【日産オーラプレゼント企画】絶景も雪景色もこれ1台……日産オーラ4WDの実力を3人が徹底評論【PR】

【日産オーラプレゼント企画】絶景も雪景色もこれ1台……日産オーラ4WDの実力を3人が徹底評論

 エンジンで発電し、モーターで駆動する「e-POWER」を全車搭載として3代目日産ノートが登場したのが、2020年11月。そのノートの派生車種として21年6月に発表されたのが、3ナンバーボディと上質な内装を与えられた日産オーラだ。

 実はこのオーラ4WDの評価がすこぶる高い。FFモデルと同出力のモーターをフロントに積み、さらに68‌psのモーターがリアに追加されたというだけではない。その前後モーターの独立制御が巧みで、走りの楽しさと上質な乗り味を見事に両立しているのだ。

 今回はそんなオーラ4WDが持つ走行性能に焦点を当て、3人の評論家に話を聞いた。

文:塩見智、松田秀士、竹岡圭/写真:池之平昌信

■旋回性能とトラクション性を両立 この走りが気持ちいい(塩見智)

ワインディングでも4WDのドライバビリティは非常に高い!! 雪が降らない地域でも4WDを積極的に選びたい
ワインディングでも4WDのドライバビリティは非常に高い!! 雪が降らない地域でも4WDを積極的に選びたい

 日産オーラはe-POWERのおかげで魅力爆発だ。なんと言っても走らせて楽しい。具体的に言うと、e-POWERのレスポンスのよさが、加減速や旋回によい影響をもたらすのだ。

 モーター出力136ps/30.6kgm(FWD)はコンパクトカーとしては相当なハイスペックで、特にトルクがモリモリでギンギンに走る。

 ここで忘れてはならない重要なポイントがひとつある。オーラにはリアに68‌ps/10.2kgmのモーターを追加した4WDが設定されているのだが、この4WDが低ミュー路で有効なだけでなく、ドライ路面で走りの質を高めるのにも役立つのだ。

走るためだけに遠くへ行きたくなる。そんな気持ちにさせてくれるのが、オーラの4WDだ
走るためだけに遠くへ行きたくなる。そんな気持ちにさせてくれるのが、オーラの4WDだ

 加速時に4WDが有効なのはe-POWERモデルに限ったことではないが、2輪より4輪で駆動するほうが、1輪当たりが担うパワーが減り、路面を選ばず、より確実にパワーを路面に伝達できる。この違いはとても大きい。

 減速時にも4WDが有効だ。なぜなら100%モーター駆動のe-POWERはアクセルペダルを戻すだけでしっかり回生ブレーキが得られるのだが、FWDの場合、前2輪にしか作動しないため、勢いよくペダルを戻すと減速時につんのめり感が出てしまいがち。

 その点4WDなら4輪に回生がきくので車両姿勢が安定したまま減速でき、上質な挙動となる。さらに旋回時。例えばコーナーの入り口、途中、出口で、モーター駆動ならではのレスポンスで前後のトルク配分を遅れなく最適化してくれる。

 オーラ4WDは減速時、前後のモーターが独立して回生トルクによる制動力を随時適正化し、車身体の前傾を抑えた安定した姿勢を作る。その状態からステアリングを切りアクセルを踏むと、リアモーターが車体を押し出し、クルマの回頭性を助けてくれる
 オーラ4WDは減速時、前後のモーターが独立して回生トルクによる制動力を随時適正化し、車身体の前傾を抑えた安定した姿勢を作る。その状態からステアリングを切りアクセルを踏むと、リアモーターが車体を押し出し、クルマの回頭性を助けてくれる

 ざっくり言えばよく曲がるのにトラクションもよくかかる、いいとこ取りの走りができるのだ。構造的な特性なのでテクニックを必要としない。この走り、思わずドライブに出かけたくなるほど気持ちいい。

 なのでこのクルマに限っては、温暖で絶対に雪なんか降らないという地域の方々にも4WDを強く、強くオススメしたい。

次ページは : ■前後独立制御モーターが生む安心の挙動 冬の最高の相棒だ(松田秀士)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ