トヨタ、物流でも存在感示す!? クルマ界近未来ニュース3選


 本誌『ベストカー』にて、毎号技術系の最新情報や気になる話題をお届けしている「近未来新聞」。

 今回は電動化や自動運転の競争が激化する物流業界における、トヨタの戦略&狙い、クロアチアの新興スーパーカーメーカーであるリーマック、エネオスの合成燃料に向けた取り組みなどをお届け!

※本稿は2021年8月のものです。
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2021年9月10日号『近未来新聞』より

【画像ギャラリー】これが超スーパーカー。その名も「リーマック ネヴェーラ」の全貌


■日野といすゞの提携に軽メーカーがなぜ参入

 バスやトラックの分野でも電動化や自動運転の競争が激しいが、これに危機感を抱いたトヨタが、今年3月、いすゞと日野に声をかけて「CJPT(コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ)」という団体を設立した。

 このCJPT、いすゞと日野が持つ商用車技術に、トヨタのCASE(通信・自動運転・シェア・電動化)技術を融合した次世代の商用車を作るための開発基盤なのだが、7月21日、そこへスズキとダイハツが加わることが明らかになった。

記者会見の様子、左からトヨタの豊田社長、ダイハツ奥平社長、スズキの鈴木社長、CJPTの中嶋社長。スズキ、ダイハツのCJPT参加で軽商用車でも自動運転や電動化が進むと思われる

 一見「なんで?」と思われる動きだが、スズキとダイハツの作る軽トラックやバンは、物流のバトンを末端で担う重要な繋ぎ役。それでいて価格がシビアで新技術に膨大なコストもかけられないという事情があり、今回の参画へとつながったようだ。

 実際、スズキとダイハツが憂慮する事態は起こっている。それが中国製小型EVのあいつぐ日本参入だ。

 たとえば、当欄でもかつて紹介した佐川急便の例。小口配送用向けの軽ワンボックスEVを中国の柳州五菱汽車が製造する(※設計は日本のスタートアップASF)ことが自動車業界に衝撃を与えた。

 さらに軽規格ではないが、セントロという中国系アメリカ企業が中国本土で作る多目的商用EVが、この7月「エレモ」として日本デビューを果たした。13‌kWバッテリーで218万9000円から、26‌kWで275万円からという価格は充分に競争力があり、すでに脱炭素化を印象付けたい大手企業などからが引き合いがあるという。

 スズキとダイハツは今後、こうした中国からやってくる低価格のEVたちと戦うことが避けられない。今回のCJPT参画はその戦いに勝つための重要な一歩というわけだが、ぜひとも有益な成果を生み出してほしいものだ。

中国系アメリカ企業セントロ社の小型商用EV「メトロ」の日本版、「エレモ」。218万9000円~

■ブガッティを吸収したリーマックって何よ?

 BCでも最近、1914hpを誇る怪物EV「ネヴェーラ」の試乗をお届けしたばかりだが、このクルマを作ったクロアチアの新興EVメーカー「リーマック」が大躍進を遂げた。110年もの歴史を有するあの名門、ブガッティを傘下に収めたのである。

 詳しく説明すると、まずリーマックがフォルクスワーゲン・グループの一員となり、グループ内企業であるポルシェと組んで「ブガッティ・リーマック」という合弁会社を作る。

手前がリーマックが生み出した怪物EVであるネヴェーラ。今後はシャシーなどがブガッティと共通化されていくだろう

 会社のトップにはリーマック創業者であるメイト・リーマック氏が就き、ブガッティはそこへぶら下がる形になるという。創業わずか12年という新興企業がハイエンドスポーツカーブランドを飲み込むとは、すごい話だ。

 この合併劇だが、もちろん脱内燃機関の動きが背景にあることは言うまでもない。しかしスーパーカーやハイパーカーを電動化するとなると、ブランド力に見合った付加価値の創出が難しく、ブガッティを所有するフォルクスワーゲン・グループも相当頭を悩ませたに違いない。

 その結果、すでに電動スーパーカーの分野で圧倒的なパフォーマンスを実現し、「神話」の創生に成功しているリーマックに白羽の矢が立ったのだろう。強力なパートナーの力を得て、新生ブガッティの将来も明るいに違いない。

次ページは : ■合成燃料をAIで開発。エネオスの偉大な挑戦

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ