これがツインターボの終着点? VR30DDTTは日産最後のツインターボになってしまうのか

これがツインターボの終着点? VR30DDTTは日産最後のツインターボになってしまうのか

 今秋にも登場か、とされている、日産の新型フェアレディZ。詳細な車両スペックは現時点明らかになっていないが、V6ツインターボの搭載と、6速マニュアルミッションの採用は公表されている。

 このV6ツインターボは、おそらく、スカイライン400Rに搭載されている3.0リッターのV6ツインターボのVR30DDTT、もしくは、それのZ専用チューニング版になるはずだ。実現すれば、Z33型、Z34型と、2世代に渡ってV6のNAエンジンであったが、Z32フェアレディZ以来のツインターボが復活となる。

 だが、カーボンニュートラルが強く叫ばれる中、この手のツインターボエンジンが、今後も生き残れる可能性は低い。VR30DDTTは、日産最後のツインターボエンジンになってしまうのだろうか。

文/吉川賢一、写真/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】もはや絶滅危惧種なのか……自動車界のレッドデータアニマル、ツインターボエンジン搭載車たち


■VR30DDTTは新型Zへの搭載が最期!?

インフィニティ Q50 RED SPORT 400。VR30DDTTはもともとインフィニティ Q50、Q60向けとして開発された

 VR30DDTTは、北米と中国をメインマーケットとするインフィニティのQ50、Q60向けとして開発された日産製のエンジンだ。

 Q50がデビューしたのは2014年のこと。当初は、前型のキャリーオーバーとなったVQ37VHR(3.7L V6 NAエンジン)とVQ35HR+モーターの3.5L V6ハイブリッド、そして、ダイムラー製2.0L直4ガソリンターボ(M274型)を搭載したモデルがあった(欧州にはメルセデス製の2.2Lディーゼルターボもあった)。

 その後、2016年頃に3.7L V6のダウンサイジングエンジンとして投入されたのが、3.0L V6ツインターボのVR30DETTであった。VR30DDTTは、300ps級と400ps級の2通りのアウトプットで用意されており、400ps級のエンジン搭載車は、「Q50 RED SPORT 400」という名で販売されている(2021年7月現在)。

 この2基のエンジン搭載車を、国内のスカイラインにも、2018年のマイナーチェンジで投入、400ps級エンジン搭載車を「400R」と名付けて販売している。

 だが、現時点、インフィニティの売れ筋SUVであるQX50やQX55、QX60は、可変圧縮比の2.0L VCRターボをメインエンジンとしており、VR30DDTTは販売台数が落ちているQ50とQ60にしか搭載がなされていない。

■V6ツインターボエンジンは世界的にも極少数

3.0リッターV6ツインターボのVR30DDTT。エンジンの生産は日産いわき工場で、車両への組み込みは日産栃木工場が担当している

 ここで、国内自動車メーカーがもつ、ツインターボエンジンの状況を振り返っておく。

 まず日産は、R35 GT-Rの3.8L V6ツインターボ(VR38DETT:570ps/637Nm)、そしてV37型スカイラインの3.0L V6ツインターボ(VR30DDTT:304ps/400Nm)と400R用のV6ツインターボ(VR30DDTTハイアウトプット:405ps/475Nm)。

 ホンダはNC系NSXの3.5L V6ツインターボ(507ps/56.1kgm)。

 トヨタはA90型のGRスープラの3.0L直6ツインターボ(387ps/500Nm)と、レクサスLS500の3.5L V6ツインターボ(422ps/600Nm)、そして今夏登場の300系ランドクルーザーには、3.5L V6ツインターボ(415ps/650Nm)と3.3L V6ディーゼルツインターボ(309ps/700Nm)の2種類が設定予定だ。

 海外メーカーへと目を向けると、V6/直6搭載車は、メルセデスAMG/C43の3.0L V6ツインターボ(390ps/520Nm)、アウディRS4/RS5の2.9L V6ツインターボ(450ps/600Nm)、BMW M340iの3.0L直6ツインパワーターボ(387ps/500Nm)、ポルシェ911ターボの3.7L水平対向6気筒ツインターボ(580ps/750Nm)。

 そしてフェラーリ296GTBの2.9L V6ツインターボとモーターのハイブリッド(636ps/740Nm+モーター167ps システム総合830ps)、他にも、マセラティMC20の3.0L V6ツインターボ(630ps/730Nm)などだ。

 上を見れば、V8やV10クラスのターボエンジンもあるが、浮世離れしたクルマ達なので、今回は除いた。こうしてツインターボ車の名を上げただけでも、各メーカーの最上級モデルに近い、そうそうたるメンバーだということがお分かりだろう。

NSXもV6ツインターボ(+ハイブリッド)を搭載する国産スポーツカーの一台だ

 かつてはV8クラスの大排気量マルチシリンダーエンジンであったクルマが、現在はV6ツインターボに置き換わっているという状況だ。

 これを見て、ツインターボエンジンが結構多いととるか、これしかないととるかは人それぞれだが、10年後に生き残るV6/直6ツインターボのエンジンは、この半数以下となる、と筆者は考えている。

次ページは : ■日産は、痛恨の判断ミスをした

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ