【GT-R 最終形態へ】これがファイナルモデルなのか?? GT-R NISMOは至上のスーパースポーツだ

 日産GT-Rは2007年の登場以来、着実に進化を遂げいまや「世界のGT-R」となった。圧倒的なパフォーマンス、そして1000万円台というコストパフォーマンスもあり今やワールドワイドなスーパースポーツだ。

 登場からすでに12年。厳しい壁もあり、いよいよR35 GT-Rは終焉の時が近いのではないかという情報も多い。

 そんななか2020年モデルがGT-Rにデビュー。上質な走りを身につけた2020年モデルの評価は高いが、そこに真打ちとなるGT-R NISMOの登場となった。

 圧倒的な性能をベースについには熟成の域にまで達した安定感。GTカーとしての素養を身に着けたGT-R NISMOはいったいどのようなクルマなのか。国沢光宏氏がヨーロッパにて試乗しました。

文:国沢光宏/写真:日産
ベストカー2019年8月26日号


■GT-Rはこれまで欲しくはならなかった

 GTーRにはデビュー以来ずっと敬意を表してきた。これだけのクルマをゼロから作り上げるのは簡単じゃないです。

 日本の自動車史に必ずや名を残す水野和敏(編集部註:R35 GT-R開発責任者。現在は日産を退社したが現役エンジニアであり、ベストカーで『水野和敏が斬る』を連載中)という人物じゃなければ難しかったと思う。

 一方、残念だと感じることも少なくなかった。水野さんが作ったGT-R、ニュルブルクリンクでのタイムに固執したあまり、GTカーとしての魅力を持ってない。走り出すや、路面のデコボコでクルマがハネまくる。

郊外であれば一般道でも制限速度は100km/hとなるヨーロッパ(人家があれば急に50km/hなどになる)。GT-R NISMOは跳ねるような挙動も見せずに穏やかな走りを見せる

 当時はサーキットを走るためだと説明されたけれど、今回試乗した「最速のGTーR」であるNISMOに乗ると「これこそホンモノのGTカーですね」と感心するくらい楽しくて快適だったことを考えれば、何か間違っていたんだと思う。

 水野さんが担当していた時は、最後まで「凄いクルマだけれどまったく欲しくならない」存在でした。

 前置きはこのあたりにしてGTーR NISMO2020年モデルの試乗といきましょう! 最初にハンドル握ったのはベルリン近郊のアウトバーンである。Dレンジをセレクトしてアクセル踏むと、滑らかにスタート。

 流入のためアクセル深く踏み込めば、さすが600psですね。3分の1くらいの踏み込み量で充分過ぎるくらい加速する。このあたりは変速ショックがジェントルになった2014年モデルから変わらず。

世界のスーパーカーがそうであるようにルーフのカーボン化がGT-Rにも用いられた。重いクルマを軽くすることは実は非常に難しくコストもかかる

 大きく違うのが乗り心地。今までGTーRに漏れなく付いてきた細かい路面からの微振動を感じない。

 もちろんサーキットを全開で走るため、バネもダンパーも引き締められている。なのに、よく仕上がっている競技車両のごとく、ゴツゴツ感ないのだった。

 残念ながら標準スペックの2020年モデルに乗っていないのだけれど、GTーR NISMOは快適かつ高品質のGTカーに仕上がってます。

 車体の動きもサーキット用のハードなサスを組んだポルシェ911 GT3などよりドッシリしてる方向。

 このあたりはホイールベースの長さや、前後バンパーのカーボン化などが効いているんだと思う。特に素晴らしいと思ったのは、アウトバーンの100km/h制限区間すら楽しいこと。

 クルマの挙動だけでなくエンジンからの振動も適度に入ってくるため、気持ちいい!

 目が速さに慣れたので追い越し車線に出て景気よく走らせてみる。当然のごとく全開です。

600psのエンジンは強烈な性能を潜ませている。まさに「能ある鷹は爪を隠す」でアウトバーンでの300km/h巡行もなんのその

 シートバックに背中が押しつけられる加速Gを250km/h+αまで感じるから素晴らしい!

 私の時は交通量多かったため適当に楽しめる速度域だったものの、同業の山本シンヤさんがハンドル握ってる時にメーター読みで308km/hまで出ました〜。その速度域での安定性たるや不安感なし!

 前後ともにダウンフォースが出ているというだけでなく、車体の周りや、車体の後方に乱流起きてないということでしょう。

 300km/hという速度域になると、航空機のような精密な空気のコントロールをしないと細かい振動など出てしまい、ステアリングフィール悪くなるのだった(試乗車特有の症状なのか、ボンネット後端のみ少し揺れていた)。

 今回試乗した欧州仕様の最高速度は315km/hとなっているが、充分可能な数字だと思う。

■GT-R NISMOは車体がひと周り小さく感じる

 続いて一般道。印象的なのは「車体の大きさをまったく感じさせなくなりましたね」ということ。

 初期のGTーR、ワインディングロードでも街中でも常に車体の大きさを感じさせた(これも一般道でハンドル握った時の大きな不満点のひとつだった)。

 GTーR NISMOに乗っていると、ポルシェ911と同じく、いい意味で大きいクルマに乗っている感じがしない。

GT3マシンから得たテクノロジーを流用し、史上最強のGT-RのユニットとなったVR38DETT。GT3タービンなどの採用でレスポンスにも優れる

 CPSの田村さんいわく「バンパーやボンネット、ルーフなどをカーボンにしたためです」。

 クルマが小さく感じるという現象、私の経験だと違う側面もあると考える。今までリーフとMIRAIを競技車両に仕立てた。

 軽量化は予算不足でまったくできなかったものの、サスペンションを煮詰めていくと車両の動きのコントロール性がドンドン上がっていく。

 結果的に「意のままに動く」ようになるため、車体の大きさを感じなくなるのだった。あの大きなMIRAIを狭い林道で全開してストレスないから驚く。

 GTーR NISMOでいえば軽量化に加え、サスペンションの仕上がりがよくなったんだと考える。

 狭い街中やセンターラインないような狭いワインディングロードでもひと回り小さいクルマに乗っている感じ。GTーR NISMOで最もウナった点です。

 ホンモノの「いいクルマ」になったと思う。ニュルでタイムを出すために作ったクルマながら、結果的に魅力あるGTカーになったということ。

 3つ目の試乗メニューはサーキット走行。ベルリン近郊にある『ユーロスピードウェイ』(1周4㎞弱)を速度リミッターなしで、好きに走っていいとのこと。

 初めて走るサーキットのため、現役レーシングドライバーが3ラップライン取りを教えてくれるという。

 ということでナビシートに座りコースをレクチャーしてもらうのだけれど、をいをい! 2ラップ目から全開!! もしかして楽しんじゃってないか?

強烈な挙動を見せるGT-R。やはりサーキットはGT-Rの本来の住処なのだろう。ましてやNISMOなら尚更のこと

 運転を代わりコースイン。サーキットのセオリーどおり1ラップコースチェックしようとしたら「もっと踏んでいいですよ」。

 丁寧に運転させるための見張りかと思いきや、そうじゃなかった。

 となればためらわない全開オヤヂであります! 3つ目のコーナーから全開! 裏のストレートは220㎞/hくらいまで出る。このくらいでしょう、というタイミングでブレーキ踏むと、あらま! 思ったより減速しちゃいました〜!

 書き遅れたけれど、GTーR NISMOにはローター径410mmという市販車最大級のブレンボ製カーボンディスクが付いている(リアも390mm)。こいつが素晴らしい仕事をするのだった。

ブレンボとの共同開発で生まれたブレーキシステムはNISMO専用。フロントのローター径は410mmもあるカーボンセラミックローターだ。言うまでもなくとてつもなく高価

 2番目に長いストレートは220km/hからブレーキングしながらコーナーに入るという筑波の最終コーナーのような曲がり方。 

 これまたフルブレーキから少しブレーキ残しつつハンドル切り込んでいくような時のコントロール性も素晴らしい!

 何より凄いのは、250km/hから70km/hくらいまで落とす減速を含め、1ラップで何回もブレーキ酷使するコースなのにブレーキのタッチが”ほぼ”変わらないこと。加えてブレーキの耐久性高く、街中ならクルマの寿命より長いそうな。

 サーキット走らせたって、ひとりで乗るならローター交換などする必要ないんじゃなかろうか。2420万円のGTーR NISMOの500万円分くらいがブレーキ分。納得できるプライスです。

 ハンドリングも素晴らしく、600psを使い切れるか心配だったが、気がつけば全開全開また全開を堪能してしまっていた。これだけのパワーをしっかり使い切れるシャシー性能の高さに全面降伏し、スタンディングオベーションします。

 そんなGTーR NISMOながら、2021年秋から厳しくなる騒音規制はクリアできないと思う。したがってエンジンだけで走る本物の国産スポーツモデルを買うなら最後のチャンスになる。お金あるなら急げ!

【日産GT-R NISMO 2020年モデル主要諸元】
全長×全幅×全高=4690×1895×1370mm
ホイールベース=2780mm
車両重量=1703kg
トレッド(F/R)=1600mm/1600mm
エンジン=V6 3.8Lツインターボ
最大出力=600ps/6800rpm
最大トルク=66.5kgm/3600-5600rpm
トランスミッション=6速DCT
タイヤサイズ=(F)255/40ZRF20/(R)285/35ZRF20
価格=2420万円(消費税10%込み)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ