今さら聞けない!? ドライバーの安全運転を支援する「サポカー」って何?

今さら聞けない!? ドライバーの安全運転を支援する「サポカー」って何?

 最近テレビCMなどを含め「サポカー」という言葉を聞くが、「安全装備が着いているクルマ」くらいの認識はあったとしても、正確なところまで認識している人は少ないかもしれない。

 サポカーとは「セーフティ・サポートカー」の略で、ペダルの踏み間違いなどの運転ミスによる交通事故を防ぐため、ドライバーの安全運転を支援してくれるクルマのことだ。

 国土交通省・経済産業省では、高齢者を対象にサポカー補助金による購入支援を行っているが、その予算が2021年度まで繰り越される(当初は2020年度で打ち切られる予定だった)ことが決定した。

 ただし、2020年度に計上された予算が消化され次第終了の予定なので、その前にこれを活用してより安全なクルマを手に入れよう!

 当記事では、サポカーの定義、該当するモデルや後付けパーツ、高齢運転者の補助金などを解説していく。

文/永田恵一、写真/DAIHATSU、データシステム

【画像ギャラリー】サポカーの種類と補助金の対象となる後付けパーツ


■サポカーの種類とは?

ダイハツのタフトなど、今日では軽自動車も幅広い車種がサポカーS「ワイド」に適合し、先進安全装備を充実させている
ダイハツのタフトなど、今日では軽自動車も幅広い車種がサポカーS「ワイド」に適合し、先進安全装備を充実させている

 前述したようにサポカーとは「セーフティ・サポートカー」の略で、政府が高齢運転者の交通事故防止対策の一環として先進安全技術で安全運転を支援してくれるクルマの普及啓発を行っている。

 そしてサポカーは大きくは2つに分かれている。

●サポカー

衝突被害軽減ブレーキを搭載したクルマ
衝突被害軽減ブレーキを搭載したクルマ

 こちらは自動ブレーキの装着車を指す。

●サポカーS

衝突被害軽減ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置なども搭載したクルマ
衝突被害軽減ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置なども搭載したクルマ

 自動ブレーキに加え、高齢運転者に多いと言われているペダルの踏み違いによる暴走事故防止をサポートする機能が着いたクルマを指し、以下の3つに分かれる

・サポカーSベーシック

低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両*4)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(*1)装着車
低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両*4)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(*1)装着車

 低速自動ブレーキ(作動するスピードが30km/h以下で、作動する対象は車両のみ)+ペダル踏み違いによる暴走事故防止機構装着車

・サポカーSベーシック+

衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(*1)装着車
衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(*1)装着車

 自動ブレーキ(30km/h以上のスピードでも作動し、作動する対象は車両のみ)+ペダル踏み違いによる暴走事故防止機構装着車

・サポカーSワイド

衝突被害軽減ブレーキ(対車両/対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(*1)、車線逸脱警報(*2)、先進ライト(*3)装着車
衝突被害軽減ブレーキ(対車両/対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(*1)、車線逸脱警報(*2)、先進ライト(*3)装着車

 自動ブレーキ(30km/h以上のスピードでも作動し、作動する対象は車両&歩行者)+ペダル踏み違いによる暴走事故防止機構装着車+車線逸脱警報(車線の中央を維持しようとするものも含む)+先進ライト(オンにするとより遠くまで照らすハイビームを積極的に使うオートマッチハイビームの類)

 *1 マニュアル車は除く

 *2 車線維持支援装置でも可

 *3 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯をいう

 *4 作動速度域が時速30km以下のもの

次ページは : ■高齢運転者がサポカーを購入する際には補助金の対象になる!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ