【タイプR、アコードなど続々!!】今乗っておきたいリッター100馬力超えのNA車たち


 ダイレクトな応答レスポンスと高回転まで気持ちよく回るエンジンフィール、そして官能的なエキゾーストノート……。

 そう、かつては存在していた、リッター100馬力を超えるNA(Natural AspirationもしくはNormal Aspiration=自然吸気エンジン)エンジン搭載車たち。

 惜しくも、現代の燃費や排ガス性能が厳しい環境のなかでは生き残れなかったが、アクセルを踏んだだけで幸せな気分になれたクルマは今となっては懐かしい。

 そこで本企画では、おそらくもう発売することは難しいであろう、リッター100馬力超えのNA車たちはどんなクルマだったのか? 今買うとしたらいくらで買えるのか? 

文/伊達軍曹
写真/トヨタ 日産 ホンダ 三菱 ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】リッター100馬力を超えた今買うべきクルマの詳細写真


リッター125.2馬力/ホンダS2000

■1999年4月~2005年11月(F20C型)2L、直4:250ps/22.2kgm
■2005年11月~2009年8月(F22C型)2.2L、直4:242ps/22.5kgm。こちらはリッター112.2馬力

1999年4月に発売されたホンダS2000
S2000には2LのF20Cと、ボアを変えずストロークを拡大して2.2L化したF22Cがあり、F20Cが最高出力250ps/8300rpm、最大トルク22.2kgm/7500rpm。 F22Cが最高出力242ps/7800rpm、最大トルク22.5kgm/6500~7500rpmと、F22Cのほうが若干ピークパワーは上で、許容回転数も9000rpmから8000rpmに下がったのだが、乗りやすさでは常用域のトルク特性に優れるF22Cが上

 ホンダ S2000は、ホンダ車としてはS800以来29年ぶりに復活したFRレイアウトの2シーターオープンスポーツ。

 前期型に縦置されたエンジンは、リッターあたり125.2psというほぼレーシングエンジン並みの出力をマークする専用設計の2L、直4DOHC VTEC「F20C」。

 市販量産車用エンジンであるにもかかわらずレブリミットが9000rpmという超高回転で、エンジンを構成する各部品にも、小型軽量化をしながら強度を保つためにさまざまな新技術が投入された。

 F20Cエンジンは2005年のマイナーチェンジで2Lから2.2Lに拡大。同時にスロットル制御にDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)を採用し、ギアレシオをローギアード化して加速性能の向上を図るなどの改良も行われた。

 2.2L版のレブリミットは8000rpmまで落とされたものの、「すべてのフィールがほぼレーシングエンジン」というS2000ならではの魅力は健在。その中古車は、販売終了から10年以上が経過した今もなお高値で取引されている。

 具体的には、S2000全体の相場は約120万~約700万円で、平均価格はおおむね250万円といったところ。排気量別に見ると2L版が約120万~約500万円で、2.2L版が約170万~約700万円となっている。

2005年11月に発売された後期型のS2000。2009年8月に販売終了となった
上の写真をクリックするとS2000の中古車情報が見られます!

リッター109.6馬力/パルサーVZ-R

■1997年9月 SR16VE型1.6L直4:175ps/16.5kgm(VZ-R)、200ps/18.5kgm(VZ-R N1)※N1はリッター125.3馬力

5代目パルサー、N15型の後期モデルに設定されたライトウエイトスポーツがVZ-R。「青ヘッド」と呼ばれ、175ps/16.5kgmを発生するSR16VE型直列4気筒DOHCエンジンを積んでいた。このエンジンはNEO VVLと名付けられた可変バルブタイミング&リフト機構を採用し、気持ちよく高回転まで回る

 初代は1978年に登場した日産パルサー。その4代目のホットモデルは世界ラリー選手権への参戦を前提とした2Lターボの「GTI-R」だったが、1995年発売の5代目パルサーでは、1997年9月のマイナーチェンジ時に追加されたNAの1.6Lで175psという「VZ-R」が最強グレードの座についた。

 ホンダVTECや三菱MIVECと同様、可変バルブタイミング&リフト機構「NEO VVL」を採用したリッター100ps超えNAエンジンであるSR16VEは、最高出力175psの標準型(通称青ヘッド)と、耐久レースへの参戦を視野に最高出力200psまでファインチューニングされたN1(通称赤ヘッド)に大別される。

 青ヘッドを搭載した通常のVZ-Rも十分以上に「速い!」と感じられる一台だったが、N1耐久(スーパー耐久)に向けてオーテックが作った赤ヘッド搭載マシン「VZ-R N1」はさらに格別。

 こちらのエンジンには専用のシリンダーヘッドが採用され、クランクシャフトとフライホイールのバランス取りが行われるとともに、ポートおよび燃焼室、吸排気マニフォールドの研磨などが行われた。

 しかし今からパルサーVZ-Rの中古車を買うのは困難で、2020年2月中旬現在、流通量は全国でわずか1台。

 5代目パルサーの3ドアハッチバック版であるパルサーセリエの1997年式VZ-Rのみが、車両本体価格59.8万円で販売されている。

 残念ながらレースシーンにおいてシビックタイプRを打ち負かすことはできなかったことも影響しているのだろう。そのマイナーすぎる運命に憂いを感じずにいられない。

1997年に発売されたパルサーセリエ/ルキノVZ-R N1は打倒シビックタイプRを目標に日産とオーテックジャパンが開発。エンジンはシビックタイプRを15ps上回るクラス最強の200ps/18.5kgmを発生。1998年10月にはVersionII(限定300台)を発売。こちらはリッター125.3ps
上の写真をクリックするとパルサーVZ-Rの中古車情報が見られます!

次ページは : リッター116.0馬力/初代シビックタイプR(EK9型)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ