次期RX-7になるはずだった!? マツダRX-01とはどんなコンセプトカーだったのか?

次期RX-7になるはずだった!? マツダRX-01とはどんなコンセプトカーだったのか?

 マツダのアイコンとして、今なおファンの関心を集めるロータリーエンジン(RE)。その最後を飾ったのが、2003年に登場したRX-8だ。RX-7の後継でありながら、個性的なピラーレス4ドアクーペボディに自然吸気式REを組み合わせるなど、新感覚のREスポーツカーに仕上げられていた。

 しかしRX-7の後継となる次世代REモデルのプロジェクトは、当初、RX-7の伝統を受け継いだ2ドアクーペが想定されていた。それがコンセプトカー「RX-01」だ。運命のいたずらで世に出る機会が失われた幻のREクーペはどんなクルマだったのだろうか。

文/大音安弘
写真/MAZDA、大音安弘

【画像ギャラリー】幻に終わったロータリーピュアスポーツ『 RX-01 』を写真でチェック!!


■RX-01は1995年の東京モーターショーで公開

 次世代REコンセプトカー「RX-01」が世界初公開されたのは、野茂英雄がメジャーリーグに挑み、安室奈美恵がファッションリーダーとして注目された1995年(平成7年)のこと。その舞台は、第31回の東京モーターショーであった。

1995年の東京モーターショーで公開された『RX-01』。FD型RX-7よりコンパクトなピュアロータリースポーツのコンセプトとして出展された

 同車は、新開発のロータリーエンジンを搭載し、操る楽しさを追求したスポーツカーとして紹介された。3代目RX-7のようなグラマラスなプロポーションを持つREコンセプトカーは、来場したクルマ好きの心を鷲掴みにし、マツダブースに花を添えた。

 コンパクト&ライトウェイトなピュアスポーツカーを目指したRX-01は、「ショート&ワイド」のプロポーションを採用。前後のオーバーハングを大胆に切り詰めることで、3代目RX-7よりもひと回り小さなボディに仕上げられていた。

 そのコンパクトなボディで、美しいスタイルとエアロダイナミクスの両方を成立させるべく、「超スラントノーズ」と呼んだ低く切りあがったフロントノーズが与えられていた。

「超スラントノーズ」と呼ばれるRX-01のフロントノーズは驚くほどタイトで、この下にエンジンが収まっているとは思えない

 このフロントノーズには、ジャガーIペイスのようなボンネット上のエアダクトを備えており、フロントバンパーのダクトから取り入れた空気がボンネットの上を抜け、後方へとキレイに流れるように設計されていた。

 驚くべきは、そのタイトなフロントノーズにエンジンを搭載したFRレイアウトを採用していたことだ。これもコンパクトなロータリーならではの技。RX-01のデザインは、REのメリットを最大限引き出すものが目指されたのだ。

■いかにも運動性の高そうな構成要素

 RX-01の心臓となるREは、新開発のマルチサイドポート・ロータリーエンジン「MPS-RE」だ。

RX-01に搭載された新開発のマルチサイドポート・ロータリーエンジン「MPS-RE」。燃焼効率の高いこの新開発エンジンは、のちに「RENESIS」へと昇華される

 654㏄×2ローターの13B型エンジンをベースに開発され、排気ポートをサイドハウジングに移設し、オイルパンレス構造となるドライサンプ方式のオイル潤滑を行う自然吸気式エンジンであった。

 その性能は、最高出力220ps/8500rpm、最大トルク22.0kgm/6000rpmと公表。ロータリーらしい高回転型と同クラスのスポーツエンジンとも競えるスペックを備えた高性能なものが目指された。

 当然、ターボレスとしたことで、よりコンパクトかつ軽量となったREの優位性をとことんまで高めるべく、できるだけエンジンを車両中央寄りに搭載するフロントミドシップレイアウトを採用し、運動性能向上を図っていた。

 足回りは、RX-7同様に前後ともにダブルウィッシュボーン式サスペンションとしていたが、アルミ製ブレーキキャリパー及びブレーキローター、マグネシウム製ホイールなどによる徹底したバネ下重量の軽減が図られていた。

サスペンションはRX-7同様に前後ともにダブルウィッシュボーン式を採用し、もろもろ徹底したバネ下重量の軽減が図られている

 ボディでは、パワートレーンを低く搭載できたことで生まれたスペースを活用し、モノコックボディの中央に前後のメインフレームを繋ぐ構造の「ハイマウントバックボーンフレーム」を採用し、ボディ剛性を飛躍的に向上。

 その高剛性ボディでは、衝突安全性なども考慮されるなど、市販車さながらの作りこみが施されていた。それでも各部の軽量化の効果により車両重量は、1100kgに過ぎなかった。

次ページは : ■コンセプトカーながら市販車なみの内装