人生最後の金ピカは叶わない!? 宮型霊柩車が絶滅の危機に陥っている理由


 数ある働くクルマの中でも極めて特殊な存在と呼べるのが霊柩車。その昔は、お寺の仏壇のような派手な装飾を施した宮型の霊柩車が一般的で、霊柩車を見かけたら「親指を隠せ」なんて言われたもの。

 しかし、現代においては洋風な霊柩車が全盛で、すれ違っても気づかないか、そもそも街中で遭遇する機会が減っているような感覚もある。今回、現役バリバリの宮型霊柩車を撮影する機会を得た。日本独自に発展した宮型霊柩車のディテールをチェックし、人生最期に乗るクルマについて考えてみたい。

文、写真/青山義明

【画像ギャラリー】永久保存版!! これが宮型霊柩車のディテールだ(3枚)画像ギャラリー

人が担いでいた棺車にエンジンがついたのが霊柩車の始まり

車両後部に置かれるのが輿(コシ)。内部は棺室となる。装飾はビルダーによるところも多いが、この車両では阿吽の唐獅子が四方に配され、龍や植物が装飾に施されている

 霊柩車は葬儀を終え、遺族や参列者が死者を埋葬地や火葬場まで送っていく「野辺送り」の手段として存在する。もちろん、霊柩車が登場する前は、棺桶を担いで送っていた。それが車輪の付いた大八車になり、地域による違いはあるものの、棺車としての装飾が施されていったようである。

 その棺車がそのままエンジンの付いた自動車に置き換わり、進化していったというのが、霊柩車の始まり。現在も自宅や葬儀場から火葬場まで霊柩車を先頭に近親者の車両が列を作って送るのが一般的であり、故人がこの世から旅立つセレモニー用として、宮型霊柩車の需要はあったのだ。

宮型霊柩車が減少を続ける理由は?

リアのハッチを開けて中を見てみると棺の出し入れのためのローラーが配され、天井側には灯篭が並ぶ。棺室の中だけを見ると洋型の霊柩車とさほど変わらない

 いかにも霊柩車然としている宮型霊柩車は、現代では敬遠されているのが実情だ。現在の主流は、洋型霊柩車という車両後部がレザー張りで構成されているシンプルな車両や、普通車と見分けがつかないバン型霊柩車だ。利用する側の意識として、あまり派手にしたくないという思いが宮型離れに直結している。また、昨今の密葬や家族葬といったコンパクトな葬儀、さらにCMなどによる葬儀費用の均一化の流れのなかで、高級な宮型霊柩車を使用しない傾向がますます強くなってきているという。

 さらに火葬場や葬儀場近くの住民からの意見や苦情などもあり、宮型車両の通行が難しくなるケースも。宮型霊柩車の乗り入れを禁止している火葬場や、使用道路の制限という措置が取られることもある。また、もちろん走行上の問題はないのだが、地域によっては歩行者保護の観点からも条例として走行ができないところもあるという。

輿(コシ)を組んだ宮型霊柩車をまじまじと見てみよう


車両のウエストラインから宮型の輿が立ち上がる関東型とは違い、この名古屋型は輿の装飾面も広く、見応えがある。車両は運転手を含め2名乗車となる(法律上、死者は荷物と同じ扱いとなる)

 今回、国内2番目の規模を持つ霊柩運送業者である名古屋特殊自動車に協力を仰ぎ、この会社が所有する100台を超える霊柩車のうちの一台の撮影を行った。愛知県西部を中心に営業所を展開しているこの会社では、この金ぴかの宮型霊柩車(特金車)は6台も所有している。

 仏壇なども地方毎に特徴があるが、この宮型霊柩車も輿の部分が他とは違う特徴がある。関東などでは、車両後部のウエストラインやウインドウのラインの上に輿を載せるタイプだが、この尾張(名古屋)地方の宮型霊柩車は、ベース車両の下側の低い部分から輿の一部となっているデザインが特徴である。

 ちなみに、この車両の3サイズは全長5420×全幅1840×全高2360mmとなる。ホイールベースの延長はなく、リアオーバーハングの延長で対応している。フェンダーミラーでは見ることのできない死角も多く、屋根の張り出しや車両の最高点となる鬼瓦部分への注意も必要だということで、この会社でも運転はベテランドライバーが担当している。

次ページは : 洋型に比べ、宮型霊柩車の製作費は圧倒的に高い