ランエボIV インプレッサWRX STiなどが対象! 25年ルール対象車2021

今年は1996年に登場したモデルたちが対象! 25年ルール対象車2021

 アメリカの法規を満たさないクルマの輸出が可能になる、俗にいう「25年ルール」の影響もあり、1990年代の日本車が高騰して久しい。

 今年、2021年から25年ルールに適合し、中古車が値上がりしそうな1996年登場の日本車を紹介しよう。

 エポックメイキングなスポーツモデルが豊作だったのがこの年だった!

※本稿は2021年4月のものです
文/永田恵一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年5月26日号

【画像ギャラリー】海外で人気が出る前に買っておきたい!? 「25年ルールデビュー」のモデルたちをギャラリーでチェック!!!


■スバル 2代目レガシィツーリングワゴンGT-B&レガシィセダンRS(1996年8月登場)

 4代目モデルまでのレガシィ人気を決定的にしたのが、2代目モデルのビッグマイナーチェンジモデルである。この時は見た目こそそれほど変わらなかったが、2Lターボ系はMTが280ps、ATも260psにパワーアップされ、前者は日本車初の「2Lで280ps」を実現。

 また、ツーリングワゴン、セダン各々のトップグレードとなるGT-BとRSはビルシュタイン製ダンパーを装着したことでも話題になった(全長4680×全幅1695×全高1490mm、ホイールベース2630mm、280ps/34.5kgm、GT-B5MT)。

レガシィツーリングワゴンGT-B…2代目レガシィのチーフデザイナーはかつてベンツに在籍していたオリビエ・ブーレイ氏が務めた。GT系のステアリングはモモ製で、ラゲッジの使い勝手も素晴らしかった
レガシィセダンRS…2代目モデルまでレガシィはツーリングワゴンの存在感があまりにも大きかったこともあり、セダンはいいクルマだったのに目立たなかった

 GT-BとRSの1996年式の中古車は原稿執筆時点でATのGT-Bが1台流通しており、27万円だ。

 ビッグマイナーチェンジ後のGT-BとRS全体だと各々15台と8台が流通しており、前者のボリュームゾーンは30万~50万円だが、コンディションのいいクルマは100万円を超え、相場は希少性のせいかRSのほうが高い傾向だ。

●編集部コメント…2Lターボでリッター140psを国産で初めて達成しただけで価値ある1台。

■三菱 ランサーエボリューションIV(1996年10月登場)

 ランサーエボリューション(以下ランエボ)は1996年登場のIVで、第2世代のボディに移行した。ランエボⅣの大きな特徴はボディが変わったことに加え、一般ユース向けのGSRのリアデフが旋回性能を高めるAYC(アクティブヨーコントロール)となった点だ。

 また、直4、2Lターボエンジンも前述したビッグマイナーチェンジ後のレガシィに続く2Lで280psに到達した(全長4330×全幅1690×全高1415mm、ホイールベース2510mm、280ps/36.0kgm、GSR)。

ランエボIVまでは5ナンバー幅だったこともあり、威圧感はほどほどだ
大きなリアスポイラーを持つスポーツモデルが多かった時代だけに、ランエボIVのリアスポイラーもそれなりの大きさだった。ブレーキキャリパーは片押しタイプだ

 ランエボIVは一発のラップタイムこそ速かったものの、スポーツ走行に使うとエンジンのクーリングやAYCのトラブルなど、持久力に欠けるところも否めなかった。その意味では未完の大器ともいえ、V以降のランエボが日本最速車に仲間入りするプロローグのようなモデルだったともいえるかもしれない。

 1996年式の中古車は原稿執筆時点で4台が流通しており、価格は178万~約300 万円とやはり高い。なお、ランエボIVは1997年式もあるが、中古車価格はコンディション次第という印象で、年式による差はあまりない。

●編集部コメント…2Lターボで280ps達成も偉大だが、ランエボ歴代最後の5ナンバー車なことに刮目。

次ページは : ■スバル 初代インプレッサWRX STiバージョンIII(1996年9月登場)