ダイハツ対スズキ 死闘の軽販売ヒートアップ!! 超接近戦をどちらが制す!? 


 かつて軽自動車の販売ナンバーワンメーカーはスズキで、暦年で見ると1973年から2006年まで34年間にわたり1位を守り続けた。

 それが2007年にダイハツが軽自動車販売1位になり、スズキは2位に後退した。この後、2014年を除くとダイハツが一貫して1位になっている。

 ところが2020年は、両社の軽自動車届け出台数が互角に近付いた。2020年1~7月における軽自動車の累計届け出台数を見ると(全国軽自動車協会連合会の速報値)、ダイハツは29万4073台、スズキは28万9746台だ。

 ダイハツが1位を守るものの、スズキとの差はわずか4327台に縮まった。

 両社とも2020年の届け出台数は、1カ月平均で4万2000台前後だから、4327台であれば8月に順位が入れ替わっても不思議はない。2020年の軽自動車販売は、スズキが1位を奪う可能性も生じている。

 例年になく激しいトップ争いを展開しているダイハツとスズキの軽自動車ナンバーワンメーカーをかけた戦いについて渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:DAIHATSU、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ダイハツとスズキが繰り広げる熾烈なトップ争い!! 2020年7月単月&2020年累計の両メーカーの軽乗用車の販売台数をチェック


ダイハツの軽自動車の不振が接戦の要因

 前年同期(2019年1~7月)の届け出台数は、ダイハツが37万6459台、スズキは35万2448台で、2万4011台の差が付いていた。

 2020年はコロナ禍の影響により、両社とも2019年に比べて届け出台数を減らしたが、スズキのマイナス18%に対してダイハツは22%と減少が大きい。

ダイハツは2019年に満を持してデビューさせたエースのタントがブレークしてくれていないのが痛い。売れてなくはないが、ライバルに対し苦戦

 そして軽自動車のカテゴリー別に見ると、ダイハツは2020年1~7月において、乗用車が24%と大幅に減った。スズキは16%の減少にとどまる。

 逆に商用バンのスズキエブリイは29%減り、ダイハツハイゼットカーゴのマイナス14%を上まわったが、トータルではダイハツの軽乗用車の不振が大きく響いた。

ダイハツとスズキは抜きつ抜かれつの大接戦を演じている

ダイハツは新型のタフトによりトップを死守

 では特に伸び悩むダイハツ車は何かといえば、まず2019年7月にフルモデルチェンジを行ったタントだ。コロナ禍の影響を受けたとはいえ、2020年1~7月の販売累計は前年同期に比べて22%少ない。

 ムーヴ+ムーヴキャンバスも26%、ミライース+ミラトコットも30%減少して、主力車種のマイナスが目立つ。

ムーヴが販売面で苦戦しているのはモデル末期という理由もあるが、ハイトワゴン軽自動車の苦悩を感じさせる

 そのいっぽうで新型車のダイハツタフトは2020年6月に5079台、7月に6300台を届け出したが、新型車だから2020年1~7月の累計台数には大きなプラス効果を与えていない。

 また2020年7月(単月)の届け出台数を見ると、ダイハツは5万2835台、スズキは4万8754台だ。

 ダイハツが多かったものの、台数の差は4081台にとどまり、仮にタフトの6300台がなければスズキよりも少なかった。

ブランニュー軽SUVとして2020年6月にデビューしたタフト。ハスラーの対抗馬と召されているが、実際のキャラクターはかなり違う

 いっぽう、ライバルメーカーのスズキは、2019年12月にフルモデルチェンジを発表したハスラーが2020年1~7月に前年よりも37%多く売れた。

 スペーシアは23%減り、ワゴンRも34%の減少だったが、ハスラーのプラスである程度は補えた。そのためにスズキのマイナスは18%で、ダイハツの22%よりも小さい。

遊びの達人グルマとして大々的アピールして登場した2代目は、ユーザーからの評判も上々で、新たなユーザーも獲得している頼りになる存在だ

 そこでダイハツが販売不振に陥った理由を販売店に尋ねた。

「売れ行きが伸び悩んだとすれば、コロナ禍の影響が大きい。またタントは先代型が好調に売れて、新型に乗り替えるお客様がいまひとつ増えていない面もある。それから最近はロッキーやトールなどの小型車にも力を入れており、軽自動車の売れ行きが少し影響を受けている」。

次ページは : 軽自動車と1L以下の小型車の微妙な関係

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ