MTとATの価格差は300万円以上? そこまで高いお金出して買うべきか? ATやCVTでも楽しい中古スポーツカー

MTとATの価格差は300万円以上? そこまで高いお金出して買うべきか? ATやCVTでも楽しい中古スポーツカー

 ご承知のとおり「絶版スポーツ」の中古車相場は今、ちょっと大変なことになっている。そしてその中でも「MT車」の相場は特に強烈だ。

 一例を挙げるなら2022年4月中旬現在、国産車ではマツダ RX-7(FD3S)のMT車最高値は「1412万円」で、輸入車でいうとポルシェ911(タイプ964)のMT車最高値は、ターボやRSではなく普通のカレラ2であっても「1920万円」である。

 個人的にも客観的にも「マニュアルトランスミッションであることの素晴らしさ」は知っているつもりだが、さすがにこの価格はちょっと高すぎるのではないかと思う。

 そして同時に、「MT車がこんなに高くなっちゃったなら、この際だから“同モデルのAT車”でもいいんじゃないか?」とも思ってしまう。

 同じFD3Sやタイプ964であってもAT車であれば、おそらくは数百万円単位でお安く買うことができるはずだからだ。MTであることの魅力は捨てがたいが、「数百万円」だってそれと同様に、いやそれ以上に“捨てがたい”のである。正直申し上げて。

 そこで、今回は、そこまで高いお金を出してMT車を買うよりも数百万円安いAT車(CVT車)を買っても楽しい中古スポーツカーを挙げてみたいと思う。

文/伊達軍曹
写真/TOYOTA、MAZDA、SUBARU

【画像ギャラリー】MTになるだけで数百万アップ!? だったらATでよくなくなくない!? ATでも楽しめる絶版中古スポーツ(27枚)画像ギャラリー

■MTとの価格差は……思ったほどではない?

トヨタ チェイサー(X100系 ツアラーV)

 ということで、代表的な絶版スポーツのMT車/AT車それぞれの相場を調査したうえで、「最近はATの絶版スポーツを狙うほうが断然おトクですよ!」という記事を書こうとしたのだが……調べてみると、ここ最近は「AT絶版スポーツ」の相場も爆騰していた。

 MT車とほぼ同じとまでは言えないが、「AT車の相場もMT車とそう大きくは変わらない」という時代になってしまったようなのだ。ううむ……。

 具体例を申し上げよう。まずは1JZ-GTEエンジンを搭載したトヨタチェイサー、要するに「ツアラーV」の相場について。

 1992年から1996年まで販売されたX90系の中古車流通量は今や僅少だが、1996年から2001年のX100系トヨタチェイサーツアラーVは今も豊富に流通しており、人気も高い。

 で、そんなX100系チェイサーツアラーVの中古車相場は今、おおむね下記のとおりである。

【X100系トヨタチェイサーツアラー】
●全体(88台):170万~500万円
●MT車(72台):200万~500万円
●AT車(16台):170万~330万円

 最安値同士で比べればAT車のほうが30万円安く、また最高値同士で比べた場合でもAT車のほうが170万円もお安い。だが「典型的な1台」同士で比べると、数字は下記のとおりに変わる。

●MT車の典型(走行15万km前後の車高調付き):250万~300万円
●AT車の典型(同上):210万~270万円

もちろん「AT車のほうが安い」とはいえるわけだが、「その差はさほど大きくはない」ということも、おわかりいただけるのではないかと思う。

■車種ごとに価格差を調査!

トヨタ スープラ(80系)

 ならばトヨタ スープラ(80系)はどうだろうか? モデル全体の流通量は2022年4月中旬現在55台ほどで、そのうち65%がMT車で、AT車が35%。スポーツモデルの割にはAT車比率もまあまあ高いと言えるだろう。

 で、そんな80スープラの現在の相場は下記のとおりである。

【80系トヨタスープラ】
●全体(55台):350万~1180万円
●MT車(36台):360万~1180万円
●AT車(16台):350万~750万円

 最高値の物件同士で比べたときの価格差は430万円と強烈にデカいが、これは鳥取県で販売されている(しかも高すぎてなかなか売れない)走行3.4万kmのワンオーナー車という特殊な個体によるもので、「一般的なスペックの80スープラ」に絞った場合の数字は、下記のとおりに変化する。

●一般的なスペックのMT車:370万~900万円
●一般的なスペックのAT車:370万~700万円

 高値圏では約200万円の差があるため、「やはりAT車のほうが断然安い!」と言うことはできるだろう。だが同時に「AT車なのに700万円もする!」ともいえるわけで、ひと昔前のように「AT車であればけっこう安く狙える」とも言い切れない状況に変化しているのだ。ううむ。

次ページは : ■AT車を狙う意義は十分あり!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ