発表もしたのに!! 買う人多そうなのに!! 市販化されなかった悲劇の開発中止車たち

 開発は進んでいたのに、そのまま市場に出ることがなく終わってしまったある種の悲劇なクルマたちは多い。

 その背景には生産にあたって技術的な困難があったり、不況など情勢的な変化もある。惜しいことに名車になりそうなクルマも消えていってしまった。

 今回は惜しまれながらも市場に出回ることなく消えていった名車の数々をご紹介しよう。

文/写真:ベストカー編集部


■採算がとれそうなのに登場しないレンジローバーSVクーペ

「こんなクルマが市販されるなんて!!」と思ってワクワクしたレンジローバーSVクーペ。

 2018年のジュネーブショーで発表された、世界初のフルサイズ・ラグジュアリーSUVクーペだ。

レンジローバーを2ドアにしただけではなく、各部のパーツを再設計している。絶妙なバランスで構成されていただけに、非常に楽しみだったのだが……

 長大なドアが目立つ優雅なボディは、ボンネットとテールゲートを除き、すべてが新たに製作された。

 そのボディに搭載されるエンジンは、565ps/71.3kgmを発生するパワフルな5LのV8スーパーチャージドエンジン。

 0〜100km/h加速=5.3秒、最高速は266㎞/hを達成するなど、スポーティサルーンばりの動力性能を誇る。

 その魅力的なレンジローバーSVクーペは、英国で手作業にて組み立てられ、世界限定999台、約3400万円で販売、されるはずだった。

  が、ランドローバーは2019年に入り、レンジローバーSVクーペの発売取りやめを決定した。

 その理由としてランドローバーは、限られたリソースと投資を、世界中に向けた次世代の商品群に集中するためとしている。

2ドアになろうがレンジローバーの名にふさわしくしっかり4座。3400万円の価格なら富裕層はこぞって買いそうだったが

 無限にあるわけではない開発にかかる資源および資金を、より重要なモデルに割り当てるのはメーカーとして当然の判断ともいえる。

 しかし、いちクルマ好きからすれば、魅力的なクルマが登場しないことが決定したのは残念だ(SVクーペに至っては発表までしたのに!!)。

 そんなレンジローバーSVクーペの発売とりやめを受け、ここではさまざまな事情から世に出なかったクルマを紹介する。シンミリしながら読み進めていただきたい。

■和製スーパーカーの登場はやはり現実的ではないのか?

 日本にはスーパーカーがなかなか生まれない現状がある。GT-RやNSX、そしてかつてのLFAなど存在感のあるクルマは多いが、それこそフェラーリなどのように思わず口が開いてしまうような驚愕のクルマは生まれにくい。

 しかしかつての日本には1億円を超すような、現代で言うハイパーカーの計画も多くあった。

 惜しくも実現しなかった和製スーパーカーたちを紹介しよう。

【日産R390】

 1990年代後半、日産のル・マン24時間レース参戦のために製作されたレースカーのロードゴーイングバージョンで、1997年に1台が製作・発表された。

イギリスでちゃんとナンバーを獲得したR390のロードカー(1998年型)。もちろん販売されていれば歴史に名を残したはず

 そもそもが市販前提というよりは、ホモロゲーション獲得の条件(市販車両が1台でもあること)を達成するためという出自だった。そのため実際にイギリスで登録されナンバーを取得した実績を持っている。

 全長4720×全幅2000×全高1140mmのボディに3.5LのV8、ツインターボエンジン(VRH35)を搭載する。

ちなみに1997年にもロードカーが制作されているが、前出の青い1998年モデルとはリアの形状が大きく異なる

 当時の日産の財務状況から市販はされなかったが、仮に市販されれば1億円はくだらないと噂された。しかし内装は日産市販車の部品を流用するなど、市販前提というには少し物足りなかったのも事実。

【スパッセV】

 エコカーばかりが目立った2009年の東京モーターショーに出展され、話題をさらったのがスパッセV。

スパッセには大きな夢を持った人も多いのではないだろうか。こちらのスパッセVは残念ながら市販化はされなかった

 愛知の自動車メーカー、鈴商が開発を進め、900万円ほどでの市販を考えていた。ベストカーはクローズドエリアで試乗を敢行し、そのポテンシャルの高さを実感。

 残念ながら2011年に開発はストップ。エンジンはマツダスピードアクセラの2.3L直4ターボ(264ps)、車重は850kgの軽量設計だった。

【ホンダHSV-010】

 しかし世界情勢の影響で2008年に開発の白紙化が発表された。V10エンジンはそのまま市販車に搭載されることはなかった。

 初代NSX後継としてアキュラから2010年の発売が予定されていたHSV-010。搭載を考えていたV10エンジンは550psを発生するとされていた。

まさに2代目NSXになるはずだったHSV-010。V10エンジンはF1由来のものだったはずで、そのスペシャリティは現行NSXの比ではなかったはずだ

 その後、2010年からスーパーGTに参戦したマシンにHSV-010の名が使われたものの、こちらでもエンジンはV8が使用された。

 一部関係者が言うにはプロトタイプの走りはよく、完成度も高かったというだけに、残念無念!!

【ヤマハOX99-11】

 ヤマハが当時、F1へ供給していたV12、3.5Lエンジンを公道用にデチューン(450ps/40.0kgm)して搭載するスーパースポーツ。

こちらもF1直系のエンジンを積むOX99-11。1億円を超える価格ではあるが、バブル崩壊さえなければ決して市販は不可能ではなかったはず

 1994年にデリバリー開始とされたが、バブル崩壊後という時期でもあり市販はされなかった。当時の発売予定価格は1億3000万円。

 いまでもイベントなどでそのサウンドを聞くことができる。

■庶民派スペシャルモデルも多くが開発中止に

 なにも登場せずにガッカリだったのはスーパーカーだけではない。ちょっと手を伸ばせば買えそうな”庶民派スペシャル”なクルマたちも多いのだ。

 経済情勢が理由だったり、衝突安全性が原因だったりといろいろと制約が多いのだが、いまの時代にこそこのようなクルマたちが必要です!!

【ダイハツ シャレード デ・トマソ 926R】

 グループBのホモロゲーションに合致させ、1984年に登場したラリー用ベース車「926ターボ」。

 その926ターボのエンジンをDOHC化し、ミドに横置きしたモデルがこの926Rで、1985年の東京モーターショーに出展。

 ワイドなリアフェンダーを持つスポーティなルックスから市販化を望む声は多く、実際にメディア向けの試乗会も実施され好評を得たが、生産に移されることはなかった。

 実現していれば国産のホットハッチとして、今でも伝説になっていたに違いない。

【トヨタS-FR】

  2015年の東京モーターショーで発表された、86の下に位置するコンパクトFRスポーツ。

誰もがミニ86として登場を信じていたS-FR。スープラよりも早く登場するかと思いきやまさかの開発中止に!!

 開発は進められていたが、ボディサイズから北米や欧州での安全性能の確保などが難しく、販売エリアが限定されるということで開発中止が決定された。

 小ぶりなサイズで日本で待ち望んでいたファンが多かっただけに残念。

【スバル1500】

 スバル初の乗用車で、日本初のフルモノコック構造を採用した画期的モデル。最初の試作車完成は1954年で、1.5Lの直4OHVエンジンを搭載していた。

タクシーを使った実証実験も成功したものの、当時のスバルとしては生産にあたる経費が大きすぎることもあって生産されず。まさに幻だ

 試作車は翌1955年までに20台が製作され、タクシー会社によるモニターテストも、当時の運輸省による性能テストでも優秀な成績を収めた。

 しかし生産への投資額の多さや経営的見地からの判断により、本格量産には至らなかった。

【ガライヤ】

 ASL(オートバックス・スポーツカー研究所)が開発した2シーターミドシップスポーツで、一般公開は2002年の東京オートサロン。

 800㎏の車体に204psを発生するSR20VEエンジンを搭載し、650万円での販売が予定されていたが、2005年に発売中止が決定した。

スーパーGTでも速かったもののシリーズチャンピオンを獲れなかったガライヤ。市販車登場への希望をレースで繋いだが……

 シリーズ2位を3回獲得するなどスーパーGTでの活躍も記憶に新しいガライヤ。その戦闘力は非常に高かった。

 ミドシップスポーツとしては手ごろな価格だっただけに市販されなかったのは残念だ。

【ダイハツ X-021】

 X-021は1991年の東京モーターショーで発表された本格ライトウェイトオープン。設計、開発を行ったのはレーシングマシンコンストラクターである童夢。

完成度も非常に高くそのまま市販してもいい、というレベルだったX-021。コンセプトはコペンに生かされているのかもしれないが……

 バスタブ構造のキャビン前後にアルミニウム製のスペースフレームを組み、その上にFRPボディを被せることで車重は700kgに抑えられていた。

 テストコースで試乗も行えるほど完成されていたが、バブル後の景気悪化により、計画は頓挫してしまった。

 現在はレストアされて童夢の倉庫にて余生を送っているとのこと。コンセプト自体はコペンの元祖ともいえそうなモデルだ。

【ホンダS360】

 S360は1962年の第9回東京モーターショーに、S500とともに出展された。

 全長わずか2990mmのボディに、33‌ps/2.7kgmを発生する360ccエンジンを搭載していた。

あくまでも開発時は360ccにこだわったホンダ。スパッと切ったようなリアスタイルは特徴的

 特筆すべきはこのエンジン、まだ空冷が主流であった時代に、水冷4気筒のDOHCであったことだ。当時、驚くほど高価で高精細なエンジンだったが、ホンダはこのエンジンをトラックのT360にも搭載した。

 このS360、試走会も行われ、誰もが販売されると考えていたが、翌1963年に登場したのはトラックのT360と、排気量がアップされたS500だった。

 この背景には360ccのスポーツカーが海外では売れないこと、かといって日本国内ではビジネスにならないといったホンダの苦悩が感じられる。

ホンダスポーツ500にその意志は継がれるのだが、今思えば360ccをラインナップに加えなかったことは非常にもったいない

  また特定産業振興臨時措置法案が議論されていた頃であり、T360とS500が同時期に発表されたのは商業車にもスポーツカーにも力を入れたいホンダならではだった。

 写真は2013年に公開された復元モデル。わずかに残った5枚の図面から作られた。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ