30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは

平成4年と令和4年で比較! 新車価格150〜450万円前後で買える国産スポーツたち

 一昔前と比較して、クルマが高くなったと感じる人は多いはず。

 かつて100万円前半で買えた軽自動車も、いまや200万円台に突入することも珍しくなくなった。高くなった分、各種安全装備や運転サポートシステムなど、クラスを問わず進化を遂げている側面もある。

 さらに、原材料や各種資材、輸送費などの高騰、安全装備、開発費、人件費・・。1台のクルマが誕生するまでに掛かるコストが増えているだけに、やむを得ない面も少なからずあるだろう。

 今回、30年前の「平成4年5月」と現在の「令和4年5月」で、それぞれの価格帯でどんなスポーツモデルを選ぶことができたのか?検証してみた。

文/松村透
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱

【画像ギャラリー】30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは(15枚)画像ギャラリー

■30年前の平成4年5月と現在の令和4年5月で比較してみた

30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは
平成4年5月の時点で売られていたNAロードスターと、令和4年5月時点で新車が購入できるNDロードスター。いちども途切れることなく今日まで販売されている数少ないスポーツカーだ

 150万円を起点に、上は450万円まで。50万円刻みでそれぞれの価格帯の近似値に属するスポーツモデルをピックアップしてみた。

 30年前を知らない世代の方にとっては新たな発見となるかもしれないし、当時を知る方にとっては「この価格でこれが買えたんだ…」と驚き、絶句するかもしれない。それではいってみよう。

■対比例1:車両本体価格150万円前後

平成4年5月:ホンダシビックSi-R(153.3万円)
・発売開始:1991年9月
・エンジン:直列4気筒DOHC
・排気量:1595cc
・最高出力/最大トルク:170ps/16kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4070×1695×1350mm
・中古車の平均価格:241.8万円(全グレード平均)

 いわゆる「EG」と呼ばれるシビック。シリーズとしては5代目にあたる。4ドアセダンには「シビックフェリオ」というサブネームが与えられていたのもこの時代だ。当時、グループAカテゴリーなどでサーキットで活躍したモデルとしても知られる。

30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは
EG系シビックもすっかり数が減ってしまった。シビックといえばこのくらいのサイズ、価格帯でもいいような・・・

令和4年5月:日産マーチニスモCVT(163万3500円)
・発売開始:2010年7月
・エンジン:直列3気筒DOHC
・排気量:1198cc
・最高出力/最大トルク:79ps/10.8kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):3870×1690×1500mm
・中古車の平均価格:48万円(全グレード平均)

 2013年にカタログモデルとして追加されたマーチニスモ。街中での走りを重視した仕立てが特徴。スーパーGTを戦ったGT-Rの空力ノウハウが反映されたエアロパーツもこのモデル専用品だ。

30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは
ニスモの名を冠したエントリーモデルでもあるマーチニスモ。ホットハッチの末裔といえる1台だろう

■対比例2:車両本体価格200万円前後

平成4年5月:日産シルビアQ’sクラブセレクション 5MT/4AT(199.5〜209.2万円)
・発売開始:1988年5月
・エンジン:直列4気筒DOHC
・排気量:1998cc
・最高出力/最大トルク:140ps/18.2kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4470×1695×1290mm
・中古車の平均価格:264.6万円(全グレード平均)

 昭和末期および平成初期にデートカーとして一世を風靡したS13型シルビア。流麗なデザインを持ちながら、トップグレードのK’sにはターボエンジンを搭載。Q’s、J’sにはノンターボのエンジンが搭載された。

30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは
見た目よし、走り良し、女子ウケ良し!それでいて手が届く存在・・・なS13型シルビア。こういうクルマが増えてほしい

令和4年5月:スズキスイフトスポーツ 6MT(201万7400円)
・発売開始:2016年12月
・エンジン:直列4気筒DOHCターボ
・排気量:1371cc
・最高出力/最大トルク:140ps/23.4kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):3890×1740×1500mm
・中古車の平均価格:162.6万円(全グレード平均)

 スイフトスポーツとして4代目にあたる現行モデル。いまや200万円そこそこでこの性能や走りを味わえる貴重な存在といえる。古き良きホットハッチの末裔となるかもしれない1台だ。

30年前と令和4年では買える新車が違い過ぎる!? 新車が150万~450万円前後で買える国産スポーツとは
スズキの良心!? まさに「お値段以上」なスイフトスポーツ

次ページは : ■対比例3:車両本体価格250万円前後