【懐かしの名車&迷車が続々登場!!】昔、日本にいた外国人(=輸入車)

 プロ野球でも何でもいい。確かに日本にいたはずなのに、イマイチ思い出せない外国人、いないだろうか。ヤクルトに入団したワニ好き男、日ハムに入るもその年の6月に解雇され、漫画で「球拾いして帰った」と揶揄されたパソコンみたいな名前の男。

 そんな名前やエピソードを言われると「いた、いた」と反応されがちな外国人。それはクルマ界にも存在する。

 日本で確かに販売されていたにもかかわらず、スッカリ脳ミソから零れ落ちがちな外国人=輸入車を「忘却の彼方度」とともに紹介したい。むろん★の数が多いほど、忘れられがちということだ。

 ぜひ「いた、いた」と膝を打ちつつお読みいただきたい。

文:伊達軍曹(車両解説&採点)/写真:FIAT CHRYSLER JAPAN、MERCEDES-BENZ、DODGE、FORD、SUZUKI、LANCIA、HYUNDAI、RENAULT、DAEWOO、JAGUAR、ROVER、VW、OPEL、GM

【画像ギャラリー】1990年代に一部マニアが熱狂して大増殖したシボレーカプリス


クライスラー 3代目イプシロン

日本導入:フィアット・クライスラー・ジャパン
忘却の彼方度 ★★★☆☆

ランチアY(イプシロン)をクライスラーブランドで販売

 ランチアブランドの小型車だったが、0.9Lのツインエアエンジンを積んだ3代目の日本仕様はクライスラーブランドとして新登場。

 それが反発を呼んだが、すべては忘却の彼方へ!!

ダッジJC

日本導入:クライスラー日本
忘却の彼方度 ★★★★☆

本国でのジャーニーの車名はいすゞジャーニーがあったため日本では使用できず。JCは開発コード

 北米ではダッジ ジャーニーの名で2008年に発売。

 日本では2009年1月、商標の関係で「JC」との車名で発売された3列7人乗り車……ということを、今資料を読んで思い出した。

ダッジキャリバー

日本導入:クライスラー日本
忘却の彼方度 ★★★★★

キャリバーはプラットフォームをはじめ多くを三菱と共同開発

 クライスラーの世界戦略車として開発され、日本では2007年6月に発売された2LのSUV的ハッチバック、というのも資料ほぼ丸写し。

 このクルマについてまるで覚えてません……。

クライスラークロスファイア

日本導入:ダイムラー・クライスラー日本
忘却の彼方度 ★★★★☆

セダンの300CがEクラス、クロスファイアはSLKとパーツを流用

「ダイムラー・クライスラー」自体がすでに懐かしいが、とにかくクロスファイアは、初代メルセデス・ベンツSLKの部品を流用して「わずか2年で完成させた」という米独合作の2座クーペ。

 が、わずか4年半で廃番に。ああ無情。

リンカーンLS

日本導入:フォードジャパン
却の彼方度 ★★★☆☆

FRのプラットフォームはジャガーSタイプと共用

 ジャガーSタイプとプラットフォームを共用するリンカーンなりに欧州を意識したセダン。

 エンジンは3L、V6と3.9LのV8。北米では売れたが日本では鳴かず飛ばずだった。

リンカーン3代目タウンカー

日本導入:近鉄モータース
忘却の彼方度 ★★★☆☆

Cピラーの形状が後席を重視しているのがアメ車らしくていい

 フォード製フルサイズセダン3兄弟のリンカーン版。

 かつて近鉄モータースが正規輸入していたが、その近鉄モータースも今はなき存在。諸行無常……。

フォード初代&2代目クーガ

日本導入:フォードジャパン
忘却の彼方度 ★★★★☆

2016年にフォードが日本撤退したことで日本での販売は終了

 初代は2010年10月、2代目は’13年9月に発売されたフォードの世界戦略SUV。エコブーストエンジンは魅力的だったが、世界を制することなく廃番になってしまった。

シボレーオプトラ

日本導入:スズキ
忘却の彼方度 ★★★★★

スズキはGMクルマをたびたび導入しているが、オプトラは超レアモデル

 GMがアジアと欧州を制すべく発売した2L級のセダン&ワゴン。

 日本ではGMと提携していたスズキが2005年に輸入発売元となったがサッパリ売れず、そのまま黒歴史に。

BC編集部員「私の記憶に残る思い出の外国人その1」:本誌・ババ

VWシロッコ

3ドアHBに見えるが、VWではクーぺであることをアピールしていたシロッコ

 もし家計にかなり余裕ができたら2台目としてすぐ買う!!

 スポーティさと実用性もある3ドアHBで、奥ゆかしいリアのブリスターフェンダーが格好いいし好き。

 直4、1.4Lツインチャージャーが標準というのも素敵すぎる。今後も私の記憶のなかに残るが、次期型、出ないのかしら?

ランチアデドラ

日本導入:ガレーヂ伊太利屋
忘却の彼方度 ★★★★☆

フィアットテンプラ、アルファロメオ155とプラットフォームを共用

 アルファロメオ155などとプラットフォームを共有するランチアの1.6~2L級のFFセダン。

 マツダの販売系列のオートザムでも売られたが、オートザム自体が忘却の彼方へ。

ランチア初代テーマ

日本導入:ガレーヂ伊太利屋
忘却の彼方度 ★★☆☆☆

最上級モデルのランチアテーマ8.32にはフェラーリ308のV8を搭載していた

 アルファロメオ164などとプラットフォームを共用するセダンで、デドラ同様にガレーヂ伊太利屋とオートザムで販売。

 ちなみにガレーヂ伊太利屋は輸入元ではなくなったが、今もフィアットの正規ディーラーだ。

ヒュンダイトラジェ

日本導入:ヒュンダイモータージャパン
忘却の彼方度 ★★★★☆

ヒュンダイは日本での販売に積極的だったが、成果を残せず撤退

 本国では1992年から2007年まで販売され、日本では2001年から販売されたミニバン。

 だが売れず日本導入から約2年の2003年にはチャルガ(バイバイという意味の韓国語)。

ルノースポールスパイダー

日本導入:フランス・モーターズ
忘却の彼方度 ★☆☆☆☆

ルノースポールブランドで販売された初の市販モデル。初期モデルはウィンドウシールドなし

 えっ? このクルマはさすがにみんな覚えてるでしょ?

 ヤナセの子会社だった輸入元「フランス・モーターズ」のことは完全に忘れてたとしても! 

ヒュンダイジェネシスクーペ

日本導入:ジェネシス・ジャパン
忘却の彼方度 ★★★★★

リース・ミレンによってパイクスピークで世界記録も出した実績を持つ

「そう言われてみると」と思い出すヒュンダイの2LターボFRクーペで、ドリフト系業界人がこのクルマのために設立した会社が2010年から日本へ輸入。

GM大宇初代&2代目マティス

日本導入:マティス
忘却の彼方度 ★★★☆☆

マティスのデザインはイタリアの巨匠、ジウジアーロが手掛けた

 初代はジウジアーロデザインで1998年に登場、2代目は2005年に登場したGM大宇のAセグ小型車。

 初代はクルマ雑誌の広告でよく見た、気がする。

メルセデスベンツRクラス

日本導入:メルセデスベンツ日本
忘却の彼方度 ★★☆☆☆

ミニバンというよりも超高級3列シートワゴンとして今でもカルトな人気

 ミニバンブームを背景に、Mクラスのプラットフォームを使って新たに作られたミニバン。

 日本では2006年から2014年までと意外に長く"在籍"したが、さほどの結果は残せず。

BC編集部員「私の記憶に残る思い出の外国人その2」: 本誌・イイジマ

アルテガGT

アルテガGTの日本での新車価格は1189万円だった

 2011年に日本に上陸したアルテガGTですなぁ。

 企画で青山王子に乗ってもらおうと借りたわけですが、1100kgちょっとの軽量ボディに300ps/35.7kgmを発生するVW製3.6LのV6をミドに搭載しているわけで、走りは楽しかったです。

 内装のデキはイマイチだったけど。

ローバー600

日本導入:ローバージャパン
忘却の彼方度 ★★★★☆

日本では2Lの620と2.3Lの623の2タイプが販売されていた

 ホンダ アスコットイノーバと一部メカニズムを共用する英国製Dセグセダン。

 忘れていたが、そう言えば1994年から1999年まで輸入されてた。

ジャガーXタイプ

日本導入:ジャガージャパン
忘却の彼方度 ★★☆☆☆

ジャガー初のステーションワゴンがXタイプだったが、ジャガーとしては安っぽくて不評

 北米で売るべく作られたフォードモンデオとプラットフォームを共用するDセグ車。

 日本では2001年から販売されたが、日本でも北米でもあまり売れず。

ローバー75

日本導入:ローバージャパン/MG Rover Nippon
忘却の彼方度 ★★★★☆

ローバー75はセダンとステーションワゴンのツアラーをラインナップ

 1999年発売のDセグだが、BMWがローバーから撤退したため輸入中止。2003年に再発されたが、今度はMGローバー本体が破綻。とほほ。

ルノーウインド

日本導入:ルノー・ジャポン
忘却の彼方度 ★★★★☆

かつての名チューナーのゴルディニの名を冠したモデルもあった

 トゥインゴをベースとした電動回転格納式ハードトップ採用モデル。

 2011年7月に堂々"来日"したが、2013年5月には早くも"帰国"。謎の瞬間来日だった。

オペルカリブラ

日本導入:ヤナセ
忘却の彼方度 ★★☆☆☆

ドイツツーリングカー選手権をはじめモータースポーツで活躍したカリブラ

 日本では1993年11月から1997年末まで販売されたクーペ。

 市販版のことは忘れても、ツーリングカー選手権やDTM選手権での姿を覚えている人は多いはず!!

オペルスピードスター

日本導入:日本ゼネラルモーターズ
忘却の彼方度 ★★☆☆☆

オペルスピードスターはロータスと共同開発

 オペルの自動車生産100周年を記念して作られたオープン2シータースポーツで、日本では2003年に80台のみを限定販売。

 ほぼ見かけなかったが、強烈な印象は残した。

フォード初代&2代目プローブ

日本導入:オートラマ
忘却の彼方度 ★★★★★

今となってはリトラクタブルヘッドランプが郷愁を誘う

 フォードとマツダが共同開発したクーペ。

 初代は1990年から、2代目は1992年から懐かしのオートラマで販売された。日本人の1割しか覚えてないと思うが……。

オペルメリーバA

日本導入:日本ゼネラルモーターズ
忘却の彼方度 ★★★☆☆

日本では2004年に販売を開始し、2006年にオペルの日本撤退でジエンド

 2004年、ミニバン大国日本にやってきたオペルの5人乗り小型ミニバン。

 無理やり3列にしなかった姿勢は◎だが、オペル撤退により2006年、"帰国"を余儀なくされた。

BC編集部にいた懐かしの外国人: 編集部ウメキ

ヒュンダイXL(ポニーエクセル)

 私がベストカー編集部にバイトとして潜り込んだ1989年6月当時、編集部の社用車としてナゾの左ハンドルコンパクトカーが1台あった。

 当時のヒュンダイは三菱の技術協力があって、ポニーエクセルは2代目ミラージュをベースとしており、1.5Lエンジンも三菱のエンジンだった。なるほどねぇ~!! 

 ドアを開けるとイタ車みたいな甘い(?)香りがした。日本車のニオイではない。ドイツ車のニオイとも違う。

 走るとすべてが『古い日本車』だった。緩い感じの操舵感にブワンブワンの乗り心地。ブレーキも甘い。ATも大雑把で変速ショックも大きい。そう、乗った感じは1970年代前半のクルマって感じでしたね。

BC編集部では白のボディカラーのエクセルが社用車として使われていた

★    ★    ★

 この企画、時代を遡ればもっと多くのモデルが候補に挙がったろうが、それではキリがないので比較的記憶に残っていそうな1990年代以降のものを中心に紹介した。

 が、にもかかわらず「いたな? そんなの」と思わされたクルマが多かったのではなかろうか。

 現代に生きる我々がそんなクルマにできることは、ま、線香あげることくらいだな。

【画像ギャラリー】1990年代に一部マニアが熱狂して大増殖したシボレーカプリス

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ