クルマ界のプレステとなるか!? ソニーのEV参入で国産車メーカーに与える影響


 2022年1月4日、ソニーは「ソニーモビリティ株式会社」を同年春に設立すると宣言。同時に、これまで「あくまでも技術開発のテストベンチでビジネスに参入するわけではない」としてきたセダンの試作車両「VISION-S」に加え、SUVタイプの「VISION-S 02」試作車両を公開した。

 そこで! 今回はこのVISION-Sについて調査し、ソニーの発表内容とともに解説した。 国産車メーカーにどんな影響を与えるクルマなのか!?

文/福田俊之
写真/AdobeStock、ソニー

【画像ギャラリー】このままのデザインで市販される? ソニー「VISION」シリーズを画像で確認する!(26枚)画像ギャラリー

■「戦後最大のベンチャー企業」は再び挑戦する

「EV戦国時代」とも呼ばれるなかで、再び 「ゲームチェンジャー」となれるのか!? 新年早々に、米国ラスベガスで行われた世界最大級のテクノロジー見本市「CES2022」のソニーグループのブースに出現したのは次世代モビリティの「カタチ」を提案する試作車「VISION-S 02」だった。

 2年前の2020年にもソニーは同種の試作車を出品していたが、その時は「完成車ビジネスに参入するわけではない」と言い切っていた。今回は違う。EVの企画から販売までを手がける新会社「ソニーモビリティ」を今春に設立し、ソニーブランドの市販車の展開を検討するという。

画像はVISION-S 01。全長×全幅×全高4895mm×1900mm×1450mm。最高出力200kW(約272ps)を前後に1基ずつ搭載し、0-100km/k加速は4.8秒

 ソニーは時価総額でトヨタ自動車に次ぐ日本有数の大企業だが、創立は戦後間もなくで1990年代あたりまではホンダとともに「戦後最大のベンチャー企業」などと言われていた。

 単に戦後生まれの企業だったからではなく、革新的な製品で世界のトレンドに大きなインパクトを与えてきたゲームチェンジャーだったからだ。

■ソニーとはどんな会社だったか

 古くは1980年代、乾電池で動く小型軽量のポータブルカセットプレーヤー「ウォークマン」で音楽を路上に引き出し、世界のポップカルチャーに多大な影響を与えた。

 そして1990年代は家庭用ゲーム機「プレイステーション」である。当時、このジャンルは任天堂の「スーパーファミコン」が鉄壁の強さを誇っていたが、プレステはその任天堂の寡占に風穴を開け、ソニーをゲーミングプラットフォーマーへと押し上げた。

 もっとも、ソニーも最初からゲーム機本体を開発して任天堂と真っ向勝負するつもりだったわけではなく、ファミコンに接続するためのCD-ROMドライブを任天堂と共同開発したことがきっかけだった。ところが、任天堂は途中で方針を転換し、オランダの他社との共同開発を発表したことでそのプロジェクト自体が消滅してしまった。

 ふつうならそこで諦めてもおかしくなかったのだが、プレステの生みの親として知られる技術者の久夛良木健氏、そして東京芸術大学声楽科出身という異色の経歴を持ち、コンテンツを含めたマルチメディアビジネスへの野望を抱いた当時の大賀典雄社長の肝煎りでソニー独自のゲーム機開発に着手。

 CD-ROM方式の採用でゲームソフトの低価格化と、当時としてはハイパワーなグラフィック表示機能やオーディオ再生機能などソニーらしい技術を盛り込んだことからも、驚異的な強さでスーパーファミコンを一気に撃破した。

ソニーのプレイステーションシリーズは世界的に人気のゲーム機だ(beeboys@AdobeStock)

 プレステは今日、第5世代のプレイステーション5に進化。その過程でより高度なゲーミング機能を実現させるための研究開発を続けたことでパソコンなどに不可欠な部品のCPU、グラフィックチップ、通信など多くの基盤技術のレベルを進化させた。

 ゲーム機ビジネス自体は決して成功ばかりではなかったが、これらの基盤技術は自動運転やコネクティビティ、車内エンターテインメントなど、次世代のクルマ作りのコアテクノロジーそのものである。

次ページは : ■「VISION-S」はどんなクルマ?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ