「宇宙からの侵略者」にマイケル・ジャクソンまで! 俺たちをザワつかせたバイクの名(迷)コピー【スズキ編】

「宇宙からの侵略者」にマイケル・ジャクソンまで! 俺たちをザワつかせたバイクの名(迷)コピー【スズキ編】

クルマの広告に数々の有名コピーがあるように、バイクにも数多の名作&迷作コピーが存在する。これを厳選して国産4メーカー別にお届けしよう。まず第1弾はスズキ。数々の個性的なバイクをリリースするだけに、独特なコピーも多い!

文/沼尾宏明


【画像ギャラリー】耕運機ハンドルの750刀ほか貴重なカタログ、車両詳細も見てみる!(6枚)画像ギャラリー

「Space Invader」(GSX1100Sカタナ)

 まずはスズキを代表する一作、GSX1100Sカタナから。1981年に海外で発売されたカタナは、日本刀をイメージした鮮烈なデザインと優れた走りで大ヒット。その人気は根強く、2019年に新型のKATANAが登場するに至った。

 さぞ名コピーが採用されているに違いないと思いきや、当時の欧州向けカタログには「Space Invader」の文字が!

「日本刀」というシブいモチーフのカタナなのに、ちょっとユニーク路線の「スペースインベーダー」(宇宙から侵略者)のキャッチが。車体色が銀色で宇宙船チックだからなのか?
「日本刀」というシブいモチーフのカタナなのに、ちょっとユニーク路線の「スペースインベーダー」(宇宙から侵略者)のキャッチが。車体色が銀色で宇宙船チックだからなのか?

 1977年に映画『スターウォーズ』が公開され、1980年には第2作も上映されるなど、当時は宇宙系SFが大流行。日本ではビデオゲーム「スペースインベーダー」がブームだったのはオジサンならご存じのとおりだ(入手できなかったが、欧州ではゲームのインベーダーらしき背景を使った広告もある)。

 こうした世相に加え、現代の目から見ても革新的なデザインのカタナだけに「宇宙からの侵略者」が相応しかったのかも?

 ちなみに1982年、日本ではスケールダウンした750版が登場するわけだが、こちらのカタログには「”KATANA” in Japan」のコピーが踊る。750は日本の法規制のため、スクリーンレスとなり、セパハンではなく、俗に言う「耕耘機ハンドル」に変更。オリジナルのデザインがスポイルされた形となっており、750のコピーは個人的には少々“皮肉”に聞こえてしまう……。

「地球にのるならバンバン」(バンバンシリーズ)

 四輪バギーのような極太タイヤとミニマムな車体がカワイイ「バンバン」シリーズは1971年8月に初登場。ホンダのモンキーらと同様に人気を博したレジャーバイクだ。90ccを皮切りに、72年に50ccと125cc、73年に75cc版がリリースされた。これまた2002年に現代版のバンバン200がデビューしている(現在は絶版)。

 キャッチコピーは「地球にのるならバンバン」。正直、意味不明だが(笑)、壮大! 車名の由来が「どこでもバンバン走れる」だけに、地球のどこにでも行けそうな雰囲気だ。

新しいレジャーバイクとして開発されたバンバン。レクタングルタイヤという小径&極太タイヤを新設計。シリーズ全車ともマニュアルの空冷2ストローク単気筒を搭載し、パワフルだった
新しいレジャーバイクとして開発されたバンバン。レクタングルタイヤという小径&極太タイヤを新設計。シリーズ全車ともマニュアルの空冷2ストローク単気筒を搭載し、パワフルだった

 初代90は前後タイヤとも幅170mmで、他モデルも後輪は170サイズとボリューム満点。路面に応じて空気圧を調整できるようフレーム内にエアポンプを備え、ゴルフ場や建設現場、農村など業務用としても重宝されたのだ。

次ページは : 「愛はメッセージ。」(ラブ)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ