給付金10万円を活用! 悪臭・雑菌を退治して車内を清潔にしよう!!


 緊急事態宣言が解除され、都内では東京アラートが解除されたことを受け、公共交通機関の利用者が急増している。この三密を避けるために仕事やプライベートでクルマを活用したいユーザーも多いのではないだろうか。

 一方で「そのクルマの中の環境は安心なのか?」という疑問も生じてくる。そこでこれからの梅雨や暑さも含め、車内環境改善に役立つカー用品を紹介するのだが、やはり予算はそれなりにかかる。

 今回提案したいのは「一律10万円の給付金」を活用して、家族などを載せる大事な車内環境の改善だ。ただし全額を使い切るのでは無く、予算に応じて4つのパターンを選んでみた。

文:高山正寛/写真:カーメイト、パナソニック、シャープ、ボッシュ、Blueair、シャーク、ケルヒャー、ダイソン、ベストカーWeb編集部

●【画像ギャラリー】車内を清潔に保つ便利グッズ10選


■車内って思っているより汚い

自分だけ乗っていると気がつかないものだが、家族や友人を乗せ、指摘された際、自分のクルマって汚かったんだ、ってことが始めてわかったりするものだ

 車内の環境を悪化させるものには
1】臭い
2汚れやほこり、そしてゴミの残骸
3灰皿に残っているタバコの吸い殻(最近は大分減っていると聞く)

 などに大別される。

 自分自身の身だしなみなどはしっかり行う割にはクルマの中の掃除は「今度の週末にやるか」的におろそかになってしまうケースもある。

 特に梅雨の時期などはカビの発生も高まることもあり、頻繁に掃除はかかせない。しかし定期的に行うのは難しいのも現実。そこでケミカル用品や掃除時間自体を“時短”させる用品があるとグッと楽になるはずだ。

■1万円以下「お手軽コース」

●最新のケミカル+空気清浄機の組み合わせ

◆話題の「安定化二酸化塩素」を使うケミカル用品

カーメイト「Dr.DEO」(リンク先)

様々な用途に応じて選べるのも魅力である

 買ってすぐに使えるのがカー用品店などで販売されているケミカル用品。特にその中で昨今話題なのがカーメイトの「Dr.DEO」シリーズだ。

 この商品、除菌・消臭に効果のあると言われている「安定化二酸化塩素」を主要成分に採用している。

 カビ臭やウイルス対策なども含め効果が期待できるが、据え置きタイプ、エアコン取り付けタイプ、さらに家庭用エアコン向け商品など種類も多いので用途に応じて選べるのも魅力だ。

◆車内だけでなくデスク周りでも使える

パナソニック「F-GMK01」(リンク先)

オープン価格(市場実勢価格:8000円前後)

車のカップホルダーにぴったりなサイズで使いやすい

 除菌・消臭に効果があると言われるパナソニックの「ナノイー」技術。車載用のこのモデルにはエンジンを切った際の風量を記憶しておく「メモリー機能」や「気流制御ルーバー」の採用により車種に応じて効果的に風を送り出すことができる。

 またコンパクトなボディにプラスして別売りのACアダブター(3400円)を使えばデスク周りでも使える汎用性の高さも魅力だ。

*   *   *

 「Dr.DEO」の選び方にもよるが、上記2つを組み合わせても1万円でお釣りが来る。まずはローコスト派にオススメだ。

次ページは : ■1万円台コース

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ