産省の発表で皆さん不安になったのは「規格より大きいサイズになるとベビーカーでなく人力車になる」という判断。人力車の場合、電動アシストなど関係なく軽車両だ。経産省の発表を見ると、このあたりがまったく書かれていない。明らかな説明不足。ということをネットのニュースで書いたら、どう判断したらいいか、カオスになった。明確な基準がないのだ。

■警察庁からの回答はいかに?

 そこで経産省や国交省に問い合わせたところ両省ともに「ベビーカーになるかどうか決めたのは警察庁です。歩道を通行できるかどうかの判断も警察庁」という。それじゃってんで警察庁の広報に問い合わせてみたら「フリーランスの質問には答えない。メディアを通じてFAXで質問をして欲しい。回答は最短でも一週間程度かかる」。乳幼児を預かる現場は迷っているのに一週間以上かかるとな!

 やむをえず質問状を作っていたら、警察庁がNHKに対し、手押しのベビーカーについての見解を回答した。内容見てビックリ! 私の聞きたいことです。引用すると「手押しのものは大きさに拘わらず、すべて歩行者と同じ扱いとなり、歩道を通行できる」。つまりベビーカーであれば70cmより幅広くてもOKという判断。また、すでに使われている電動アシスト付き大型ベビーカーも手で押さないと動かないため、歩行者と同じ扱いになるということ。これなら安心。

 さて。文頭に戻ります。輸入しようとしている電動アシスト付きベビーカーが、押さないと動かないタイプなら、幅広くても歩行者扱いになるということでもある。現在、日本では電動アシスト付きの大型ベビーカーを売っていない。現場での労力低減のため、ぜひともオシャレで安全なベビーカーを日本でも運用できるようにして欲しいと思う。経産省も幅70㎝までなら歩行者として認めるといってるが、幅狭いと安定性悪く危険です。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ