アウトランダーにはなぜ「マッドモード」があるのか? 三菱の4WD技術にはラリーアートの闘いの血が流れていた!【PR】

アウトランダーにはなぜ「マッドモード」があるのか? 三菱の4WD技術にはラリーアートの闘いの血が流れていた!

 環境性能にも優れるSUVとして大人気の三菱アウトランダーPHEV。中でもツインモーター4WDによるS-AWCが生み出す圧倒的な走行性能は、このクルマの大きな魅力だ。なぜ三菱はここまで4WD技術にこだわるのか。そこには2021年に復活を果たした三菱モータースポーツの大看板「ラリーアート」の偉大な歴史が隠れていた!

文/鈴木直也、写真/平野 学、西尾タクト、三菱自動車

三菱アウトランダーPHEV公式サイト

三菱自動車アジアクロスカントリーラリー特設サイト

■復活戦で総合優勝を飾ったラリーアート

チーム三菱ラリーアートは、11月下旬にタイ・カンボジア両国で行われたアジアクロスカントリーラリー(AXCR)に3台のトライトンで挑んだ。この過酷な戦いの総監督を務めたのが、パリ・ダカでも活躍したレジェンド増岡浩さん(車両向かって左)だ
チーム三菱ラリーアートは、11月下旬にタイ・カンボジア両国で行われたアジアクロスカントリーラリー(AXCR)に3台のトライトンで挑んだ。この過酷な戦いの総監督を務めたのが、パリ・ダカでも活躍したレジェンド増岡浩さん(車両向かって左)だ

 ラリーアートの復活。それは三菱ファンのみならず日本のモータースポーツファンにとって大きなトピックだった。

 ブランドそのものの復活は、ドレスアップパーツの発売やコンセプトカーの東京オートサロン出品などで、22年初頭からそろりと始動していたが、ラリーアートといえばやはりモータースポーツ!

 3月に、東南アジアで開かれるアジアクロスカントリーラリー(AXCR)仕様のトライトンをタイのバンコク国際モーターショーでお披露目し、11月下旬の同イベントへの参戦が明らかになった時、多くのファンが「ラリーアート本格始動!」と大いに盛り上がった。

 10月にはトライトンの国内での耐久試験車による試乗会が開かれ、もちろん、ベストカー取材班も参加。静岡の富士ヶ嶺オフロードのコースを激走するトライトンに同乗したほか、総監督を務める増岡浩さんに抱負をうかがうなど、ひさびさの実戦に臨むラリーアートの現状を伝えてきた。

トヨタ・ハイラックスやいすゞD-MAXといった強豪を抑えて1500kmあまりを走り切り、みごと総合優勝を勝ち取った三菱トライトン
トヨタ・ハイラックスやいすゞD-MAXといった強豪を抑えて1500kmあまりを走り切り、みごと総合優勝を勝ち取った三菱トライトン

 この時点で、増岡さんのインタビューで印象的だったのは、「ようやくここまでこぎつけたわけですから、小さく生んで大きく育てるという気持ちですよ」という言葉。

 強気の増岡さんにしては意外や慎重だなと思ったものだが、よく聞いてみるとそこにはAXCRならではの難しさがあるらしい。

 ラリーアート参戦! というと、あたかも三菱がワークス体制でエントリーするかに思えるが、AXCRは基本的にアマチュアのためのイベント。ラリーアートの仕事は現地チームの支援がメインで、技術的には「とにかく壊れないクルマを造る」ことがテーマ。プロがラリー専用車で闘うWRCと違って、ラリーアートは裏方といっていい立ち位置なのだ。

 最高のマシンを仕上げできる限りの支援はするが、最終的には現地チームによる闘い。監督の増岡さんとしても「やってみないとわからない」という部分が大きかったのではないかと思われる。

 ところが、すでに報じられているとおり、結果は大金星。トヨタ・ハイラックスやいすゞD-MAXなど強豪を向こうに回して、チャヤポン・ヨーター選手のトライトンが見事に総合優勝を勝ち取ったのだ!

 こりゃ増岡さんからぜひ現場の話を聞きたい、というわけで、凱旋帰国早々の増岡さんに独占インタビューを申し込んだ!

次ページは : ■トライトンの勝因は圧倒的な耐久性

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ