池袋暴走事故で実証 事故時の車両情報を記録する2022年7月からEDR装着義務化へ 何がどう変わる?


 クルマ好きなら一度は「EDR」とか「CDR」という言葉を聞いたことがあるのではないだろうか。EDRは車両の事故情報を記録する「イベント・データ・レコーダー」の略、CDRはEDRの記録読み出しに使われるデバイスの総称である(クラッシュ・データ・リトリーバル)の略だ。

 ここにきてようやく日本でも、この「CDR」や「EDR」が注目され始めている。事件発生からおよそ2年半が経過した2021年9月2日。母子2人を含む計11人を巻き込んだ、いわゆる「池袋暴走事故」の判決が言い渡された。

 この判決では、事故を起こした車両に記録されていた「EDR」のデータが動かぬ証拠として採用されている。

 いまでも毎日のように全国各地で交通事故が発生しているが、これも「EDR」に記録されたデータを読み出ることができれば、事故そのもののプロセスを科学的かつ客観的に解明できるのだ。

 国土交通省は2021年9月30日、このEDRの装備を義務化する保安基準の一部改正を実施したと発表、乗用車と車両総重量3・5トン以下の貨物車がEDR義務化の対象となり、2022年7月以降の新型車から適用する。

 なお、記録内容のうち、衝突被害軽減ブレーキの作動状態は2024年7月から、継続生産車は2026年7月以降が対象となる。そこでこのCDR、EDRとはどんなものなのか? 事故の際に、どうやってCDRやEDRが役立てられるのか? ボッシュ認定のCDRアナリストである、池畑浩氏が解説する。

文/ボッシュCDRアナリスト&自動車相談員・池畑浩
写真/池畑浩、トビラ写真(Adobe Stock@Caito)

【画像ギャラリー】EDRの装着義務化で何が変わる?その仕組みと役割を理解しよう!(12枚)画像ギャラリー

■CDRとか、EDRって何?

車両側にある故障診断機の差込口からEDRのデータを読み出している様子。多くの場合はこの方法で読み出しができる
EDRのデータ読み出し用のボッシュ製CDR900(最新式)と従来式のCANプラスのセット

 「CDR」、「EDR」については、2020年7月16日付けのベストカーwebで、自分と同じく「CDRアナリスト」でドライビング・アカデミーに所属するモータージャーナリスト、松田秀士氏が詳しく紹介しているので、ぜひお読みいただきたい。

日本の新車もほぼ搭載!! もう嘘はいっさい通用しない「事故記録装置」驚異の実力

 簡単に説明しておくと、「EDR」は「Event Data Recorder(イベント・データ・レコーダー)」の略で、その名の通り、「イベント(事故)時のさまざまなデータを記録する装置」を指している。

 一方、「CDR」は「Crash Data Retrieval(クラッシュ・データ・リトリーバル)」の略で、「EDR」に記録、保存されたデータを読み出すツールを指している。これから先はわかりやすくするために用語を「EDR」に統一して紹介していくことにする。

■EDRって誰が、どう調査するの?

研修ではボッシュ社の営業車であるプリウスを使ってEDRに記録されたデータを読みだしていく
EDRのデータはCDRテクニシャンないしはCDRアナリストがデータを読みだし、解析はCDRアナリストが行う。実際は所有者や弁護士の要請に基づき実施される作業だ

 自分が「CDRアナリスト」資格を取ってから、多くの方々と「CDR」について話しをしてきたが、今回はそうした皆さんから聞かれた疑問点とそれへの回答と言う形で「CDR」について紹介していきたいと思う。

 まず初歩的な質問として聞かれるのが、「EDRって、誰が、どう調査するの?」ということ。「EDR」のデータの読み出しと解析は、ボッシュが認定した「CDRアナリスト」あるいは2021年11月から新たに発足した資格制度「CDRテクニシャン」でなければ取り扱えないことになっている。

 「CDRアナリスト」は、「EDR」のデータの読み出しと解析の双方が行えるのに対して、「CDRテクニシャン」は、「EDR」のデータの読み出しのみ行える。

 次に「CDRアナリスト」や「CDRテクニシャン」は、事故車両の所有者ないしはドライバーあるいは保険会社や法的機関(警察や裁判所からの命令)からの要請を受けて作業に着手していく。

 そして「EDR」のデータを読み出すには2つの方法がある。多くの場合、事故車両のOBD2コネクター(故障診断機を接続するコネクター)を経由して「EDR」のデータを読み出すが、万が一、事故車両の損傷が激しく、また電源を喪失している場合には、エアバッグ・コントロール・モジュール(ACM)を車両から取り外し、直接ACMから「EDR」のデータを読み出していく。

 いずれの場合でも「CDRアナリスト」は、読み出した「EDR」のデータに加え、従来の事故調査の定石である現場の状況、車両の損傷具合、当事者の証言などの情報を基にして事故発生前後のプロセスを再構築していく。これが「CDRアナリスト」の仕事だ。

 2021年11月下旬に行われたボッシュ主催の「CDRテクニシャン」講習会では、2022年7月から適用される「EDR」の車両への装着義務化を受け、近い将来、500人程度のCDRアナリストと4000~5000人程度のCDRテクニシャンを育成したい」と具体的なビジョンが示された。

 今後、こうした「EDR」への認知と普及が進んでいけば、これまで解決に長い時間を要した、あるいは、解決が困難だった自動車事故などの保険業務や係争がより正確かつ迅速に行えるようになる。

次ページは : ■EDRで何がわかるのか? ドライブレコーダーみたいなもの?