ウクライナの余波はこれからが本番!! ロシア産の資源不足で国産車も値上げ間近!?

ウクライナの余波はこれからが本番!! ロシア産の資源不足で国産車も値上げ間近!?

 ウクライナ戦争が勃発してからというもの、さまざまな「輸入資源」の不足が危惧されてきた。特にEUとロシアとの経済制裁、貿易規制の攻防戦は激しさを増し、工業製品、エネルギーの他、自動車製造に欠かせない鉱物資源などにもその余波は及んでいる。

 ウクライナを舞台とした情勢不安は、世界の自動車業界にはどのような影響を与えようとしているのか? 今回は、ロシアとウクライナの輸出資源を中心に、主に日本とドイツのクルマ業界に与える影響を検証してみたい。

文/鈴木喜生、写真/トヨタ、フォルクスワーゲン、写真AC

【画像ギャラリー】ウクライナ情勢は他人事ではない!! クルマ好きを直撃することは必至!?(10枚)画像ギャラリー

「ロシア産資源」で自動車に必須なものは?

ウクライナの余波はこれからが本番!! ロシア産の資源不足で国産車も値上げ間近!?
自動車の排ガス触媒として使用されるパラジウム。その生産はロシアが世界1位。ウクライナ戦争によってその世界的不足が懸念されている

 ウクライナ戦争が長期化するにつれ、世界中で「モノ不足」や「物価高」が危惧されるようになった。最も心配されるのは、紛争の当事国であるロシアとウクライナの生産品だが、特にロシアはエネルギーや鉱物などの資源を世界に大量輸出している。

 まずはロシアのコモディティ(ここでは採掘資源の意)の中から、自動車製造に関わるものを見てみたい。以下は、ロシアが生産する鉱物資源において、クルマの製造に関わるものだ。

【自動車製造に関わるロシア産資源】
自動車排ガス触媒
●パラジウム
生産量/93トン/世界1位(2020年)
用途/排ガス触媒
●プラチナ(白金)
生産量/23トン/世界2位(2020年)
用途/排ガス触媒、パラジウムの代替品

構造部品
●アルミニウム
生産量/364万トン/世界2位(2020年)
用途/シリンダーヘッド、他構造部品
●マグネシウム
生産量/6万7000トン/世界2位(2019年)
用途/アルミ合金、マグネシウム合金、ホイール
●ニッケル
生産量/27万2000トン/世界3位(2018年)
用途/ステンレス鋼の添加元素
●鉄鉱石
生産量/6428万7000トン/世界5位(2019年)
用途/シャーシなど
●クロム鉱
生産量/50万トン/世界8位(2020年)
用途/ステンレス鋼の添加元素、構造部品

電気系統
●ニッケル
生産量/27万2000トン/世界3位(2018年)
用途/バッテリー
●アンチモン
生産量/3万トン/世界2位(2019年)
用途/エンジンブロック鋳造時の添加剤、
ブレーキの減摩材、配線コードなどの難燃助剤

工作機械
●工業用ダイヤモンド
生産量/1900万カラット(2018年)/世界1位(14カ国中)
用途/工作機械、切削工具、
●バナジウムの生産量
生産量/1万9533トン(2020年)/世界2位(5カ国中)
用途/工作機械、切削工具

 ロシアの鉱物や金属資源の年間の輸出高は91億2900万ドル(2020年)で、214カ国中9位。自動車排ガス触媒に使用される「パラジウム」をはじめ、構造体に欠かせない「アルミニウム」「マグネシウム」の他、バッテリーやステンレス鋼の材料となる「ニッケル」、さらには工作機器に使用される「工業用ダイヤモンド」まで、その品種は多岐に渡る。

 ロシアはまさに資源大国。では、これらのロシア産資源が供給されなくなった場合、日本の自動車産業に最も影響を与える資材は何か?

次ページは : 日本の自動車産業に必要な「ロシア産資源」は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ