かゆみ、くしゃみが止まらない人必見!! 車内に潜む、ダニ、カビ徹底除去

かゆみ、くしゃみが止まらない人必見!! 車内に潜む、ダニ、カビ徹底除去

 シートに座った瞬間、エアコンを作動した瞬間、くしゃみが止まらなくなったり、目が充血したり、体のどこかがかゆくなったりしたことはないだろうか? その原因は車内のカビやダニが原因の可能性大。かゆみ、鼻炎などは序の口。少し大袈裟に聞こえるかもしれないが、室内の汚れはもっともっと深刻な健康被害をもたらす危険もあるのだ。

 つい手を抜きがちな車内清掃。しかし、快適に運転をするうえでは、ボディをピカピカにすることよりも、車内を清潔にすることに意識を向けることのほうが賢明なのだ。

文/室井 圭、写真/写真AC

【画像ギャラリー】怖~いダニ、カビをガッツリ除去する方法をチェック!(19枚)画像ギャラリー

汚い車内にはダニ、カビが大繁殖

かゆみ、くしゃみが止まらない人必見!! 車内に潜む、ダニ、カビ徹底除去
シートの隙間は最大の汚染地帯! 食べカス、フケ、垢、髪の毛など、ダニの大好物がぎっしりと詰まっている

 車内の掃除というとダッシュボードを拭いたり、フロアマットのごみを叩き落としたりと、目につくところだけをきれいにして終わりという人が多いのではないだろうか? しかし、それでは身体に害を及ぼす有害物質の温床となってしまう。特に、食べ物のカス、髪の毛、垢などは細かい部分に溜まっているため、掃除をしているつもりでも残りがちだ。また、クルマは密封性が高いことから湿気も溜まりやすい。

 では、湿気、食べ物のカス、ほこりだらけの車内で過ごすことで身体にはどのような害がもたらされるのだろうか?

■ダニ
 ダニの餌となる人間のフケや垢、髪の毛、食べカスが狭い空間に凝縮されている車内はダニの絶好の繁殖場所だ。さらに、ダニは湿気のある場所を好むため、雨や雪で濡れたシートやフロアマットをそのままにしておくとダニはどんどん繁殖してしまう。加えて、ダニは暗所が大好き。つまり、車内はダニの住処として最高の環境と言えるのだ。なかでも、シートの隙間、フロアマットの裏などはダニが大好きな場所だ。

 ダニに刺されると腫れたりかゆみが出るのはもちろんのこと、アレルギーの原因にもなる。さらに恐ろしいのはダニ感染症だ。

 ダニ感染症の原因となるのはマダニ。いっぽう、室内や車内で繁殖しやすいのはツメダニと呼ばれるものなので、車内に棲みつくダニには感染症のリスクは低い。しかし、マダニは動物に寄生するので、車内にペットを頻繁にのせる人は要注意だ。ペットに寄生するマダニが車内に残って繁殖してしまうことも考えられるからだ。

 マダニに咬まれると、6日~2週間程度の潜伏期間を経て、原因不明の発熱、腹痛、下痢などの消化器の症状が発症することがある。悪化すれば最悪、死に至るケースもある。致死率が約30%というデータもあるほど恐ろしい感染症だ。

■カビ
 カビの胞子は非常に軽量で空気中に飛散しやすく浮遊時間も長いことから、鼻腔内に留まりやすく、アレルギー性鼻炎や喘息などの呼吸器系の疾患の引き金になる。また、皮膚のかゆみなどのアレルギー反応を引き起こすこともある。

■花粉、黄砂
 花粉も黄砂も鼻腔内に入るとアレルギー鼻炎を引き起こす。特に、黄砂は花粉の約1/10の大きさで肺にまで入り込みやすく、呼吸器疾患の原因ともなる。また、さまざまな汚染物質が付着しているので、呼吸器以外の臓器にも悪影響を及ぼす。両方とも粒子が細かいぶん、通常のほこりよりもシートの隙間などに溜まりやすいので、花粉や黄砂の飛散量が多くなる季節はこまめに車内清掃を。

次ページは : 見えない汚れまでガッツリ落とす車内清掃法

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ