初代86/BRZはどこがよかったか? 何がすごかったか?? …全部???


 待望の新型(2代目)が発表され、7月にはBRZがいよいよ発売となり早1ヶ月(GR86は秋の発売開始を予定)。この状況でもはや「旧型」と言っていい初代にスポットを当てるなんて、ベストカーひねくれてんなーと思われるかもしれない。

 しかし、新型が発表されたからこそ、熟成の極みとも言うべき初代モデルのことをもっと知ってほしいのだ。

 新型に対する諸氏の反応も交えながら、まごうことなき傑作・初代86とBRZの足跡と魅力、中古で狙うなら??? を大特集!

●トピック
・第1部 名うての「86遣い」が熱~く語る!! 初代の進化と魅力
・第2部 オーナー&レーシングドライバーが語る!初代86/BRZへの思い
・第3部 新型登場間近だからあえて狙う!! 初代86/BRZ中古車最前線
・第4部 期待と不安評論家5人が語る 新型86/BRZ発表後の率直な感想
・第5部 カスタマイズ&チューンも自由自在!初代86/BRZ 最新チューニング事情

※本稿は2021年5月のものです
文/橋本洋平、永田 恵一、田中美里、谷口 信輝、山野 哲也、萩原文博、片岡英明、清水草一、岡本幸一郎、鈴木直也 写真/TOYOTA、SUBARU ほか
初出:『ベストカー』2021年6月10日号

【画像ギャラリー】実は今が手に入れる絶好の好機!!? 初代トヨタ86/スバルBRZの改良&追加履歴をギャラリーでチェック!


■第1部 名うての「86遣い」が熱~く語る!! 初代の進化と魅力

 まずは、名うての86使いで、自らも3台の86を乗り継いだ橋本洋平氏が進化とその魅力に迫る!

*   *   *

 2012年の登場以来、僕らに話題を提供し続けてくれた初代86&BRZも、いよいよ次期型にスイッチする。今改めてその魅力を振り返る。

 まず思い出すのは86とBRZの走りのテイストの違いだ。86はBRZに対して、わずかにフロントサスを柔らかい設定とすることで、ドリフトの姿勢に持ち込みやすい特性としていた。プリウスと同じエコタイヤを装着して速さじゃなく、扱う愉しみが凝縮されていた。

86/BRZレースにより、市販モデルも磨かれていった

 対するBRZはノーズが入り過ぎず安定志向。その差はわずかなものなのだが、セッティング違いでキャラクターを表すという面白さがあり、トヨタとスバルの対決の構図が作れたところも話題のひとつだった。

似て非なる86とBRZはそれぞれがポリシーを持って開発。BRZも独自の進化を遂げた

 もうひとつの魅力は、微細な変更を繰り返し、A型からH型まで進化。常に走りを磨き込むその姿勢は、スポーツカーとしてあるべき姿を実践できたといっていい。だからこそ魅力が持続し盛り上がったのだろう。

 僕もその過程を楽しんだひとりだ。86&BRZレースにA型、E型、そしてH型と3台を乗り継いだ結果、同じクルマでも別物になることを体感した。

 A型は、取材の足からレースの相棒として大いに活躍してくれたが、そのベースがあったからこそ、その進化が手に取るように理解できた。

 サスペンションメンバーの締結ボルトがB型で変更されたとなれば、それを即座に部品注文して愛車に取り付け、走りの味変が体感できたことは面白かった。

 一時はこの体験をしようとそのボルトに部品注文が殺到し、品切れになったこともあったのだとか。それだけユーザーが走りの質感に興味を持ったことも面白い現象だったと感じる。

86/BRZは細かく改良を重ねてきたが、最も劇的な進化を見せたのが2016年7月のマイナーチェンジ。エアロダイナミクスにこだわりノーズを下げ、グリルを拡大することで顔のイメージも変わった
マイナーチェンジ後は初期から比べると別物のようにコーナリングパフォーマンスが大きく向上

 また、レースでは使わなかったが、アルミテープによってボディの帯電を放電させ、空力効果を発揮させやすくする試みや、さらにお魚フィンと呼ばれていたエアロスタビライジングフィンを装着したテストも見どころがあった。

 いずれもタウンスピードからステアリングフィールが変化するほどのアイテムで、クルマの姿勢が安定したことが見どころのひとつ。こうしたメーカーのトライと実験を肌で感じさせてくれる環境が整っていたところが、86&BRZの魅力のひとつだった。

 ただ、いっぽうでA型はある意味、未完成だった。ボディも当初は弱さがあり、リアシートの上部パネルあたりから、入力があるたびにパチパチという音を発し、それは後に溶接の甘さだったということが判明。

 レースで4シーズン戦ったボディは、ルーフ側面に雹害にでもあったかのような歪みが発生した。後に溶接点を増やすなどの処置が入り、リア回りのボディ剛性アップを果たし、走りをみるみる成長させて行くことになる。

 E型に乗り換えると、当初の問題は払拭され、初期応答が甘かったA型とは異なり、微操舵域から切り込み応答までリニアなハンドリングを実現できるように成長していた。

 E型になって最も衝撃的だったのはインマニなどを変更してわずかながらにパワーアップしたこと、そしてファイナルギアの変化だ。これによりスタンディングスタートの加速から、コーナー脱出時のトラクション性能が高まった。

 よりアクセルに忠実に動かせるように仕上がったことで、街乗りからサーキットまで満足いく仕上がりが実現できた。この時、若干ではあるがモード燃費を落とすことになるが、それをよしとして登場させたことが当時は驚きだった。エコばかりにとらわれず、クルマの質感を追求するその姿勢に共感した。

特別仕様車も数多く展開。初代86のラスト、ブラックリミテッドが一番人気

 こうしたベースモデルの土台があってこそ、GR、GRMN、TRD 14R-60そしてSTI Sportなどのチューニングコンプリートモデルも輩出できたのだろう。速さも質感も手にしたこれらのクルマたちが、メーカー直系で登場したのだから驚くばかりだ。

 スポーツカーはカルチャーであることを体現するために登場した86&BRZ。その過程に間違いはなかった。今、次期型にバトンを渡せることがその証明といっていい。

初代はクルマ界、チューニング業界を活性化した名車なのだ

 そして継続されるほどの世界を作り上げたことが、何よりもこのクルマの魅力なのかもしれない。

(TEXT/橋本洋平)

■第2部 オーナー&レーシングドライバーが語る! 初代86/BRZへの思い

●自動車評論家 永田 恵一氏(初代86所有)

 GRヤリスを買ったこともあり、最近出番の減っていた私の前期型86だが、4月後半になって長距離を含め何度か引っ張り出してみたところ、「古さは否めないけど、魅力は色褪せていない」というのを再認識した。具体的に魅力を挙げていくと、

●低い着座位置、ノーマルマフラーでもそれなりに音量があるスポーツカーらしい雰囲気。この2点は法規という事情もあるにせよ、GRヤリスも「このくらいになるといいのに」と強く感じている。
●プラス2レベルだけど短時間の使用には充分使えるリアシート、自車のタイヤ4本を運べる積載性といった実用性。
●高速中心だと15km/L近く走る実用燃費のよさと、タイヤなどの消耗品も高くないこと。
●速くはないけど充分な動力性能、ほどほどのスポーツ走行までならほぼノーマルで対応可能な納得の完成度。もちろん多数流通しているアフターパーツによるカスタマイズも予算に応じて楽しめる。

 まとめると、すべてが絶妙にバランスされていることが初代86&BRZ最大の魅力だ。そんなクルマだからこそ、氷上やクローズドコースでのドリフト練習なども楽しみながら、私のクルマとしては最長となる約5年半もほぼノーマルで乗っているのが、考えてみると自分のことながらよくわかる。

 今後初代86&BRZに期待したいのはオーナーとしては矛盾もあるが、2台が買いやすい中古車になり、若い人に楽しんでほしいということ。

GRヤリスに乗る機会が増えたが、86の存在感をあらためて感じた永田氏

●スバル店セールス 田中 美里氏(初代BRZ所有)

 東京スバル恵比寿店販売課に勤務する田中美里さんは現在、2019年式のBRZ(Sの6MT車)に乗る。

『ベストカー』本誌4/10号では田中さんに真っ赤な愛車のBRZとともに誌面で登場していただいた

 BRZの魅力を聞くと、「手前味噌ですが、スバルらしくクルマと一体感のある、自分の身体の一部のようなモデルです。よりパワフルなWRXよりもサイズもコンパクトで、2L NAエンジンもこのクルマには充分です。

人生初のマイカーでした。新型に乗り替える予定ですが、その前に『頭文字D』のコースをこのクルマですべて走破したいです!」

BRZ6MT車のシフトノブを握る姿もサマになる田中さん。新型を購入するまでに現愛車で走り回る!

●レーシングドライバー 谷口 信輝氏

 最も注目すべき点はこのクルマがトヨタとスバルが共同開発し、「どうぞアナタ色に染めてください」というスポーツカーを出してくれたことです。生まれて初めて新車で買ったのがこの86の最初期型でした。3年間ほど乗りましたが、ドリフトからタイムアタック、街乗りまで86のいいところも悪いところもすべて知り尽くしています。

 ボクの86はみんながマネしたくなるような「さりげない大人のスポーツカー」がコンセプトで、86をいじる人たちの見本になることを意識していました。TRDのエアロにHKSのスーパーチャージャー(300ps仕様)をつけていたけど、街中走行で乗り心地もよく、その気になれば低速からパワーも出る。そんな楽しい86に仕立てて乗っていましたね。

 昔のAE86の時もそうでしたが、中古車が出回るようにな、ってから注目を浴びたように初代86も今いじるにはいいと思いますよ。

●レーシングドライバー 山野 哲也氏

 いや、よくぞこの世に出してくれたって感じのクルマですよ。ミニバンや5ドア系のモデルが主流となり、世の中の流れがエコに向かっているなかで、その流れに逆行するかのように専用の2ドアボディのFRスポーツを作ってくれたワケですから。

 1社だけでもニューモデルを作るには社内でさまざまな部署が喧々囂囂にやり合って生まれてくるでしょ。トヨタ側がリーダーシップを取り、スバル側がシャシーとエンジンを担当するという棲み分けに苦労はあったでしょうが、愛知と群馬という企業風土の違う2社が共同してよく作ってくれたと思っています。

 ボクは2012~2013年にスーパーGT300で初代BRZに乗りましたが、市販車もクルマ好きの期待を裏切らない走りを披露してくれました。S2000のように一代かぎりで終わってしまうスポーツモデルが多いなか、新型が登場したのもこの初代モデルの存在あればこそ、です。

次ページは : ■第3部 新型登場間近だからあえて狙う!! 初代86/BRZ中古車最前線

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ