古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?

古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?

 古いクルマ、いわゆる昭和や平成初期のクルマのメンテナンスや車検等の法定点検目的でもディーラーで入庫が断られるという話をしばしば耳にする。30年も前に造られたクルマだけに、これはやむを得ないかもしれない。

 しかし一昔前、いわゆる先々代あたりのモデルでも入庫が断られることもあるという。

 新車で購入してから継続的に入庫していたオーナーはもちろんのこと、中古車を購入してリフレッシュを兼ねてディーラーでいちど診てもらいたいと考えていたオーナーも困惑してしまうだろう。

古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?
「NB型」といわれる2代目ロードスター。現行モデルから数えて先々代モデルにあたる。最終モデルでも2005年式。17年以上前のモデルだ

 生産終了モデルのディーラー整備でぶつかる「壁」とは?実際にあった例をまとめてみた。

文/松村透
写真/トヨタ、日産、マツダ、AdobeStock(buritora,ドンピエロ,tkyszk,memorystockphoto,Gorodenkoff,Tomasz Zajda,somchai20162516,Irina)

【画像ギャラリー】新車を買ってほしいから型落ち車はサービス低下? ディーラーでは13年超のクルマは見てもらえないのか?(11枚)画像ギャラリー

■ディーラーに対応できるメカニックがいない

古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?
ディーラーのメカニックは若手が多い。入社前に販売されたモデルは先輩メカニックが担当することになるだろうが、入庫したクルマがあまりにも古いモデルだと・・・

 ディーラーのメカニックは新入社員が入社するたびに代替わりしていく。若いメカニックの割合が多いディーラーでは、良くも悪くも直近のモデルがメインになりがちだ。

 現行モデルを新車で購入したユーザーが「主たるお客様」なのだから当然といえるだろう。

古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?
当面は心配はいらないと思われるが、先代モデルとなった86も、いずれは純正部品の欠品や製廃といった問題に直面することは避けられないだろう

 それこそ、昭和の時代はフルモデルチェンジまで4年サイクルというモデルが多かった。しかし最近は6年〜8年サイクルというモデルも珍しくなくなった。

 先々代モデルというと、もはや10数年前のクルマなのだ。その当時、現役だったメカニックが年齢と経験を重ね偉くなって現場を離れているか、さまざまな理由で退職しているケースもある。

 ディーラーとしても古いモデルに対するノウハウを持ったメカニックがいない場合、持ち込まれても困ってしまうのが正直なところだ。

■整備が完了するまで時間がかかる(場所を占有する)

古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?
長期間のリフト占有は、ディーラー全体のサービス部門の回転率を落としかねないという問題をはらんでいるのだ

 ある程度、年数が経過したクルマのメンテナンスや修理、さらには車検を含めた法定点検のみで作業を終わらせられないこともしばしばだ。

 取り寄せ、または交換する部品が多い、マニュアル通りとはいかず着脱にも気を遣う(経年劣化で勢いよく外すと割れたりすることもある)。

 必然的にリフトを占有する時間も長くなる。1つの店舗に10基ものリフトがあるような大型のディーラーであれば、スペースにも多少の余裕があるだろう。

 しかし、都市部など、限られた立地に店舗を構えるディーラーともなればリフトの台数も必然的に少なくなる。

古いクルマの整備は嫌がられる!? 分岐点は先々代? ディーラー整備でぶつかる壁とは?
ディーラー整備ならではの強みのひとつとして、SST(スペシャルサービスツール)が使える点が挙げられる

 入庫するたびに何十万もの整備費用をポンと支払ってくれるオーナーであればまだよいのだが、効率よく現場を回転させたいサービス部門にとっては、長い時間占有するクルマの存在は困りものというケースも少なくないのだ。

次ページは : ■製廃&欠品の部品があると整備できないケースも

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ