【懐かしの名車&迷車が続々登場!!】昔、日本にいた外国人(=輸入車)

 プロ野球でも何でもいい。確かに日本にいたはずなのに、イマイチ思い出せない外国人、いないだろうか。ヤクルトに入団したワニ好き男、日ハムに入るもその年の6月に解雇され、漫画で「球拾いして帰った」と揶揄されたパソコンみたいな名前の男。

 そんな名前やエピソードを言われると「いた、いた」と反応されがちな外国人。それはクルマ界にも存在する。

 日本で確かに販売されていたにもかかわらず、スッカリ脳ミソから零れ落ちがちな外国人=輸入車を「忘却の彼方度」とともに紹介したい。むろん★の数が多いほど、忘れられがちということだ。

 ぜひ「いた、いた」と膝を打ちつつお読みいただきたい。

文:伊達軍曹(車両解説&採点)/写真:FIAT CHRYSLER JAPAN、MERCEDES-BENZ、DODGE、FORD、SUZUKI、LANCIA、HYUNDAI、RENAULT、DAEWOO、JAGUAR、ROVER、VW、OPEL、GM

【画像ギャラリー】1990年代に一部マニアが熱狂して大増殖したシボレーカプリス


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ